ちりとてちん 134話 小草若失踪、草若三周忌

連続テレビ小説(朝ドラ)『ちりとてちん』
初回放送:2008年3月10日(月)放送
再々放送:2014年3月17日(月)放送
第24週 第134話 「蛇の道はヘビー」

『ちりとてちん』第24週 第134回
「蛇の道はヘビー」あらすじ

勇助の、小草々の名での初高座は盛況のうちに終わったものの、その日トリを務めるはずだった小草若は病気で欠席。その頃、小草若は四草から登校拒否の子供みたいな真似をするなら落語などやめたらどうかと詰られていました。

一方、小浜の実家では、父の正典が恐竜博物館の学芸員になる方法を見つけ、正平は改めて恐竜研究の道を歩むことを決意。その頃はA子も、小浜の知名度を上げるべく塗箸のデザインに取り組み始めていました。

ある日、徒然亭一門の落語会を居酒屋・寝床で開く話しが持ち上がりました。草若師匠の高座復帰一周年を記念した「復活寝床寄席」で、今度こそは小草若の『はてなの茶碗』でトリをつとめてもらおうと期待する草々や喜代美。

しかし「復活寝床寄席」当日、小草若は居酒屋・寝床に姿を現しませんでした。その日以来、小草若は失踪。2002年春、草若師匠の三周忌を迎えた時も、小草若は失踪したままでした。


『ちりとてちん』第24週 第134回
「蛇の道はヘビー」感想

散髪屋さんの落語会、小草若はどうやら仮病で欠席。四草もいい加減呆れた様子で「登校拒否の子供みたいな真似して、やめてしまったらどないですか。草若の名前につぶされそうなら、楽になったらいい、誰も文句言いませんよ」

小草若、いよいよ追い詰められてきました。四草、これまでさんざん小草若に毒ついてましたが、やめろとまで言ったのはもしかすると初めてかも知れません。少なくとも誰も文句を言わないなどという物言いはこれが初めて。

一方で、小浜の皆さんには明るい日差しが差し込んできていました。正典・正平の父と息子は和解。

正平は「留学みたいな途方もないこと考えるのが怖かったのかも知れない、ほやさけ、家の事情のせいにして逃げとったのかも知れん」と、相変わらず自分にストイックな姿勢を崩しません。

勝山の恐竜博物館の学芸員になる夢に改めて歩み始めることを決心した正平、就職してためたお金で留学して博士号を取ると今後の計画を話す正平に、正典が教職免許があれば学芸員になれる教員枠を紹介。

「知らんかったんか、たあいないのお。ほやさけ、はじめからお父ちゃんに相談すれば良かったんや」

正典お父ちゃん、もちろん寂しい気持ちもあるでしょうが、でも息子が望む道をつけてあげられたことで、晴れやかな笑顔。

もう一方の和田家では、A子のお母さんは無事に退院。A子も挫折で傷ついた心が癒されたようです。小浜が塗箸の町として多くの人に知ってもらえるように私にもやれることやりたいと塗箸のデザインをスタート。

そんな気持ちを持たせてくれる故郷があるって、いいですね。

話しが小草若に戻りますが、年末に予定されていた「復活寝床寄席」もすっぽかして失踪。時は流れて2002年春の三回忌。父の三回忌にすら失踪したままって、小草若どこに行ったのでしょうか。

<<前回133話 | 次回135話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ