ちりとてちん 128話 正平の本心、勇助初高座

連続テレビ小説(朝ドラ)『ちりとてちん』
初回放送:2008年3月3日(月)放送
再々放送:2014年3月10日(月)放送
第23週 第128話 「終わりよければ滑ってよし」

『ちりとてちん』第23週 第128回
「終わりよければ滑ってよし」あらすじ

ある日、磯七が徒然亭一門を居酒屋・寝床に集めると、勇助が初高座を踏む機会に出来ないかと、散髪組合の落語会の話を持ちかけてきました。都合のつかない草々の代わりに小草若が名乗りを上げ、磯七も小草若の「小」がとれる瞬間を見たいと歓迎しました。

その頃、小浜の実家では正平が「塗箸は継げない」と言い出したために、父・正典と正平の二人の関係がぎくしゃくし始めていました。二人を見かねた糸子は、正平が本当にやりたいことは海外留学であることを正典に告げました。

正平は自分が望んでいる恐竜の研究をするには博士号の学位が必要だが、そのための留学には多額の費用が必要なので諦めていると明かしました。初めて正平の望みを知り、父親として相談してもらえなかったことが悲しい正典。

その頃、徒然亭では草々が草若師匠の代から支えてくれた磯七のためにも初高座をしっかりつとめよと勇助に言い、勇助も「はい」と返事をしていました。しかしその「はい」もまた嘘だということに草々も喜代美も気付いていませんでした。


『ちりとてちん』第23週 第128回
「終わりよければ滑ってよし」感想

長男だからといって無理に継ぐ必要はないと気遣いしながらも、塗箸づくりに挑んでみることにした正平。手先が器用なので、初心者離れした出来映えが正典を喜ばせてきましたが、結果としてこれがアダとなったみたいです。

嬉しくてたまらない正典と反比例するかのように日に日に浮かない顔をする正平がずっと気になっていましたが、塗箸を継ぐ気持ちはなかったのが本当のところだったようです。それがための浮かない顔。

塗箸を継いでくれるものと思い込んでばかりいた正典だけに、思いもよらない正平の「継がない」という言葉は正典にはかなりこたえた筈。しかし胸にしまい込んでいた息子への落胆がここに来てついに爆発。

継がないことが気に入らないわけじゃない、継ぐ気もないのに塗箸を触ってほしくないという正典に、売り言葉に買い言葉で、正典のすすめられるままにやってみただけと言い返す正平。

継ぐ気がない者は触るなというのは、継ぐ気がない者は穢れた者=人格を全否定されるような言い方で、これは正平には厳し過ぎるかも。裏返せば、そこまで言ってしまうほど正典の落胆が深かったということなんでしょう。

他にやることもなかったと正平が一言付け加えたのがまずかったみたいで、話しは塗箸から大学卒業後に就職しないことにまで及んでしまいました。就職しないのは普通のことだとすかさず入った小次郎叔父のフォローは笑えました。

塗箸問題から正平のやりたいことに飛び火した親子論争。正典の「お前一体何がしたいのや」という問いかけに糸子が「正平は外国の大学に行きたいんや」とフォローを入れ正平もここに来てついに自分の胸の内を語りました。

恐竜の研究をするための博士号取得を目指す留学。かつて正平が海外の大学のパンフレットを引き裂いた時、僕はてっきり夢は棄てたものとばかり思い込んでいたのですが、まだまだ諦め切れていなかったんですね。

正平の希望を初めて聞かされた正典は「結局はどうにもならんかったかもしれん、それでも一言相談ぐらいしてもいいだろう」父と子なのだから何でも言ってほしかった、父なのに子の悩みを知らなかった。正典は悲しかったでしょう。

正平は「ごめんな、お父ちゃん」とだけやっとの思いで言って家を出て行こうとすると・・・小梅が服をひっぱってストップ。正平のリアクションを先回りして読んでいたとしか思えない小梅の素早い動き。

「外側取り繕うとも、中まで変わりませんなあ、こねして衣装までつけんとはみ出すことも出来んのやさけなあ」

まずはちょっとばかり手厳しい言葉を、正平に投げかけた上で「塗箸つくる正平に喜ぶお父ちゃんを見て、言い出せなかったんやなあ」と、正平がどれほど父親思いかをよく知っている小梅は、その点をしっかりと認めてあげました。

そんな父親思いの美点がアダになって、父親に自分が本当にやりたいこと、塗箸は継ぎたくないことが言いだせずそれで苦しみ続けていた正平を、現段階ではそれがわかない正典から守る小梅、僕もこんな優しいおばあちゃんが欲しかった。

<<前回127話 | 次回129話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ