ちりとてちん 135話 草若襲名を固辞する草原

連続テレビ小説(朝ドラ)『ちりとてちん』
初回放送:2008年3月11日(火)放送
再々放送:2014年3月18日(火)放送
第24週 第135話 「蛇の道はヘビー」

『ちりとてちん』第24週 第135回
「蛇の道はヘビー」あらすじ

小草若の行方がわからないまま執り行われた草若師匠の三回忌の法要の席に、突然、天狗芸能の鞍馬会長が現れました。鞍馬会長は亡き草若悲願の常打ち小屋を、誰かが草若を襲名し「草若襲名披露興行」を開くことを条件に考え直してもいいと言い残しました。

小草若が帰るのを待つと言う草々に対して、草原は一門のこと、上方落語界のことを真剣に考えるならば、身がちぎれるような選択をしなければならない時があると、暗に小草若を切り捨てることをほのめかします。

草々にとって小草若は特別な存在。しかし断腸の思いで草々が仏前に草原が襲名することを報告するも、気の小さい草原は「襲名」という言葉に恐れをなして固辞。草々に襲名しろと言い出す草原に、四草は自分に襲名させてくれと言い出し一同を驚かせます。

草若の名前をもらえればご祝儀も高座の仕事も増える。だから草若の名前をくれと草原に詰め寄る四草は、草原が襲名するのでなければ自分は納得出来ないと主張。弟子たちで激論を重ねた末、ついに結論を得られない徒然亭一門でした。

『ちりとてちん』第24週 第135回
「蛇の道はヘビー」感想

草若師匠の実の子である小草若が襲名すべきところ本人は失踪。順番で言えば草原が襲名すべきところ、今度は草原が固辞。襲名という「どでかい花火」など緊張して自分には無理だと。

草々に白羽の矢が立つと、今度は四草が二番弟子が襲名できるのなら自分も襲名の権利はあるはず。襲名すれば収入も増えるので、その名前を自分にくれと言い出す四草。

分野問わず時折耳にする「襲名争い」は四草みたいな利害が横並びして争うある意味シンプルな争いとなりますが、徒然亭の「襲名争い」は単純に利害の対立でないところが実に難しい。

視聴者をあっと言わせるようなまさかの解決策がこの先に用意されているのでしょうが、こんな複雑な状況をつくってそれを解決し感動にまで持って行く・・・一体、どんな過程を経てこの物語は作られたのでしょうか。

作劇術が気になってしまう135話でした。

<<前回134話 | 次回136話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ