ちりとてちん 122話 挫折のA子が喜代美詰る

連続テレビ小説(朝ドラ)『ちりとてちん』
初回放送:2008年2月25日(月)放送
再々放送:2014年3月3日(月)放送
第22週 第122話 「聞かぬは一生の箸」

『ちりとてちん』第22週 第122回
「聞かぬは一生の箸」あらすじ

喜代美のもとを再び訪れたA子は、「嘘つき!」と喜代美を詰り始めました。喜代美の口車に乗って早々と別れていなければこんな不幸になっていなかった。草々を支えるのは自分の筈だったとA子は喜代美にまくしたてました。

それを聞いていた居酒屋・寝床のおかみ・咲は、自分の経験と重ね合わせ東京で初めて味わった挫折感やどん底の日々を経験したA子のつらい心情を忖度するのでした。

そんなある日、勇助が帰って来ました。両親は弟子入りを許してくれたと言います。「木曽山君お帰りなさい」と喜んで迎える喜代美に、勇助を疑っていた草々も内弟子修行を再び続けることを許しました。

ちょうどそこへ、喜代美の故郷にある小浜市民会館から、喜代美へ高座の依頼が舞い込んできました。故郷に錦を飾るいい機会だと草々にすすめられ、喜代美は久しぶりに故郷に帰るのですが、A子のことが気がかりです。

『ちりとてちん』第22週 第122回
「聞かぬは一生の箸」感想

「人を東京に追いやって、自分は夢を叶えた」

A子はここまで言うのかとびっくり。居酒屋・寝床のおかみ・咲さんが、下っ端の仕事ばかり与えられて人生初めての雑魚扱いが相当こたえているはずだと言いましたが、そんな経験がA子の心をここまで歪ませたのでしょうか。

ニュース番組打ち切りの寸前まで挫折知らずだったA子、みんなのアイドルで人気者であることを空気程度に感じていたのでしょう。あって当然くらいに考えていた空気がなくなり誰かに八つ当たりするしか自分を保てないんでしょうか。

居酒屋・寝床のおかみ・咲さん、これまでずいぶん苦労されたんですね。今までも言葉の端々に艱難辛苦の日々が見え隠れしていましたが、今回A子のことを語りながら半分以上はきっと自分のことなんでしょうね。

さて、勇助が帰ってきました。相変わらずどこまでが嘘でどこからが本当なのかよくわからに勇助ですが、今回の嘘のいくつかは楽しくてわかりやすい嘘でしたね。かかって来た電話に出て「こちら宇宙ステーション」とか。

「宇宙ステーション」にかかって来た電話は喜代美への高座の依頼。依頼主は小浜市民会館。

観光協会の竹谷のおじさんが、A子が恐竜博物館に引っぱり出されたと喜んで話してましたが、引っぱり出されたのはもしかして、高校時代の写真だけなんでしょうか?その話しをA子が誇張して伝えたのかな?

気になります。

<<前回121話 | 次回123話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ