ごちそうさん 20話 悠太郎の幼馴染の亜貴子

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年10月22日(火)放送
第4週 第20話 「こころをコメて」

『ごちそうさん』第4週 第20回「こころをコメて」あらすじ

開明軒に訪ねて来た女性・亜貴子は、悠太郎の幼なじみでした。明るい性格の亜貴子は卯野家の家族たちとすぐに溶け込むものの、め以子は面白くありません。しかし、軽いやけどをしため以子の手当てをしてくれる医学生の亜貴子の姿が眩しく映るめ以子でした。

亜貴子は悠太郎に大学への進学について相談しました。亜貴子は自分の進路をどうすべきか迷っていたのです。教師から東北の大学への進学をすすめられたものの、果たしてその道に進むべきかどうかを。

相談ついでに亜貴子は悠太郎に皮肉を言いました。め以子の手のひらの皮が厚いのは、毎日熱々のおむすびを握っているせいだ。悠太郎とめ以子は「アツアツね」と。しかし、悠太郎は亜貴子の皮肉がまったく理解出来ません。

一方のめ以子は、悠太郎が好きだと言う「よく食べて、見ていると元気になる人」というのは亜貴子のことではないかと疑いはじめていました。そう思い込むと、それまでの自分がバカに思えてしまうめ以子でした。

<<前回19話 | 次回21話>>

『ごちそうさん』第4週 第20回 再放送レビュー

2016年10月25日(火)放送

悠太郎の剣道の試合の直後に民ちゃんが言った一言。

悠太郎には意中の人がいる。それは見ているだけで元気になるような人だ。

この民ちゃんの言葉の二度目の回収です。一度目は小説の恋愛描写に悩む文士の室井さんの口から発せられ、そのことがめ以子を激しく動揺させました。

そして今度は亜貴子の姿を見た悠太郎本人の口から同じセリフを言わせる。ヒロインの追い詰め方がみごとです。

そしてヒロインが追い詰められると決まって傷口に塩を塗り込む弟・照生くん。

でも今回は、照生くんのいつもの余計な一言に対して反応する余裕すらめ以子にはありませんでした。

『ごちそうさん』第4週 第20回 「こころをコメて」感想

「熱々」の皮肉が悠太郎に通じない亜貴子さん。皮肉も通じなければ、自分の悠太郎に寄せる想いすらも全く通じないことへの切なさが、去り際の亜貴子さんの表情に見え隠れしていたのは自分だけでしょうか。

自分の気持ちが悠太郎に通じる日がいつか来るのをじっと待っている亜貴子さん。そんな奥ゆかしい亜貴子さんとは対照的に、悠太郎の言う「見ていて元気が出る人」は自分だと思い込み突っ走るめ以子。

ここまで強く思い込める性格はある意味爽やかさすら感じずにはいられません。しかし、さすがに自分とは真逆の女性を目の前にして、自分の猪突猛進ぶりがあぶり出されてしまい、自分が「バカ」に思えてきため以子。

自分の姿を客観視出来たのは大人の階段を上る第一歩として祝福されるべきことだったのかも知れませんが、誰も祝福してくれないどこから祝福とは正反対の言葉を浴びせかけられるめ以子が痛過ぎる。

祝福されれば一歩大人に近づけたはずのめ以子に浴びせかけられた言葉は「バカと気付けて良かった」

身も蓋もないような軽口をたたく弟が最強です。子供の頃は視聴者から座敷わらしと揶揄されるほど無口な子でしたが、余計なおしゃべりをよくするようになったものです。

そう言いながらも、弟の姉への軽口、いつも楽しみにしています。

<<前回19話 | 次回21話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ