ごちそうさん 120話 活男の出征

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年2月22日(土)放送
第20週 第120話 「私の大豆な男の子」

『ごちそうさん』第20週 第120回「私の大豆な男の子」
 あらすじ、ネタバレ

「兵隊さんの『ごちそうさん』になりたい」という活男の固い決意を知っため以子は、ついに息子の海軍入隊を認めることにしました。そして活男が主計科に配属されるよう、め以子は父の大五に協力と助言を求め、大人数向けの大量調理の訓練を開始しました。

大五からの手紙に記された助言で、活男の調理人としての特訓がはじまりました。特訓用の食材を農家で交換してもらうべくめ以子は自分の着物を準備。そして、大量調理に耐えられるよう手首を鍛え、おむすびを素早く握る訓練などを積みます。

出征祝いを派手に開くことが憚られるようになっていたこの頃、活男の出征祝いは源太や桜子たちだけが集まって「うま介」でひっそりと行い、また出発当日の朝食を西門家の出征祝いとすることになりました。

活男が旅立つ当日。その日の朝、め以子と活男は二人並んで厨房に立ち最後の朝食にオムレツを一緒に作ります。家族揃っての朝食を終え、門前で家族に見送られる中、活男は旅立ってゆくのでした。

<<前回119話 | 次回121話>>

『ごちそうさん』第20週 第120回 「私の大豆な男の子」
 感想

今年に入ってからの『ごちそうさん』、幼少の頃も含めて活男くんのお母ちゃんへの甘えっぷりを見るのが楽しみのひとつだったので、それが来週から見れなくなるだけで寂しかったのに、これですからね。

「かっちゃんはここに残って私の世話をするんだよ」

ぬか床おばあちゃんが、すべてを代弁してくれたので、この言葉をもって今回の感想とさせてもらいます。辛過ぎて書けません。

話し変わって、横浜DeNAベイスターズの中畑清監督がメディアの前で語った今回の『ごちそうさん』の感想が、ニュースとして配信されています。

「『ごちそうさん』を見たか?。きょうは何回泣いたか。一番小さい子が出征する。たまんなかったよ。思いっきり泣いてきました」

また、食料の入手が困難な時代が背景になっていることについて「ハングリー精神を考えるにあたって、素晴らしい作品だよ」と賞賛。

そして「ハングリー精神が大事だ。オリンピックでも、金メダルを取れるかどうかはそこだと思う」と話しを結んだそうです。

<<前回119話 | 次回121話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ