ついにさくらが家出する / べっぴんさん 第91話

連続テレビ小説(朝ドラ)『べっぴんさん』
2017年1月21日(土)放送
第16週 第91話「届かぬ心」

『べっぴんさん』第16週 第91話 あらすじと見どころ解説

arasuji

家出してしまったさくらの居場所はすぐにわかりました。さくらはゆりと潔の家に身を寄せていたのです。

すみれは早速さくらを迎えに行くものの、さくらには母親との話し合いに応じる気持ちはまったくありませんでした。

ゆりもさくらをすみれに会わせようとはせず、すみれに一旦帰るように告げました。

すみれに対して心を開こうとはしないさくらでしたが、ゆりには本心を打ち明けました。ゆりはさくらの寂しさに理解を示し、さくらを家で預かることにします。

一方、さくらと話すら出来ず深く落ち込むすみれを明美が励まします。

その夜、明美はすみれを飲みに誘いました。明美に案内されたその店は、すみれにとっては意外な店なのでした。

midokoro
家出をしたさくらが向かった先はゆりと潔の家でした。

かつて家庭のぬくもりがないことを理由にゆりは家出をしたことがあります。だからゆりにはさくらの気持ちがよくわかるのでしょうか。

同じような理由で家出して来たさくらの寂しい気持ちが。

<<前回90話 | 次回92話>>

『べっぴんさん』第16週 第91話 事前発表あらすじのレビューと史実解説

ゆりが家出・・・正しくは家出ではないのかも知れません。ゆりが「家出」した時、ゆりと潔は家ではなく会社で寝泊まりしていたわけですから。

ゆりがかつて坂東本家に逃げ込んだ時、ゆりは家庭のぬくもりに飢えていました。

ゆりの言葉によれば、あの頃のゆりと潔は家を持たず借りもせず坂東営業部の事務所で寝泊まりしていました。

あの頃の潔の人生にとって会社はすべてでした。そして、ゆりもそれを喜んで受け入れていました。ただし、ゆりが妊娠するまでは。

妊娠によって自分より大事な存在がお腹の中に宿ったことでゆりの価値観は変わったのでしょう。自分は会社がすべてでも構わない。しかし我が子にそれを押し付けてもいいのかと。

そんな心境の変化がゆりの心の中に家庭のぬくもりを求める感情を芽生えさせました。

しかし自分には家族(夫)はいても家庭すなわち家族が心を許せる環境がない。その頃のゆりの状況と、今のさくらの状況はそっくりです。

だからさくらの気持ちがゆりには痛いほどよくわかるのかも知れません。一方で、妊娠する前は仕事一筋だったゆりにはすみれの気持ちもよくわかる。

すみれとさくら、両者の気持ちを理解できるゆりが母娘の対立を解決してくれるのでしょうか。

『べっぴんさん』第16週 第91話 観賞後の感想

kanso

<<前回90話 | 次回92話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “ついにさくらが家出する / べっぴんさん 第91話”

  1. みか より:

    「すみれ」「さくら」「ゆり」の名前が混同しているようですが…

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 混同

      早速訂正しました。ご指摘くださって感謝申し上げます。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ