ごちそうさん 29話 大五が二人の結婚認める

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年11月1日(金)放送
第5週 第29話 「フォンとうの気持ち」

『ごちそうさん』第5週 第29回「フォンとうの気持ち」あらすじ

悠太郎は、実家のある大阪に戻って就職することをやめ、東京で職を得て暮らしてゆくことを条件に、大五にめ以子との結婚の許しを請いました。しかし、悠太郎に大阪で住みよい街づくりをするという夢があることを知っているめ以子は、東京での就職に猛反対。

夢を捨てるかのような悠太郎の選択に大五は腹を立て結婚するなら勘当だとまで言いだしました。その大五の態度に立腹しため以子は家を出て行くと宣言。しかし、悠太郎からは、卯の家ほど幸福な家族は他にない、それを失ってはいけないと諭されます。

その日の夕方、大五を説き伏せようと照生が一家を案じました。照生は、大五が頭が上がらない「社長」を開明軒に呼んだのです。「社長」は大五が胸の奥にしまい込んでいる思いを聞き、大五の心をほぐしてあげるのでした。

め以子は落ち着きを取り戻した大五に告げました。自分は幸福になってみせると。め以子の話しを聞き終えた大五は、め以子を厨房に連れて行きます。そして、フォンの作り方を照生に教えるフリをしながらめ以子に心を込めて教え始めるのでした。

<<前回28話 | 次回30話>>

『ごちそうさん』第4週 第29回 再放送レビュー

2016年11月4日(金)放送

め以子の弟・照生くんがいい仕事みせてくれました。

幼少の頃はほとんどしゃべらず「座敷わらし」と揶揄され、成長後は余計なことばかりしゃべって姉を泣かす。

その照生くんがお姉ちゃんの幸せのために一計を案じて立ち上がる。意外にも姉思いで男前な照生くんの活躍に再放送ながら目頭が熱くなりました。

そして上げた拳をようやく下ろすことが出来た大五お父ちゃんがフォンの作り方をめ以子に伝授する。

この場面では若さ故に空気の読めない照生くんでしたが、大五お父ちゃんがさりげなく口にした「家庭」の一言でお父ちゃんの気持ちのすべてを察する瞬間のめ以子。

泣かせてもらいました。

【朝ドラ】最新ニュース

大五お父ちゃんの洋食屋「開明軒」の看板メニューのモデルは日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」!そんな説がネット上に拡散し、当ブログもそのネタに飛びついてたのですが、10月28日付けの報道で、「たいめいけん」は「開明軒」のモデルではないことが明らかになりました。

「たいめいけん」に食事に行ってお店の人に「『ごちそうさん』を見て来ました」と言ったところが、「うちはモデルではありません」と言われてしまったとか。『ごちそうさん』のフードコーディネーターをつとめている方も、「たいめいけん」のシェフには相談してはいとの由。

モデル説はどうやらなさそうですが、このお店の「タンポポオムライス(伊丹十三風)」は絶品ですよ!お近くの方で、卵料理のお好きな方は是非足を運んでみてくださいね。

『ごちそうさん』第5週 第29回 「フォンとうの気持ち」感想

店じまい後、大五を訪ねて来た「社長」の優しさが心に染み入ります。こんな人が自分の近くにいたらいいな、そんな素敵な人物がたくさん出てくるのも『ごちそうさん』の楽しみのひとつです。竹元教授もそんな人物の一人でした。

そんな素敵な面々に囲まれて頭に血がのぼっていた大五さんが冷静さを取り戻しました。大五さんのような瞬間湯沸かし器タイプのおじさんは素敵な人が周囲にいなくても、自動的に冷静さを取り戻せるかも知れませんが・・・

それはともかく、大阪で新たな家族のために努力すること。悠太郎と幸福になってみせると心からの想いを父に伝えるめ以子。その娘に無言で応え、態度だけで娘の結婚を認める大五お父ちゃん。涙を誘う父娘の姿がたまりません。

挙げた拳は振り下ろせたけれど、それでもまだ拳を下ろすのがちょっと恥ずかしい大五お父ちゃんが、照生くんに教えるフリをしながら実はめ以子に伝える父のフォンづくり。娘に正面切って教えるよりも心に残る名場面となりました。

<<前回28話 | 次回30話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ