誕生日に帰宅せぬさくら / べっぴんさん 第89話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年1月19日(木)放送
第16週 第89話「届かぬ心」

『べっぴんさん』第16週 第89話 あらすじと見どころ解説

さくらの誕生日を迎えました。その日の朝、今日こそは早く帰ってくるとすみれはさくらに約束。しかしその約束をさくらは拒否しました。約束を期待し、その期待に裏切られることの繰り返しはもうやめたいとさくらは言うのです。

その日の夕方、さくらは学校帰りにジャズ喫茶ヨーソローに足を運びました。五月に誘われ店内に入ると仲間たちがケーキを用意しさくらの誕生日を祝福。龍一に誘われるまま、さくらはナイトクラブ・青い月にも足を運びます。

仕事に奔走しさくらと過ごす時間が少なくなっていたことを反省したすみれは、さくらの誕生日を祝おうと娘の帰りを家で待っていました。しかし夜遅くなってもさくらは家に帰っては来ませんでした。

深夜になってもさくらが帰らないことを心配したすみれは、さくらを探しに夜の街に向かいます。そしてナイトクラブ・青い月でついにさくらを発見。すみれとさくらが押し問答をしているとサングラスの男が二人の仲裁に入ります。その男は栄輔でした。

<<前回88話 | 次回90話>>

midokoro
すみれが日々の忙しさの中に埋没するうちにまたしてもさくらの心はすみれから離れ始めたのでしょうか。

せめて娘の誕生日くらいは祝おうとさくらを想うすみれ。

しかし、さくらは両親に誕生日を祝ってもらう道を選ばず、孤独を癒してくれる仲間や憧れの二郎が待っているジャズ喫茶「ヨーソロー」に足を運んでしまいます。

『べっぴんさん』第16週 第89話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

一旦は収まったすみれとさくらの対立が再燃する寸前にまで来てしまいました。

夜遊びを反省したはずのさくらが、またしても夜遅くなっても帰って来ない。

さくらの誕生日を祝ってあげよう。そう考えたすみれは久しぶりにいつもより早めに帰宅したのでしょう。

しかし、さくらはさくらで自分の誕生日にも関わらず両親は今日も遅い時間に帰宅するに違いないと考えたのかも知れません。

娘の大事な日だからこそ早めに家に帰ってさくらと過ごそうと考えたすみれ。

自分の誕生日のことなど忙しい両親は忘れているに違いないと考え、大事な日だからこそますます寂しさを強く深く感じてしまったさくら。

シェイクスピア悲劇のような母と娘の心のすれ違いが悲し過ぎます。

さて、すみれは娘が夜遊びしていたことは承知していましたが、娘の夜遊びの現場を自分の眼で確かめたことはありませんでした。

いよいよその現場をすみれが目撃してしまいます。

『べっぴんさん』第16週 第89話 観賞後の感想

さくらちゃんの反撃、すみれちゃんの反応

「【絶対に】【約束】はやめたほうがいい。こっちは期待してしまう。こういうことの繰り返しはもうたくさんや」

さくらちゃんの反撃が始まりました。

いつもの通りの静かでやわらかな語り口ながら選ぶ言葉の一つ一つが厳しい。すみれちゃんにいささかの反論も許そうとはしないさくらちゃんの気迫は恐ろしいほど。

語る口調が穏やかなだけに、選び抜かれた言葉が発するトゲがすみれちゃんの心に突き刺さってゆくかのようでした。

しかしそこまで言われても尚、すみれちゃんはさくらちゃんの心の中を理解しきれてはいないのでしょうか。

さくらちゃんの言葉のトゲが刺さる痛みに気がついてはいない模様。

今日くらい早く帰るように良子ちゃんに言われても、娘の面倒をちゃんと見ろとゆりちゃんに言われてもすみれちゃんはどこか上の空。

とりわけゆりちゃんからは、仕事に夢中になるあまり家族がバラバラになっては本末転倒とまで言われても何故そんなこと言うの?みたいな。

さくらちゃんの反撃。ゆりちゃんや良子ちゃんの心配。これらを真剣に受け止められるようになった時、すみれちゃんとさくらちゃんの母娘関係の修復が始まるのでしょうが、それはまだまだ先の話みたいですね。

栄輔くんの今後の展開と予想

栄輔くんの再登場初回では、すみれちゃんのことを思い出した栄輔くんの表情に動揺の色がはっきりと浮かんで見えました。

しかし、今回の栄輔くんはその動揺を完全に封印。あくまでも冷静に(または冷静さを装って)すみれちゃんと再会の挨拶を交わしました。

「ご無沙汰しております」

さて、今日の段階で判明している栄輔くんの今後の展開を若干の予想を交えながらまとめてみました。ネタバレが含まれますのでご注意ください。

・神戸の若者の間で大流行しているエイスは栄輔くんが経営していることが知れ渡る
・過去の栄輔くんを知る者の中でそのことをいち早く察知するのは紀夫くん
・紀夫が栄輔くんとエイスのことを潔くんに報告
・潔くんが栄輔くんと再会果たす
・潔くんが栄輔くんを大急百貨店の大島社長に紹介
・エイスが大急百貨店に期間限定出店
・エイスの期間限定出店は成功し正式出店が決まる(史実:VANが阪急に出店)
・大急百貨店出店を機にエイスが女性ファッションにも進出を示唆
・エイスとオライオンが競合関係になる
・キアリスに生地を卸している工場をエイスが買収
・エイスはキアリスへの生地納入を拒否

以上、今のところ判明しているのは栄輔くんのビジネス展開のみ。闇市時代の頃とは大きく変わってしまった栄輔くんの心の動きについては不明です。

そして以下は予想です。(はずれるとと思います)

栄輔くんはすみれちゃんとの恋に破れて失意の中、梅田を去って行きました。心の中にポッカリと大きな穴が空いた上の空の栄輔くんは、何者かに騙されて損害を被った。

栄輔くんは自分に誓います。金輪際、誰かに騙されはしない。誰かを騙すことはあったとしても。その頃に騙し合いの中でたくましく生き抜いて来た玉井氏と意気投合。

潔くんに鍛え抜かれた栄輔くんの商才と、時流を読み解きお金の匂いを嗅ぎ分ける嗅覚に秀でた玉井氏と組むことで商売を拡大させて来た。

そんな中、栄輔くんはすみれちゃんと再会。

すみれちゃんと再会したことでかつては自分の胸の中にもあった「良心」の揺らぎを感じ始めた栄輔くんはその揺らぎを封じ込めるべくキアリスを兵糧攻めに。

しかし、すみれちゃんの様子を見ているうちに封じ込めた「良心」の揺らぎは抑えられなくなり・・・

2月放送回で栄輔くん問題は回収されるような気がしています。

<<前回88話 | 次回90話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

10 Responses to “誕生日に帰宅せぬさくら / べっぴんさん 第89話”

  1. ゆき より:

    さくらちゃんあさが来たの千代ちゃんと同じく何でお父はんは帰ってきてくれるのにおってくれてるのに何でお母はんは帰ってきてくれへんの?ずっと寂しいな寂しいなお母はんに甘えたいなってちっちゃい頃からの思いが溜まりに溜まって遂に…かなきよさんは側にいてくれるけどおばあちゃんとはまた違うしおじいちゃんそばにいてあげてもよかったと思いますよだけど忙しいなりに何かしようっていうすみれちゃんの気持ちも解るかなでも出来ない約束しちゃったすみれも悪いと…どっかでオチ付けて欲しいですよね

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > どっかでオチ

      すみれちゃん、今週はずっと頭に血がのぼりっぱなしでしたが、今週の最後の最後にクールでしかも優しいすずママと出会って頭を冷やすことが出来たみたいですね。すみれちゃんもようやく冷静さを取り戻したことで騒動が収まる日が近づいてきたような気がします。

  2. 実穂 より:

    すみれがあまり母娘関係に周囲ほど危機感を持っていないように見えるのは、おそらくさくらが寂しい気持ちでいることはわかっていながらも、自身との間に深い溝が出来ているまでは思っていないのでしょう。
    今まで仕事に対して理解を示している(ように振舞っていた)さくらに対して、甘えていたんだと思います。仕事だと言えば、さくらはきっとわかってくれる。だって私の娘、とても素直で良い子だから。
    でも、本当に素直で良い子であったろうさくらでも、さすがにもう破られるであろう約束を期待などするはずもなく‥。

    出来ない約束はするものではないというのはわたしも大きくうなずきました。その言葉を受け止めて詫びてはいるものの、結局仕事は早く帰るつもりではなかったようですよね‥。周囲に言われてようやくという感じでしたし。

    さくらは私を分かってくれている、
    私もさくらをわかっている。
    そんな根拠のない自信がすみれを盲目にしているのかもしれません。
    以前は、涙を飲んで家庭の為に一旦キアリスを辞めるまでしたすみれ。その時のさくらちゃんも、うれしいと言っていましたね。
    しかし母娘の生活もつかの間、またすぐにキアリスに復帰した。
    そのときから、ちびさくらちゃんのことは気がかりでした。
    女学生になるまえ、幼少のころから、少しずつ傷つきながらも我慢してきたのかもしれませんね。それでも、両親は遊んでいるわけではないから、仕事を頑張っているからわがままを言えなかったのかもしれないです。

    個人的に胸が痛む展開が続いてつらいですが、
    少しずつでも良いほうへ向かって欲しいものです。

    家庭に入りすっかりゆりちゃんも穏やかな母親の表情になり、
    これからも良い存在で注目ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 根拠のない自信

      この一言に尽きるような気がします。『あさが来た』では、あさちゃんは自分は親としては問題ありかもと思っているフシがありました。だから、家族写真にツノをいたずら書きされても仕方ないかみたいな反応を示してました。

      もしさくらちゃんが同じことをしたら、今のすみれちゃんは深く落ち込むでしょうね。自分は鬼みたいに思われていたのかって。自信があるからかえって傷ついていたかも知れません。

  3. Ken より:

    自分は、栄輔は玉井に裏で操られている?(弱みを握られている?)と見たんですが、どうでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 弱みを握られている?

      これはあるかも知れませんね。
      明美ちゃんの心の空白を見逃さなかった玉井氏です。
      人の弱みを握るなど簡単かも知れません。

  4. よるは去った より:

    栄輔「ご無沙汰してます・・・・・。」どうやら母娘の衝突の問題だけではおさまりそうにありませんな。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 母娘の衝突の問題だけでは

      しかも新たに生じた問題は完全解決まで長引きそうです。
      母娘問題以上に長引くかもしれません。

  5. くろきとししげ より:

    今日観た栄輔の会社も実在するのでしょうか?
    生まれ育った地の企業にこんなに歴史があったとは知らず、40年ほど前の神戸舞台の朝ドラ以来、
    特に気に入って観てます。
    実在をもっと教えてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ