ごちそうさん 132話 活男戦死

連続テレビ小説(朝ドラ)『ごちそうさん』
2014年3月8日(土)放送
第22週 第132話 「い草の味」

『ごちそうさん』第22週 第132回「い草の味」
 あらすじ、ネタバレ

活男の死亡告知を受け取った夜、灯火の消えた暗い部屋で一人呆然と食事をしていため以子は、突然家を飛び出しました。め以子を追おうとするハナを、自分はこれくらいでは死ねなかったと言って和枝が引き留めます。

夜道をさまようめ以子は落としてしまった悠太郎の手紙を拾おうとして崖から転落し動けなくなりました。星空を見上げながら空腹を感じ始めるめ以子は、活男のもとには行けそうもないと息子に語りかけました。

ハナの父が山中で道に迷ったというめ以子を見つけて和枝のもとに連れて来ました。め以子を畑まで引きずってゆく和枝。枯れてしまった作物は「あんさんが殺したんや」と和枝から言われるめ以子は、その場で泣き崩れます。

それからのめ以子は黙々と畑仕事をこなし、たった一人の生活を続けてゆきます。季節は春から梅雨になり、そして夏を迎えました。昭和20年8月、和枝の家に集まった村の人々とともにめ以子は「終戦の詔勅」を聞くのでした。

<<前回131話 | 次回133話>>

『ごちそうさん』第22週 第132回 「い草の味」
 感想

「子供を亡くすいうのは、慣れるのに十年、二十年、人によっては一生かかる。それは覚悟しといたほうがよろしいで」

和枝姉さんが男の子を亡くした頃の状況から考えて、こんなことを教えてくれる人なんて周りには一人もいなかったでしょうから、終わりの見えない断末魔の苦しみでどれほど辛い思いを続けてきたことか。

子供を亡くしたばかりのめ以子に、甘い顔ひとつ見せず厳しいことを言うようですが、これから苦しみが長く長く続くとあらかじめ分かっているだけで少しは救いになるのかも知れません。

ところでこの台詞がすごいと思ったのは、長時間かかるのは子供を亡くしたことを「克服」することでなく「慣れる」こと。その昔、次男を交通事故で亡くした親戚が、息子がいなくなった状況を慣れるまで十年以上かかっていましたが終生克服することは出来なかったことを思い出しました。

さて、和枝姉さんは、一緒に食事してほしいと甘えるめ以子に、

「見送って見送って最後は一人になるお人や、一人に慣れはったほうがええ」

これも厳しく突き放すような言い方ながら、め以子の数十年先のことまで心を配っているなんて。しかも、いけずしながらしっかりとめ以子のことを観察していたんでしょう。

前回の泰介の母親思い、そして今回の和枝姉さん。和枝&泰介の仲良し二人組(?)のめ以子への深い愛情が心に沁みる第22週でした。

戦争も終わり、和枝学校の鬼の特訓で鍛え上げられため以子のパワーが来週から炸裂。今週、姿を見せなかった登場人物たちとも焼け跡の中で次々と再会を果たし、また賑やかになるみたいで、来週以降が楽しみです。

ただ一つ残念なことがあります。

それは、もうすぐ終わってしまうこと。

<<前回131話 | 次回133話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “ごちそうさん 132話 活男戦死”

  1. cecil より:

    いつも楽しく?読ませていただいております。ありがとうございます。
    私、西門家の頃から和枝姉さんのファンです。もちろん初めは的を射貫く!いけずに驚愕していましたが、詐欺師にこれまでの自分を語った回から、素敵な人だなと感じ、大好きになってしまいました。
    『和枝姉さん語録』欲しいですね
    (*^o^*)

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      和枝姉さんは、今はもちろんですが、見ているのが苦しくなってしまうような強烈ないけずの頃でさえも、間違ったことは一つも言ってませんでしたからね。不幸に見舞われなかったどんな人になっていたんだろうとよく考えます。

  2. MM より:

    この回の話を見て、杏ちゃんが主人公のガールフレンド役で出ていた。「サムライ・ハイスクール」を思い出しました。ググって改めて調べてみると、なんとキムラ緑子さんやムロツヨシさんも、出ていました(!)

    そのドラマが杏ちゃんを見た最初だったんですが、すごく印象に残ってて、後ろに結ったヘアースタイルが「お侍さんみたいだなあ」と思いました。今回、乱れた髪で和枝に「いっしょにご飯を食べて」とお願いするシーンが似てました。その後、黙々と畑仕事に励み、部屋でひとりでいるときは自分のこれまでの人生をふりかえるさまは、修行僧や宮本武蔵のごとくで、かっこよかった。こんなシーンも入れてしまう森下脚本、おそるべしですね。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      終戦までのたった一人の日々、「修行僧や宮本武蔵」とはすごいたとえですね!修行の成果が翌週にどのように現れて来るのか楽しみですね。

  3. スナフキン より:

    放送の死亡通知の文面でわかりましたがググってみたら地下鉄のエピソード同様、3月18日沖縄西方面の戦艦が魚雷攻撃で沈み乗組員が全員戦死というのは史実らしいですね

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      史実とお教え頂き当方でも調べてみましたがむごい最後だったようですね。

  4. Nic より:

    最新情報の掲載、いつも有難うございます!
    今週の活男君の出征回、涙・涙でした。
    22週に起こる事を想像するとツライですが、
    最終的に”亡くなったと思っていたら実は生きていた”という
    ハッピーエンドにならないかな・・・と期待しています。

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      最終週直前の24週までのネタバレを完了したのですが、最後の最後までめ以子は活男くんの戦死通知を信じようとしません。まさかの結末もあるかも知れませんね。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ