ごちそうさん 26話 肺炎の悠太郎のお見舞い

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年10月29日(火)放送
第5週 第26話 「フォンとうの気持ち」

『ごちそうさん』第5週 第26回「フォンとうの気持ち」あらすじ

悠太郎に求婚を断られ失意のめ以子は、お弁当の工夫を続けて気を紛らわし、気持ちの立て直しを図る努力をしていました。その頃イクは、悠太郎の友人・近藤から、悠太郎が求婚を断った理由は、自分の家庭の複雑さを案じてのことだと聞かされていました。

そんなある日、め以子を訪ねに室井が女学校に乗り込んで来ました。室井は、悠太郎が風邪をこじらせて高熱に倒れてしまったことをめ以子に告げ、悠太郎の見舞いに来てほしいと頼みにやって来たのでした。

め以子は室井の頼みを断りました。しかし、話しを聞いていた担任の宮本は本当は見舞いに行きたいめ以子の気持ちを敏感に察しました。悠太郎の病状をわざと大仰に表現する宮本の言葉は、め以子を不安にさせるには十分でした。

め以子は氷といくばくかの薬銭をもって室井の下宿まで駆けつけました。室井の部屋の中でうなされながら眠っている悠太郎のそばで、め以子はおかゆを作りはじめました。しばらくして眼を覚ました悠太郎は、自分の見ていた夢を話し始めるのでした。

<<前回25話 | 次回27話>>

『ごちそうさん』第4週 第26回 再放送レビュー

2016年11月1日(火)放送

悠太郎がめ以子からのプロポーズを断った理由が劇中で説明されました。

複雑極まりない自分の家に嫁いでしまったらしなくても良い苦労をすることになる。本当はめ以子と一緒になりたいけれどめ以子の幸せを考えたらプロポーズを断る選択肢しかない悠太郎の苦悩。

すでに悠太郎の実家の西門家がどれほどすごいのか知ってから観ると、悠太郎の切なさと愛の深さに泣かされます。

断腸の想いでプロポーズを断ったのでしょう、悠太郎は。高熱を出したのは川に飛び込んだだけが理由ではないような気がします。

今後の展開をよく知ってる最終回の方がむしろ面白いと感じるのは僕だけでしょうか。

【朝ドラ】最新ニュース

伝説と化した朝ドラ『あまちゃん』が、11月からは台湾で、来年の2月からはタイで放送されることが決まったそうです。

タイより一足早く放送スタートとなる台湾でのタイトルは『小海女』、日本語・北京語字幕入での放送となるそうです。タイでの放送は吹き替えになる予定だとか。

ところで、台湾では日本語放送なので「じぇじぇじぇ」もそのまま。このフレーズには「接接接」という字幕付き。

一方、これは朝ドラのネタではありませんが、台湾では既に『半沢直樹』が放映され、日本並みの社会現象と化しているそうで、こちらの名台詞「倍返し」は「加倍奉還」となって流行語になっているそうです。

『ごちそうさん』第5週 第26回 「フォンとうの気持ち」感想

宮本先生が今回もまぶし過ぎる。

悠太郎が高熱に倒れたと聞かされ、め以子はそれが心配でならない。見舞いに行かずにはいられない。しかし、すべては終ったことと自分に言い聞かせたい。求婚を断られた辛さを思い出したくない、そこから逃れたいという気持ちもある。

そんなめ以子の複雑な胸中を察した宮本先生は、そんなめ以子に悠太郎のもとへ行けと真っ正面から説得したところで、頑なに反発するとめ以子の反応を読んだのでしょう。

だから、説得は一切せずに遠回しに悠太郎の病状の悪化をほのめかし、め以子の不安を煽り立てる人心操作術がみごと。半生を教職に捧げ、多くの生徒たちを全身全霊で育てて来た人だからこそ出来る心のつかみ方かと思います。

そして、宮本先生の思惑通り、め以子は悠太郎が病床に伏せている室井宅へ。

め以子が室井の下宿を訪ねたとき、さりげなく挿入された玄関先に並ぶ通天閣の下駄とめ以子のブーツが仲良く並んでいるカット。二人の関係がこれから修復されることを暗示するかのような映像に演出家の優しさを感じました。

<<前回25話 | 次回27話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ