ごちそうさん 84話 悠太郎と亜貴子再会する

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年1月11日(土)放送
第14週 第84話 「アイスる力」

『ごちそうさん』第14週 第84回「アイスる力」あらすじ

地下鉄の建設現場で負った怪我の治療のために担ぎ込まれた病院で、悠太郎は幼なじみの亜貴子との再会を果たしました。亜貴子は前月にこの病院に赴任したばかりだったのです。偶然の再会を、悠太郎と亜貴子は心から喜び合うのでした。

治療を終えると悠太郎は再び建設現場に戻りました。悠太郎は改めて現場の責任者と話し合い、ようやく落とし所を見いだすことが出来ました。現場の課題に決着がついた悠太郎でしたが、亜貴子のこと忘れることが出来ません。

翌朝、悠太郎はいつもより早く家を出発しました。朝一番に病院で治療を受け、出来るだけ早く建設現場に行くためだと悠太郎は家族に説明します。め以子や希子は、悠太郎の熱心な働きぶりに素直に感心します。

一方、病院に行った悠太郎は亜貴子が夫に先立たれたことを聞かされました。力になれることがあったら何でも言ってくれと申し出る悠太郎に、早速、亜貴子は相談します。「好きで好きで困ってる」。思いがけない相談に悠太郎は動揺を隠せません。

<<前回83話 | 次回85話>>

『ごちそうさん』第14週 第84回 「アイスる力」感想

「好きで困ってる」
「もう、ずーっと好きで好きで困ってる」


思わせぶりな相談をして男を翻弄する典型的な魔性の女・・・それが亜貴子さんの正体なのでしょうか。

夫に先立たれ旧姓に戻ったことなども、質問されたその場で即答してよさそうなものを、すぐには答えず一晩おいて「熟成」させてから初めて告白する魔性ぶりが怖い。

「好きで困ってる」
「もう、ずーっと好きで好きで困ってる」

この時の言い方も悠太郎の顔色を読みながら、言葉を小出しにして男の心を揺さぶる手練手管。東京の卯野家で悠太郎が下宿していた当時、亜貴子さんは決してそんな女性には見えなかった。あの時、亜貴子さんは猫をかぶっていたのでしょうか。

一方でふ久ちゃんが、相変わらずの変わり者ながらも、変わり者はふ久ちゃんの一面に過ぎないことが分かって来ました。そして、変わり者であるところに将来性を秘めていそうなことを。正蔵さんとふ久ちゃん、祖父と孫の二人のやりとりも朝から和みます。

<<前回83話 | 次回85話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ