ごちそうさん 8話 帝大の下宿生に嫌な予感

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年10月8日(火)放送
第2週 第8話 「黄身と出会った」

『ごちそうさん』第2週 第8回「黄身と出会った」あらすじ

新メニュー開発に余念がない「開明軒」では、卵をひき肉で包んで揚げたスコッチエッグの試作の真っ最中です。その試食をしため以子は、黄身が半熟だと美味しくなるのではと言うのですが、言うは易く行うは難し、なかなかうまくゆきません。

その頃、卯野家では帝大生を下宿人として迎えることに。帝大卒をめ以子の結婚相手にと期待している両親は浮き立つ様を隠しきれません。一方のめ以子は、下宿人としてやって来るのはカフェで出会った帝大生ではないかと悪い胸騒ぎがしていました。

しかし、写真に写っているその青年はカフェで出会った帝大生とは別人でした。心から安心しため以子の期待はふくらみ、美容に励みつつ、親友の桜子たちに手伝ってもらい悩みの長身を少しでも低く見せるため立ち居振る舞いに工夫をこらします。

そしていよいよ、下宿人となる帝大生を迎えるその日になりました。やって来たのは写真で見た近藤という男・・・でしたが、その男の背後に、め以子とカフェで大口論となってしまった長身の帝大生が立っているのでした。

<<前回7話 | 次回9話>>

『ごちそうさん』第1週 第8回 再放送レビュー

2016年10月11日(火)放送

『ごちそうさん』物語の後半。満州に旅立つ間際の悠太郎にめ以子が食べさせた料理のひとつが今回登場したスコッチエッグでした。

スコッチエッグはまた、め以子に勉強の面白さと料理の面白さに目覚めさせ、め以子と悠太郎の距離を縮める役割も果たしました。

そんな重要なアイテムがこのタイミングですでに登場していたとは!

しかも、重要なアイテムだけに前回の終わりから今回の冒頭にかけて描くことでその存在感を強調する。

さりげなく仕込まれていたフラグ探しが楽しい『ごちそうさん』再放送です。

『ごちそうさん』第2週 第8回「黄身と出会った」感想まとめ

ついにめ以子が楽しみにしていた近藤という男が来たと思ったら、想定外の「通天閣」がやってきました。これについてはネット上では「通天閣じゃないと思わせて通天閣という巧妙な罠」と、その絶妙な演出に反応するコメントが複数見られました。

また「下宿人の帝大生は通天閣だった」オチには「恋愛ドラマの王道」と歓迎する声も。奇抜さを排しスタンダードな演出は安心して見られると歓迎する声があがっています。

また、第一週は料理がおいしそうというコメントがやたらと眼につきましたが、第二週では料理に対するコメントは影をひそめ、「大正時代の女学生スタイル可愛い」「学ランと袴憧れる」と、大正時代の女学生ファッションへのコメントが一番多く眼につきます。

とりわけ「民子が可愛い」という声が今日はとても目立っていました。

杏の演技にも賛否両論ありますが、僕はとても好きです。映画でこの芝居をやってしまったらオーバーアクションに過ぎるかも知れませんが、テレビならこれくらいがわかりやすいかと思います。

大正時代の女学生ファッションへのコメントについで、第二週に入ってから増えてきたのが「だんだんおもしろくなってきた」という感想です。主要登場人物も出そろい、これから腰を落ち着けて『ごちそうさん』の世界を楽しめそうです。

<<前回7話 | 次回9話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ