ごちそうさん 95話 正蔵倒れる

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年1月24日(金)放送
第16週 第95話 「汁の棲み家(ついのすみか)」

『ごちそうさん』第16週 第95回「汁の棲み家」
 あらすじ、ネタバレ

和枝の、め以子への手厳しい指導に一同大笑いしながら祝言はなごやかなうちに終了。集まった客も帰り、最後に家を出た和枝は、ラジオ番組のレシピコンテストのライバル「ミセス・キャベジ」の正体が自分であることを明かしました。

すべてが終わり、和枝が送ってきた柿の葉寿司を食べながら、家族団らんの時間を楽しむ西門の家族。今日は夢みたいな一日だったと大喜びしていた正蔵ですが、再び発作を起こしその場で倒れてしまいます。

め以子は、「ミセス・キャベジ」の料理の味は正蔵の舌に合うはずと考え、放送台本からレシピを写して来てほしいと希子に依頼。その日から西門家の女たち、子供たちは正蔵のためにそれぞれが出来ることをしようと動き出しました。

そんな中、父のために何ひとつ出来ずにいる自分を不甲斐なく感じる悠太郎に、倒れた正蔵を案ずる竹元は、「お父上をここにお招きしろ」と提案するのでした。

<<前回94話 | 次回96話>>

『ごちそうさん』第16週 第95回 「汁の棲み家」
 感想

「採用数は倍ですわ、ほな、バイバイ」

和枝姉さんの帰りがけのこの駄洒落だけで、和枝姉さんが完全に立ち直ったことがよくわかりました。立ち直ったというのは、詐欺被害はもちろんのこと、それ以前の不幸な日々からも立ち直れたのではないかと。

和枝姉さんのめ以子へのいけずも、西門家にいる時のそれは幸福そのもののめ以子への嫉妬みたいな感情もあったかと思いますが、今のそれは愛情のこもったおせっかい焼き。

長年にわたる「ミセスキャベジ」のいけずを白状した時の和枝姉さんの顔は、嫁イビリをする姑の顔ではなく、いたずらっ子の顔。そうとは気づかれずにめ以子をコテンパンにやっつけてさぞかし嬉しかったことでしょう。

詐欺に遭った時、和枝姉さんの笑顔が家族みんなを恐怖にどん底に落としましたが、今回は和枝姉さんの心の再生が家族を幸福の絶頂期に運んでくれました。

正蔵さんが、先妻の味の柿の葉寿司を味わいながら「夢みたいな一日だった、悠太郎とめ以子の祝言見られて、そこに和枝までいて、柿の葉寿司までついてきた」と嬉しそうに語りましたが、失ったものをこれですべて取り戻すことが出来たのですね。

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “ごちそうさん 95話 正蔵倒れる”

  1. MM より:

    裏設定として、メイコの息子の泰介は和枝の亡き息子の生まれ変わりなのかもしれませんね。そうすると泰介が和枝の手をとってエスコートしたときは「お母ちゃん、また、会えたね」と魂が喜んでいるのかも。そう考えるとなお泣けるw

    メイコの子供たち全部が和枝に礼儀正しいのもメイコが本心から和枝を慕っているのを無意識に気づいているからということなのでしょう。それがまた和枝にとってはいたたまれないw

    かつて希子は和枝に「おねえちゃんの心がいびつなんや」と泣きさけんだのですが、今回の祝言に来る前までは多少よくなったとはいえ、まだ心のいびつは直っていなかったと思います。それは祝言に出るかどうかを柿の葉が残るかどうかとか占いのようなことで決めようとするところや、メイコが持ってきたぬか床を自分で土に埋めるならともかく女中に埋めさせるシーンがあり、「病んでるなあ」と感じた。肝心なところを自分で決めるのではなく他人に決めさせてしまうというところ、つまり、自信のなさの裏返しなんです。

    その和枝の心の殻を、今回、希子が大舞台を作ってぶちやぶったのかな、と思いました。

    それはまた、メイコが自身の料理について「雑魚でもなんでもおいしいものはおいしい。肩書きや家柄にまどわされずにいいものはいいと思えるようになって欲しいと願いをこめた」というふうに言っているのにも表れていると思います。

    結局、長い歴史のある名家というのは、その歴史によりいろいろなしがらみができ、少しずつ家運のようなものが落ちてくるのでしょう。それをメイコという新しいDNAが加わることで持ち直した。もしメイコが来なければ、和枝と静は相克しあって、互いに心を病んでいきやがてそれは体にも影響が出てきたことでしょう。希子もどこかに嫁いでも、ノイローゼのようになってしまい、よい家庭を作れない可能性が大きかった。正蔵はミナミの長屋でひとりさびしく死んでいったことでしょう。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      和枝姉さんに対する鋭い洞察はじめ、物語の深い読み方をじっくりと拝読させて頂きました。
      それにしても和枝姉さんは一筋縄ではゆかない方ですね。今日、2月いっぱいのあらすじをまとめていたのですが、またしても和枝姉さんの唖然とさせられるような言動に出くわし驚かされました。

  2. ※※洋子 より:

    23,24日は、内容に感動しました。めいこ、悠太郎、素晴らしい息ピッタリ、熱愛が本当なら絶対結婚して欲しいですね。ファンの1人として願っています。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      昨日、今日と家族が再生する物語が素晴らしかったですね。
      杏さんと東出昌大さんのお二人も楽しみです。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ