ごちそうさん 44話 和枝が「逢引」を告げ口

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2013年11月19日(火)放送
第8週 第44話 「ごめんなすって」

『ごちそうさん』第8週 第44回「ごめんなすって」あらすじ、ネタバレ

め以子と源太が市場で親しげにしている現場を目撃した和枝は、二人を「ええ仲」みたいだと悠太郎に告げ口しました。め以子のことが気になり市場へ足を運んだ悠太郎が目にしたのは、和枝の言うとおりのめ以子と源太の「ええ仲」そうな姿でした。

悠太郎はめ以子と源太の後を尾行するものの二人の姿を見失ってしまいます。め以子と源太が行った先は捨蔵の家でした。め以子や源太たちは捨蔵のもとで、旬の梅を梅干しや梅の甘露煮などに加工する「梅仕事」に励んでいたのです。

め以子は捨蔵にわけてもらった大量の梅を大八車に載せて家路に就きました。希子を梅仕事に誘い機嫌の良いめ以子。しかし、その日早めに帰宅した悠太郎の機嫌がいつになく悪いことに上機嫌のめ以子は全く気がつきませんでした。

次の日、肉を買うために市場に出かけため以子は我が目を疑いました。肉屋の店先で悠太郎と源太がにらみ合っているのです。その時、対峙する悠太郎と源太の成り行きを興味深そうにうかがう人の影が物陰で動きました。和枝でした。

<<前回43話 | 次回45話>>

『ごちそうさん』第8週 第44回 再放送レビュー

2016年11月23日(水)放送

和枝姉さんの報復が成功しました。

め以子と源太が「ええ仲」とほのめかされた悠太郎が時間の経過とともに混乱の深みハマり仕事がまったく手につかなくなる。

そんな悠太郎の動揺を夢にも思わぬめ以子の、明るい笑顔で口にする言葉の数々が悠太郎にはあまりに刺激が強すぎて・・・

動揺を隠しきれなくなった悠太郎。何も気づかないめ以子。弟の動揺する様子を見て、勝ち誇ったような笑みをひそかに浮かべる和枝姉さん。

食卓の三者三様の表情が秀逸でした。

そんな中、ガスコンロをダシにして西門家の天下取りを狙うお靜さんが今日もしたたか。め以子になつきはじめた希子ちゃんの笑顔が今回の唯一の心癒される場面です。

『ごちそうさん』第8週 第44回 「ごめんなすって」感想

め以子と悠太郎の間に致命的とも言える亀裂を生じさせようと躍起になる和枝姉さんは、そんな本心をひた隠しにしながら亀裂の入り具合を確認する。

自分が和枝姉さんから腹の中をさぐられているとは夢にも思わぬ悠太郎はまた、自分が悠太郎から腹の中をさぐられているとは夢にも思わぬめ以子の腹の中を探る。

自分にやましいところが全くないめ以子は、楽しかった梅仕事に満足に上機嫌。その上機嫌の理由を疑わずにはいられない悠太郎。

悠太郎の疑心暗鬼を確認した和枝姉さんは、弟夫婦の仲に大きなダメージとなる第一撃を与えた手応えを感じて大満足し上機嫌。

その和枝姉さんの上機嫌の理由を知らないめ以子は、単純に義姉の上機嫌を喜び更に上機嫌になる。

そのめ以子の上機嫌さが、悠太郎を更に不安に陥れる。

絶妙な心理戦。大人のドラマを堪能出来ました。

追記:心理戦に敗れた悠太郎は源ちゃんと激突。その瞬間が訪れることを計算し尽くしていた和枝姉さんの微笑みが悪魔過ぎて恐ろしい。

<<前回43話 | 次回45話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “ごちそうさん 44話 和枝が「逢引」を告げ口”

  1. たいとうみほ より:

    尾行中の悠太郎が女給さんたち?に捕まらず
    そのまま正蔵さんの潜伏先までたどり着いたらどうなったか。
    そんな悪魔の微笑が、見ていて止まりませんでした。
    あの時点で悠太郎と正蔵さんが鉢合わせしたら
    最悪の場合西門家再生はなかったでしょうから
    (正蔵さんが雲隠れするとか
     め以子にわからないように悠太郎が手を回してしまうとか)
    あの客引きの女給さん、結果的には
    西門家再生の一端を担った事になるのかもしれません、多分。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうござます。

      > 西門家再生はなかった

      確かにそう思います。居所が割れてしまった捨蔵さん、きっとその晩のうちにどこかに逃亡してしまったかも知れませんね。実際、この先で逃亡を企てるくらいですから。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ