まれ 5話 夏祭の危機/ケーキ壊す

連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年4月3日(金)放送
第1週 第5話 「魔女姫バースデーケーキ」

『まれ』第1週 第5話 「魔女姫バースデーケーキ」あらすじ

夏祭りの開催が危ぶまれる危機に陥りました。曳山の担ぎ手が集まらず、夏祭りを開くことが困難な状況となってしまったのです。夏祭りをこよなく愛する元治は、祭りを中止にしたくない一心で村役場の博之に抗議をするものの状況を覆すことが出来ません。

塩田で作業しながら、元治は徹に村中がひとつになる夏祭りの様子を話して聞かせました。元治の話を聞いて徹は夏祭りをひらくべく動き始めました。夏祭りに人を集める企画書を村役場の博之に持ち込むと、徹は必死で説得をはじめます。

一方、元治と文の息子・哲也から電話が入りました。祭りのタイミングに合わせて帰省すると言うのです。しかし文は哲也の申し出を一蹴。出て行った者には頼らない。自分の生きる場所は自分で守ると文は宣言しました。

その文の言葉を聞いた希は、笑顔の絶えない家族がほしければ自分が家族を笑顔にしようと決意。希と徹の誕生日ケーキを独力で完成します。しかし、夏祭りの開催に向けて奔走し泥酔して帰宅した徹が転倒し、希のケーキを壊してしまうのでした。

<<前回4話 | 次回6話>>

『まれ』第1週 第5話 「魔女姫バースデーケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

津村一家は、自己破産するなど何かと厄介な問題を抱えてはいるものの、少なくとも今のところは家族関係がこじれているほどではない。そんな津村一家を迎える元治と文の桶作家。厄介な問題はないものの、息子との間に心の距離があるようです。

一方、夏祭りの存続が危ぶまれる事態に。夢追い人というのはこうした有事に血が騒ぐ性質を持っているのか、徹がこの問題を解決しようと突然行動を開始。何故、徹は夏祭りの存続に動き始めたのか。

それは、最愛の娘のためでした。娘からは自分が反面教師にされていることを気付いているであろう徹。それでも尚、娘の喜ぶ顔を見たい一心で夏祭り中止という事態を阻止するために活動する娘を愛する父親の姿が泣かせます。

しかし、夏祭りの存続活動で酔っぱらって帰って来た徹は、希が久しぶりに作ったデコレーションケーキに激突。徹の残念ぶりが原因で封印した夢を久しぶりに解いてつくったケーキ。そのケーキに、あろうことか徹は激突。徹の娘への愛情は、希にしっかりと理解してもらえるのでしょうか。

『まれ』第1週 第5話 「魔女姫バースデーケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

誕生日のケーキを避けてきたのは、取り返せない日々を思い出したくないから。希ちゃんの夢を封印した本当の理由が泣かせます。

夢が嫌いになった理由は、夢が人を貧乏にするからでなく、夢が取り返せない日々が楽しかったことを思い出させるから。希ちゃん11歳、この年齢にして振り返ることが出来ない過去があるとは悲し過ぎです。

この本当の理由を知って、朝ドラ『ちりとてちん』の草原兄さんを思い出しました。物語前半、落語のことなど思い出したくもないと言い張る草原兄さんに、思い出しくないのは落語ではなく、落語が楽しかったことではないかと奥様が図星を指す。

草原兄さんは、落語を思い出したくないと考え続けるうちに、自分は落語が嫌いと錯覚に陥ってしまった。しかし奥様の一言でようやく草原兄さんは錯覚に気づく。

希ちゃんの「夢が嫌い」というのも錯覚かも知れません。幸せだった日々の記憶が蘇らないように心の蓋に置いた重石が「夢が嫌い」という大義名分。この「夢が嫌い」が錯覚だったと希ちゃんが気付くのはいつ頃のことなんでしょうか。

▼ポイントレビュー
・夏祭りを語る元治さんと聞く徹さん、お互いに心が通いはじめているような気がします。さすがに「匂い」が同じだけのことはあります。
・影が薄いとはっきり言われてもニコニコしている高志くんがけなげ。
・ダメなお父さんがいつの間にか村の面々を率いて歩いてる!

<<前回4話 | 次回6話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


3 Responses to “まれ 5話 夏祭の危機/ケーキ壊す”

  1. けんたろー より:

    初めて書きます。まれ5話でガッツさん演じる角さんがバナナを食べるシーンがゴリラみたい(多分意識して演じてらっしゃるんでしょうけど)で大爆笑しました。まれは、大ヒットの予感がします。

  2. えびすこ より:

    桶作家も紺谷家もどうやらわけありですね。
    ところで電話での話し相手の桶作夫妻の息子と言う人はこの先出てきますかね?
    今の所、能登の土地柄に1番順応できているのは一徹くんですね。
    しかし、まれは第1週目なのに1日ごとに事態が動きますね。
    反対に言うと花子とアンやマッサンが1週間かけて状況が動いた時期があった反動かも?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      桶作夫妻のご子息はこの先に登場し一騒動起こすようです。一騒動の末には馬鹿馬鹿しさを極めた場面も用意されています。

      > 花子とアンやマッサンが1週間かけて状況が動いた時期があった反動かも?

      ご高察の通り、それはあるような気がします。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ