二郎がさくらに夢を語る / べっぴんさん 第88話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年1月18日(水)放送
第16週 第88話「届かぬ心」

『べっぴんさん』第16週 第88話 あらすじと見どころ解説

さくらと過ごす時間を増やしたい。そう願うすみれでしたが、大急百貨店から夏の催事にキアリスの商品を展示して欲しいとの要請が入りました。すみれは再び夜遅くまで仕事に追われ、さくらと過ごす時間のことも忘れがちとなってしまいます。

同じ頃、紀夫は新入社員の西条を勝二と昭一に紹介すべく居酒屋に誘いました。酒に飲まれ泥酔してしまった西条は、酔った勢いに任せてすみれたちへの不平不満を言い始め紀夫を困惑させてしまいます。

一方、すみれが再び仕事に没頭しはじめた自分と過ごす時間をとってくれないことに落胆するさくらはゆりを訪問。ゆりはさくらの思い詰めた様子を察するものの、さくらは自分の悩みをゆりに打ち明けることが出来ずにいました。

その足で港にまで足を運んださくらはそこで二郎と遭遇します。神戸の港で働きながらも、いつか東京に出てプロのドラマーになるという二郎の夢をさくらは初めて聞かされます。そしてさくらは二郎に対して淡い恋心を抱き始めるのでした。

<<前回87話 | 次回89話>>

midokoro
家族と過ごす時間が失われ寂しさを募らせるさくら。そんなさくらの気持ちを察したすみれは朝食の食卓を家族が揃って囲むことにしようと提案。

一旦は歩み寄ったに見えたすみれとさくらでしたが、すみれの仕事はますます忙しくなるばかり。

母と娘のすれ違いが再び心配になりはじめました。

『べっぴんさん』第16週 第88話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

家族と過ごす時間をもっともっと確保したい。

そんなすみれの望みは、大急百貨店で行われる夏の催事や新入社員が提案した新商品企画の実現でますます遠ざかってしまいます。

仕事に奔走するすみれの状況をさくらはどんな思いで見つめているのか。

母と娘のすれ違いはいよいよピークに近づいて来た。そんな気がしてなりません。多忙を極めるすみれの働きぶりが描かれます。

一方、さくらと二郎の距離が少しだけ近寄ります。

港で働く自由人。夢はプロのドラマーになること。東京に出て成功したい。

往年の日活青春映画の主人公みたいな二郎のプロフィールは、昭和30年代の女の子にとってはまぶしすぎるほど鮮烈です。

今回、ついにさくらは二郎に心を奪われてしまうのでしょうか。

余談ですが、史実の中でさくらに該当するファミリア創業者令嬢は財閥の御曹司と結婚。夫となった男性は後にファミリア社長に就任しています。

『べっぴんさん』第16週 第88話 観賞後の感想

kanso

<<前回87話 | 次回89話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “二郎がさくらに夢を語る / べっぴんさん 第88話”

  1. きゅうぽん より:

    中西くん、グッジョブ!!です。
    西城君のような子は、ゆとり世代というとだめかもですが、
    最近の若者の象徴ような感じがします。
    間が悪いですね。まぁ、良子ちゃんとかが揉めているのは当たっていますが。自分の力を活かせそうになかったから転職。
    ではキアリスでは何がしたい?う〜ん、見えてこないですね。
    西城くんはどちらかと言うと、キアリスより、潔くんについていったらいいのでは?と思いますね(^_^;)
    永瀬匡くんの役にちょっと期待しましたが、今、完全に役の西城君とかつて教えた新人さんがリンクして、おい!とつっこみたい位になってます(笑)

    中西くんのアイデア、すぐに採用されて、みんなで詰め合わせたり、ものづくりを通して喜びとか分かち合える事で、不安だったことも払拭できたのではと思います。

    悦子様、戦争・戦後の辛い時期を経て、キアリスを通して自分の居場所を見つけ、そしてようやく素敵な幸せを…、あの目配せ、ムフフってなりました♪

    さくら…あさが来たではないですが、もっと「お母さんいてくれなかったから寂しかったの!私はお母さんみたいになりたくない」とか言えば、いいのですが、すみれが「さくらはいい子」を連発してきたからそうなったのかもと思うと、ナレのように、口には出さないとわからないし、こじれるばかり。キヨさんが偵察隊みたいですが(^_^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 潔くんについていったら

      その通りかも知れませんね。かつて紀夫くんを鍛え上げたように、音を上げるまでのスパルタ式で引っ張り回され、それでも潔くんに付いて行ったらイッパシの男になるかも知れません。なんて言うとブラック的発想だと突っ込まれそうですが、当時の価値観はそのようなものだったかと・・・


      > あさが来た

      さくらちゃん、千代ちゃんみたいに母親の写真にツノを生やすくらいのストレス発散法を知っていれば良かったんですが(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ