ごちそうさん 100話 砂糖配給制

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年1月30日(木)放送
第17週 第100話 「贅沢はステーキだ」

『ごちそうさん』第17週 第100回「贅沢はステーキだ」
 あらすじ、ネタバレ

源太出征とイチゴが市場から消えたショックから虚脱状態に陥ってしまっため以子に追い打ちをかけるかのような事態が発生しました。砂糖が配給制になってしまったのです。市場には砂糖を求める人々が殺到します。

食卓に上る食事は日に日に粗末なものばかりとなっていました。そしてイチゴ、砂糖、そして源太。め以子にとって大事なものが次々に失われ「贅沢は敵」とまでなったそんな時勢にめ以子は不安を募らせていました。

一方で、鉄筋が調達できないことに頭を悩ませていたの悠太郎は、ホテル建築を断念した企業を訪問。使わなくなった鉄筋を売って欲しいと交渉に当たるものの、公定価格以上でなければ鉄筋は売らないと追い返されてしまうのでした。

その頃、婦人会では「興亜建国パン」を作り小学校に納めることになりました。子供たちのためならとパンづくりを引き受けため以子でしたが、帰宅後、その材料を見て言葉を失いました。いくら考えても美味しいパンは出来そうになかったのです。

<<前回99話 | 次回101話>>

『ごちそうさん』第17週 第100回 再放送レビュー

2017年1月26日(木)放送

今週の月曜日の段階では「元気なおばちゃん」だっため以子が今回はすっかり「しなびたおばちゃん」に。

そんなめ以子の心の中をあらわすかのように西門家の食卓は日に日に粗末になり、今回はついにご飯にソーメンを混ぜたものとお茶だけ。

悠太郎の浮気騒動の折のこと。悠太郎を家から追い出すと決めため以子が「最後の食事」として作った料理が朝から贅沢だったこと!

食卓に所狭しと並べられた料理の数々。これ以上、料理を並べる場所がないほどの量だったことをよく覚えています。

しかし、今回の食卓はスキマだらけ。

夫の浮気で大騒ぎしていたあの頃。実は平和で良い時代でした。

『ごちそうさん』第17週 第100回 「贅沢はステーキだ」
 感想

ぬか床おばあちゃんのナレーションで判明!泰介から「お母ちゃん大丈夫?」と心配されるようなめ以子の虚脱状態の原因は源太出征でなくイチゴがなくなったこと。

状況はまるで異なりますが、東日本大震災直後にスーパーマーケットから商品がほとんどなくなってしまったこと。都内の地下鉄の駅がどこも真っ暗だったこと。電車が間引き運転されていたこと。

いずれ復旧するのだろうとはわかっていてもずいぶん寂しい思いをしたことを思い出しました。特段、生活が困るほどの状況でないのにあれほど悲しかったのだから、先の見えない戦時中の不安はどれほどだったことか。

震災前だったら、め以子の気持ち、というか、この時代に苦労された人々の気持ちはわからなかったかも知れないと思ったことでした。

話しが前後しますが、朝、西門家を出発する希子ちゃんが、昔、源太のことが気になっていたことを告白。この告白にどういう訳か妙に反応した悠太郎、いきなり地雷踏みましたね。

「昔の話が一番タチ悪いんですよ」

思いっきり笑わせてもらいました。ごちそうさんでした。(笑)

<<前回99話 | 次回101話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ