ごちそうさん 34話 幼馴染の源太と再会する

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年11月7日(木)放送
第6週 第34話 「こんぶねーしょん」

『ごちそうさん』第6週 第34回「こんぶねーしょん」あらすじ

夜な夜な大八車を曳いて歩いていため以子を連れて、悠太郎は屋台のうどん屋に連れて行きました。うす味のうどんを食べて、め以子は東京で生まれた自分の味覚と西門家の家族の味覚の違いに気が付くのですが、大阪の昆布だしの味がよくわかりません。

そこで、め以子は昆布だしの味を習得にするためのある方法を思いきました。その方法とは絶食です。そんな中、市場に買い物に出かけため以子は、幼い頃に雨の降る中をイチゴを探して持って来てくれた幼馴染みの源太との再会を果たしました。

源太は今、市場にある肉屋で働いていました。め以子はぬか床を家に置いておくと危険だからと源太に預かってもらいました。一方で、悠太郎は職場で上司の大村と仕事上のことで口論。その時、悠太郎に連絡が入りました。め以子が倒れたというのです。

悠太郎が慌てて帰宅すると、大阪の味を習得するため絶食していたというめ以子の話しを聞かされ、怒り呆れてしまいます。しかし、翌日までの絶食に自分も付き合い、明日になったら一緒に美味しいものを食べに行こうと約束する悠太郎とめ以子でした。

<<前回33話 | 次回35話>>

『ごちそうさん』第6週 第34回 再放送レビュー

2016年11月10日(木)放送

前回は和枝姉さんにやっつけられっぱなしのめ以子でしたが、今回はついに小さな反撃に出ました。この程度の反撃など和枝姉さんには通用しないことも確かですが(笑)

昆布ダシの取り方を教わり、お静さん満足させられるレベルの味噌汁を作ることが出来る。

東京から持って来た食材はすべて処分を完了。ぬか床「紅子」もその時に一緒に処分したと平然と嘘をつく。嘘を言える分だけ強くなったと言うことでしょうか。

そんなめ以子の反撃に、気づくか気づかぬかのレベルで微細な反応を示したキャラが登場。

希子ちゃんです。

お弁当を作ったと言われた希子ちゃんが初めてめ以子に笑顔を見せました。声を出すのもこれが二度目?それとも初めてでしょうか。

希子ちゃんの成長が始まった瞬間でした。

そしてついに源ちゃんの登場です。「焼き氷」というキーワードも今回すでに登場していたとは。

『ごちそうさん』を彩るキャラやアイテムが揃って来てワクワクします。

『ごちそうさん』第6週 第34回 「こんぶねーしょん」感想

源ちゃんとの再会は感涙ものでした。子供の頃から男前で強烈な存在感を放っていた源ちゃんは朝ドラによくあるパターンだと、相手役か生涯を支えるポジションのどちらか。にも関わらずめ以子の女学生時代には引っ越してしまったというのが解せませんでした。

なるほど嫁ぎ先で苦労が多くなるめ以子を支えるために引っ越しをさせていたのかと合点がゆきました。と同時に、これでひと安心です。

め以子が西門家の女性陣の激しい「イケズ」にさらされるものの日中は悠太郎は仕事中。ただでさえ激烈な「イケズ」であることに加えて、悠太郎が不在の昼間の間、め以子の味方が西門家とその周辺に一人もいないというのはあまりに辛過ぎました。

しかしこれからは源ちゃんが支えてくれることになるのでしょう。本当に安心しました。ただ一方で源ちゃんの登場はまた懸念材料になるリスクをはらんでいます。孤独の中で苦しむめ以子が源ちゃんとの距離を縮め過ぎてしまうと、それはそれで差し障りがあるかと。

そこまで行かなくとも、め以子が源ちゃんと一緒にいる現場を和枝姉さんに見られでもしたら、嫁として不合格。西門家を追い出す口実を和枝姉さんに与えかねません。そう考えると源ちゃんの登場はしばらくは両刃の剣になりそうです。

め以子にとっては両刃の剣になりかねない源ちゃんの存在ですが、ぬか床にとっては何よりの救い。ぬか床が捨てられてしまい、もう「ぬか床」ばっぱのナレーションは聞けなくなるのかと、実はちょっとばかり心配していました。

<<前回33話 | 次回35話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “ごちそうさん 34話 幼馴染の源太と再会する”

  1. たいとうみほ より:

    オープニングのキャスト紹介で
    源ちゃんの役名が「肉屋の店員」になっていたのに
    思わずニヤリとしてしまいました。
    ネタバレ防止も気を使いますね。
    それにしてもいつ引っ越したかにもよりますが
    何でめ以子だってわかったんでしょう?

    それにしても和枝姉さんの前で
    おとなしいままの希子ちゃんと
    赤羽社長と毅然と戦ったとと姉ちゃんが
    同一人物には見えません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 何でめ以子だってわかったんでしょう?

      僕もこれが不思議です。リトルめ以子はリトル源ちゃんよりずっと背が低かったので、今では自分よりも背が高い姿を見てめ以子と思い出せるのかなって。


      > 希子ちゃん

      希子ちゃん、登場以来まだ一度も言葉を発していません。こんなおとなしい女の子を演じた女優さんが、お腹の中が真っ黒な赤羽根社長とやり合い、一癖も二癖もある花山さんと心から分かり合える女性を演じる。たいしたものですね。

      追伸:常子ちゃんに別れを惜しむように手を振り続ける花山さんの最期の姿を思い出してしまい涙目です(笑)

  2. ※※ 澄子 より:

    朝イチは気分良く元気に過ごしたいのに、め以子が大阪に嫁いでからの「ごちそうさん」は、昼ドラに相応しい感じになってしまい、観る気が失せてしまいました。自分が嫁いできたときにされた意地悪を全部思い出して、朝から気が重くなりました。リアルで、どんな「お嫁さん」にもこんな体験はありそうと思いますが「朝ドラ」に求めているのはこういう雰囲気じゃないんですよ~。リアルじゃなくてもいいんです。突拍子のないお気楽な作り物感いっぱいの「あまちゃん」が妙に懐かしい。関西人としては大阪NHK制作の方を応援したいのですが。。

    • hublog より:

      コメント、ありがとうございました。一昔前の嫁いびりドラマとは違ってずいぶん明るい演出だと思って見ていたのですが、実体験のある方には心が痛む内容なのですね。12月頃からは陰湿な場面も少なくなるようなので、しばらくお休みして再会されてはいかがでしょうか。今年の最終週はとても感動する内容なので、これを見逃すのはもったいない気がします。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ