誕生日に帰宅せぬさくら / べっぴんさん 第89話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年1月19日(木)放送
第16週 第89話「届かぬ心」

『べっぴんさん』第16週 第89話 あらすじと見どころ解説

arasuji

さくらの誕生日を迎えました。

仕事に奔走しさくらと過ごす時間が少なくなっていたことを反省したすみれは、さくらの誕生日を祝おうと娘の帰りを家で待っていました。

しかし夜遅くなってもさくらは家に帰っては来ませんでした。

すみれを信用出来なくなっていたさくらは、さくらの誕生日を家族で祝いたいというすみれの提案を無視することにしたのです。

その頃、さくらはジャズ喫茶「ヨーソロー」で二郎や五月たちに誕生日を祝ってもらっていました。

二郎と五月に誘われるまま、さくらはナイトクラブ「青い月」にも足を運びます。

一方、深夜になってもさくらが帰らないことを心配したすみれは、さくらを探しに夜の街を歩き回るのでした。

midokoro
すみれが日々の忙しさの中に埋没するうちにまたしてもさくらの心はすみれから離れ始めたのでしょうか。

せめて娘の誕生日くらいは祝おうとさくらを想うすみれ。

しかし、さくらは両親に誕生日を祝ってもらう道を選ばず、孤独を癒してくれる仲間や憧れの二郎が待っているジャズ喫茶「ヨーソロー」に足を運んでしまいます。

<<前回88話 | 次回90話>>

『べっぴんさん』第16週 第89話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

一旦は収まったすみれとさくらの対立が再燃する寸前にまで来てしまいました。

夜遊びを反省したはずのさくらが、またしても夜遅くなっても帰って来ない。

さくらの誕生日を祝ってあげよう。そう考えたすみれは久しぶりにいつもより早めに帰宅したのでしょう。

しかし、さくらはさくらで自分の誕生日にも関わらず両親は今日も遅い時間に帰宅するに違いないと考えたのかも知れません。

娘の大事な日だからこそ早めに家に帰ってさくらと過ごそうと考えたすみれ。

自分の誕生日のことなど忙しい両親は忘れているに違いないと考え、大事な日だからこそますます寂しさを強く深く感じてしまったさくら。

シェイクスピア悲劇のような母と娘の心のすれ違いが悲し過ぎます。

さて、すみれは娘が夜遊びしていたことは承知していましたが、娘の夜遊びの現場を自分の眼で確かめたことはありませんでした。

いよいよその現場をすみれが目撃してしまいます。

『べっぴんさん』第16週 第89話 観賞後の感想

kanso

<<前回88話 | 次回90話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “誕生日に帰宅せぬさくら / べっぴんさん 第89話”

  1. くろきとししげ より:

    今日観た栄輔の会社も実在するのでしょうか?
    生まれ育った地の企業にこんなに歴史があったとは知らず、40年ほど前の神戸舞台の朝ドラ以来、
    特に気に入って観てます。
    実在をもっと教えてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ