ごちそうさん 111話 希子の苦悩

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年2月12日(水)放送
第19週 第111話 「貧すれば うどんす」

『ごちそうさん』第19週 第111回「貧すれば うどんす」
 あらすじ、ネタバレ

め以子が、誰にも知られず食糧の備蓄を着々と進め蔵の中に大量の食糧を買い込んでいたことに感心する悠太郎。地下室をつくってほしいというめ以子に、蔵の下が地下室になっていることを悠太郎は教えました。

闇業者を使っていたことが表沙汰になってから、め以子は配給で嫌がらせをされるように。機嫌をとるために大切な鍋を婦人会の金属供出に出すことにしため以子でしたが、防空演習でついに大げんかをしてしまいます。

一方希子は、戦意高揚を目的とした自分のラジオ番組を聞いた視聴者の一人から葉書を受け取りました。その番組を聞いて息子が少年兵に志願したという母親からの手紙を呼んで、希子は思い詰めてしまうのでした。

落ち込んだ希子が家に帰ると、め以子が昼間の喧嘩の愚痴をお静にまくしたてているところでした。怒りがおさまらないめ以子は、人にごちそうすることを金輪際やめると宣言しました。

<<前回110話 | 次回112話>>

『ごちそうさん』第19週 第111回 「貧すれば うどんす」
 感想

2月に入り『ごちそうさん』の最終回が気になり始めるネットユーザーが増え、最終回予想の議論がにわかに活気づいてきました。当ブログでも今日から最終回予想をはじめたので、よろしければご覧ください。

さて、最終回予想で、最も多くの人が気にしているのは満州に派遣された悠太郎は戦死するのではないかということ。

反戦がテーマの物語であれば、主要登場人物の戦死は避けて通れませんが、『ごちそうさん』は反戦ものではないので、悠太郎の戦死はないかなと予想しています。

そして、今回111話。やはり戦死はないかもという思いを強くしました。

反戦がテーマであれば、金属供出の場面などは重く暗く、どれだけ庶民が苦しい生活を強いられたかということを強調する演出になりがちですが、日米戦の戦時下の金属供出を今回ほど可愛らしく描いた例はこれまで見たことがない。

「この子は洋風の煮込み料理の時に底力を発揮」
「この子は酸味のある物の時にいい働きをする」
「この子はとにかく万能で働き者」

反戦ものではあり得ないお茶目な金属供出シーン。このテイストを最後まで保ち続けてくれるのではないかと思いました。

<<前回110話 | 次回112話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “ごちそうさん 111話 希子の苦悩”

  1. nana より:

    汚名は返上だと思います。

    • hublog より:

      ご指摘ありがとうございました。
      「挽回」だと全く異なる意味になってしまいます。
      早速訂正させて頂きました。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ