ごちそうさん 114話 共同炊事

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年2月15日(土)放送
第19週 第114話 「貧すれば うどんす」

『ごちそうさん』第19週 第114回「貧すれば うどんす」
 あらすじ、ネタバレ

ラジオ番組の自作の朗読で、室井は結末を即興で変更。そのことで検閲官が大騒ぎをはじめるものの、川久保と希子が機転を利かし事なきを得ました。帰宅して、泣いている桜子を笑わせたかったと告げる室井の言葉に桜子は嬉し泣き。

室井が即興でつくった結末の「一つの鍋」という言葉からヒントを得ため以子は、婦人会で余った食材を持ち寄った「共同炊事」を提案。催しの場所には「うま介」の空き時間を使わせてもらうことになりました。

折もよく、梅肉エキスのお礼にと竹元からカレー粉が届けられ「共同炊事」でカレーうどんをつくることになりました。め以子は喧嘩していた婦人会の高山とも仲直り、め以子と闇業者の関わりを密告したの者も明らかになりました。

一方、地下鉄工事の中止が決定となり落胆する悠太郎。その夜、竹元から送られて来たカレー粉の壷の中に、悠太郎に宛てた手紙が入っていました。そこには、「妥協の産物」だった地下鉄工事中止を祝福する内容が記されているのでした。

<<前回113話 | 次回115話>>

『ごちそうさん』第19週 第114回 「貧すれば うどんす」
 感想

室井さんがラジオ番組の朗読で検閲官の前で暴走。事前発表のあらすじでも、川久保夫妻の機転で難を逃れることが出来たとしか知らされていなかったので、室井さん一体どうなることかと心配していました。

前回では役人が居眠りをしていましたが、川久保さんがあれを巧みに利用。加えて、弁が立つ希子ちゃんの詭弁が素晴らしい。

映画監督の故・黒澤明氏は、ご本人の言葉を借りれば「時局に適当に迎合しながら」戦時中は国策映画を撮影したり脚本を書いたりしていました。にも関わらず当時の検閲官は重箱の隅をつついては執拗に絡んできたとか。

その執拗さは「異常」と言っても過言ではないほどのものだったそうで、それを知っていただけに余計にドキドキしてしまいました。

話し代わって、見た目とは裏腹に気遣いの人・竹元教授。初登場した頃のめ以子の父・大五さんへの気遣い、悠太郎の父・正蔵さんへの気遣いに続いて今回。ずっと一緒に仕事をしてきて無理難題を言い続けてはきましたが、地下鉄建設中止をどこかで知って悠太郎が落胆したことだろうと察したんでしょう。

<<前回113話 | 次回115話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

One Response to “ごちそうさん 114話 共同炊事”

  1. あっちゃん より:

    面白い

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ