ごちそうさん 38話 源太がめ以子に捨蔵紹介

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年11月12日(火)放送
第7週 第38話 「たいした始末」

『ごちそうさん』第7週 第38回「たいした始末」あらすじ

給料を横取りされ、悠太郎は和枝と口論になってしまうものの、和枝を見捨てるわけにはゆきません。何故なら、火の車だった家計を切り詰めて悠太郎の学費を捻り出し続けてきたのは他ならぬ和枝だったからです。

め以子は、これまで和枝が切り詰めた生活を続けて家計を支えてきた苦労を知りました。そんな中でも、静は着道楽をやめる気配がありません。西門は支払いを滞らせない。その建前を大切にする和枝につけ込んで、静はツケで着道楽を続けているのです。

和枝によって食費が切り詰められたこともあり、食事の場はいよいよ味気ないものになってしまいました。しかしそんな中、め以子は源太と再会したのをきっかけに、市場で働く人々が食材を捨てるところがないほどまでに使い切る「始末の精神」を学びました。

しかし、もっと美味しい食べ物を悠太郎に食べさせたいというめ以子に、源太は自分が師匠と仰ぐ不思議な男を紹介しました。その男の笑い方が、とてもよく知っている誰かに似ているとは、まだ気づかぬめ以子なのでした。

<<前回37話 | 次回39話>>

『ごちそうさん』第7週 第38回 再放送レビュー

2016年11月15日(火)放送

二百年続いた西門の家がタニマチを出来なくなったとだけは思われたくない。だから、お静さんがツケで買った着物の支払いは決して滞らせない。

しかも、和枝姉さんはそのことについてお静さんに文句は言えない。

そのことをよく知っているお静さんは、そこに漬け込み着道楽三昧の日々。高価な買い物をやめようとはしない。

後に希子ちゃんが陣取り合戦と表現した腹の探り合いの状況設定が秀逸です。

そしてそんな状況を作り出してしまった御仁の登場です。

ただし、この時点では陣取り合戦の原因を作った張本人が捨蔵師匠だとは、め以子は知る由もありません。

『ごちそうさん』第7週 第38回 「たいした始末」感想

前回、少しだけ強気になっため以子に救われたものの、やっぱり和枝姉さんの「イケズ」は激烈です。今回は激烈ぶりがパワーアップしたような気さえしました。

その和枝姉さんと張り合うお静さんもすごい。浪費をツケでしても、和枝姉さんがそれをきっちり支払うことを知り抜いている。しかも、自分に文句を言って来ないだろうことも見抜いている。恐ろしい女性です。

一方、源ちゃんが頼もしい。実に頼もしい。思えば針のむしろに座っているようなめ以子にとってただ一人の味方です。悠太郎がちょっとばかり頼りにならない中、源ちゃんという存在がいるから、激烈な「イケズ」が続く『ごちそうさん』も辛うじて見続けることが出来ます。源ちゃんに感謝です。

そんな中、新しい登場人物の登場です。源ちゃんの師匠。世捨て人のように街の片隅で暮らしながらも、源ちゃんのような威勢のいい若者に「師匠」と慕われる。『スターウォーズ』のオビワン・ケノビを思い出さずにはいられません。

ぬか床ばっぱの思わせぶりなナレーション。め以子がとてもよく知っている誰かと笑い方が似ている。しかも、め以子はそのことにまだ気付かない。こういう謎に満ちたキャラクターは大好物なのでワクワクがとまりません。

<<前回37話 | 次回39話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “ごちそうさん 38話 源太がめ以子に捨蔵紹介”

  1. たいとうみほ より:

    「ほうるもん」め以子が戦後の闇市で作って売ってましたね。
    正蔵さんが作ったそれと同じではないとは思いますが
    その時点で故人となって久しかった正蔵さんへの
    オマージュだったのかも。
    あの時代に比べたら和枝姉さんのイケズなんて
    まだまだかわいいものです。
    出汁取り昆布が食べられないと言ってたら生きていけません。
    終盤のめ以このバイタリティを育んだのに
    正蔵さんはなくてはならない人だったんですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > め以子のバイタリティ

      正蔵さんに始末の料理を教わる必要に迫られたのは和枝姉さんのイケズで、その和枝姉さんはまた、戦中戦後の一時期に疎開中のめ以子を鍛え上げる。和枝姉さん、いい仕事してますね。と同時に本作の人間関係の絡ませ方が絶妙です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ