ごちそうさん 97話 日中戦争勃発

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年1月27日(月)放送
第17週 第97話 「贅沢はステーキだ」

『ごちそうさん』第17週 第97回「贅沢はステーキだ」
 あらすじ、ネタバレ

1940(昭和15)年。正蔵が亡くなってから数年後に勃発した日中戦争の戦局は日増しに激しくなり、この頃には資材や燃料に加えて食料までもが節約を求めらるようになっていました。

そんな状況下でも、め以子(杏)は「節米料理」に工夫を凝らすのを楽しんだり、婦人会活動に精を出したりと、世の中の動きに前向きでした。一方の悠太郎(東出昌大)は、地下鉄建築用の資材不足に悩む日々。

その頃、ふ久(松浦雅)は食事よりも物理に夢中な女学生、泰介(菅田将暉)は中学校で野球部員になり、活男(西畑大吾)は相変わらずの食いしん坊でめ以子と一緒に料理を楽しんでいました。

ある日、め以子は馬介(中村靖日)にコーヒーの代用品になるものはないかと相談を受け、思いがけずふ久がタンポポが代用になると教えてくれました。タンポポを大量に手に入れご満悦のめ以子でしたが、その頃、源太に召集令状が届いていたのでした。

<<前回96話 | 次回98話>>

『ごちそうさん』第17週 第97回 「贅沢はステーキだ」
 感想

困難な時代に突入しため以子でしたが「めっぽう元気なおばちゃん」でいてくれて一安心。困難な時代とは書きましたが、この時代に東京に住んでいた祖母から当時の話しはよく聞かせてもらいましたが、昭和10年代前半くらいまで、世の中は概ね明るかったとか。

ドラマや映画では昭和十年代は一律暗く描くのが定番となっていますが、善悪の議論は別に譲るとして、日中戦争の頃は戦闘で勝利すると銀座で提灯行列が行われるなどずいぶん華かだったと聞いています。先頃、公開されたばかりの山田洋次監督の新作映画『小さなおうち』の原作にも、同じような記述がありました。

映画はまだ見ていませんのでどのように描かれているかは定かではありませんが、『ごちそうさん』については、「めっぽう元気なおばちゃん」が祖母から聞いた話しそのままの時代の空気を現していると思いました。

話しを『ごちそうさん』に戻します。

正蔵さんが亡くなり、「師匠」と呼ばれていた頃から正蔵さんファンだった僕としては寂しく思っていましたが、子供たちが成長し、川久保さんも「マスオさん」状態。一段と賑やかになりましたね、西門家。

特に活男くんは幼少期のキャラがそのまんま大きくなったような名演に眼が離せません。幼少期もいつもお母ちゃんにべったりでしたが、この年になっても相変わらずべったりみたいで、それが嫌味にならないのもたいしたものですね。

活男くんのこれからの活躍が楽しみです。

<<前回96話 | 次回98話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ