まれ 10話 藍子が離縁宣言/希の夢

連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年4月9日(木)放送
第2週 第10話 「告白シュークリーム」

『まれ』第2週 第10話 「告白シュークリーム」あらすじ

徹が能登に戻った翌朝、徹は改めて再起の約束を反古にしたことを希に謝罪しました。しかし希は徹の謝罪を受け入れることが出来ず、藍子がどんな気持ちで徹の不在の六年間を過ごしていたのかを徹に訴えました。

徹のことを考えず就職に集中しようと気を取り直した希は、就職試験の願書を受け取りに市役所へ足を運びました。希はそこで思いがけず圭太と遭遇。圭太は市役所の職員をしている父・博之に何かを懇願している様子です。

市役所からの帰り道、希の夢嫌いの理由を知った圭太は、夢に背を向ける希を罵ったことを詫びました。夢がいいものだと分かっていてもトラウマがあるから怖いと説明する希に、圭太は言いました。夢は誰でも怖いが、忘れられないから夢なのだと。

そんな中、弥太郎はキリコを祭りには出せないと言い出しました。キリコの塗りが剥げていたのです。圭太は修理を申し出、弥太郎はそれを受け入れます。そして夏休みに入った直後のある朝、みのりが希のもとに転がり込んで来ました。家出して来たと言うのです。

▼関連記事
希の結婚相手は圭太?恋の行方ネタバレと予想

<<前回9話 | 次回11話>>

『まれ』第2週 第10話 「告白シュークリーム」
 事前発表あらすじのレビューと解説

藍子から離縁を言い渡された徹。本来なら追い返されるところですが、藍子も居候の身。元治、文の温厚さに救われ、徹は辛くも路頭に迷う事態だけは避けられました。しかし廊下暮らし、飼い猫扱いです。

希は、徹に対して顔では怒っているものの、実は父が戻って来たことが嬉しい。よほど父のことが好きなのでしょう。一方、同じ父親を持つ姉弟でありながら弟の一徹は、だらしない父親に複雑な思い。

男の子というのは、父親よりも母親になつく傾向があるので、弟の一徹は大切な母を苦労させ続けて来た父親の存在を簡単には許すことが出来ないのかも知れません。津村家の父と息子の関係、父不在の少年期を送った一徹の心への悪影響が心配です。

さて、今回は希が思いがけない本心を口にします。子供の頃から封印していたケーキ職人になる夢を実は捨てきれずにいたのです。徹に腹を立てつつも嫌いになりけれないのはやっぱり似た者父娘だからなのでしょう。

どこが似ているのか。もちろん「夢追い人」である点です。また、徹と希の父娘の誕生日が同じ8月10日に設定してあるのも、二人が似た者父娘であることを暗示しています。

ところで今回、博之が再登場。第1週で外浦村の役場にいた公務員は圭太の父親でした。そして、圭太の父・博之さん、祖父・弥太郎。紺谷家の三代にわたる男たちの関係は真ん中に位置する博之を軸にねじれが生じています。

ゆくゆくはこのねじれの解消も、物語の見せ場の一つになりそうですね。ところ、この超がつくほどの堅物の博之。その堅物ぶりは後々になって別のところで発揮されます。市役所勤務の博之は希ちゃんの上司に。しかもただの上司でなく天敵上司です。

『まれ』第2週 第10話 「告白シュークリーム」
 朝ドラ観賞後の感想

前回、過剰なまでに騒いだ100円賽銭騒動がきれいに回収されました。今の津村家の家計にとって100円の賽銭は贅沢過ぎると希ちゃんが説明。その直後の、100円という大枚をはたいて神様に感謝する藍子さんの姿が胸を打ちます。

希ちゃんは藍子さんの眼を盗んでおにぎりを徹さんに差し入れ。口を極めて徹さんを避難する希ちゃんの言葉は手厳しいながらも、徹さんから愛情をたっぷり育ったがゆえに父を見放しきれない希ちゃんが切ない。

一方、一徹くんが心配です。父親に「徹くん」・・・完全に見限ってます。この年代の男の子らしく父親を激しく非難せず、冷静に親が子を諭すような一徹くんの態度が怖い。津村父子の心の溝がこの先さらに深く広くなってしまうのか心配です。

津村家の騒動に続いて、紺谷家の弥太郎・博之・圭太の三代にわたる親子関係のねじれの一端が手際良く紹介されました。圭太くんは父の博之さんに何かを相談したいものの、理由をつくっては倅の相談に耳を貸そうとしない博之さん。

その一方で、キリコの塗り直しを買って出た圭太くんでしたが、親父が許していないことを俺が許す訳にはゆかないと孫を質す弥太郎さん。弥太郎さんの工房に圭太くんが足を運んでいることを博之さんは許さない、または面白く思っていないらしい状況が見え隠れ。

親父(博之)が許していないことを俺が許す訳にはゆかないと、弥太郎さんが自分の倅のメンツを立てることに父として愛情を感じずにはいられません。しかし博之さんの、父・弥太郎さんへの敬意や愛情が今ひとつ見えてこない。

弥太郎・博之の紺谷父子の関係も、徹・一徹の津村父子同様、心配です。

<<前回9話 | 次回11話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


4 Responses to “まれ 10話 藍子が離縁宣言/希の夢”

  1. koji より:

    藍子の賽銭箱のなけなしの大枚の100円の想いを希が徹に涙ながらに語るシーン。。。

    本来なら観ていて泣けるシーンの筈なのに何故か泣いてない自分がいました。。。


    マッサンに涙を全部

    奪われてしまったからなのかな?(^。^;)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      僕も涙を奪われた口ですが、その反動で笑いへのフラストレーションがたまっていたみたいです。今は安心して笑いを楽しんでいます。

  2. えびすこ より:

    一家の和解にはまだ遠いですね。
    今日の放送で一徹の「(地方予選の)試合に負けた」と言う趣旨のセリフがあったので、今は夏休み前の7月上旬かな。
    やはり希は性格がアキとは違う気がしますね。
    朝ドラから話がそれますが、今日から放送が始まる「かぶき者慶次」。
    この番組の主人公の前田慶次郎。
    彼も金沢に縁がある人ですね。

    >kojiさん
    近況報告ありがとうございます。
    土屋さんは「朝市」によほど縁がある人か、と思いました。
    遠からず後番組の「あさイチ」にも出そうですね。
    昨日の関東は冬に戻った気候でした。
    テレビで桜が咲いているのに雪の金沢城を見ました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 一家の和解にはまだ遠いですね。
      特に一徹くんは、鴨居家や森野家、西門家みたいなことにならないといいですが。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ