まれ 16話 幸せ貧乏家族出品し惨敗

連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年4月16日(木)放送
第3週 第16話 「卒業ロールケーキ」

『まれ』第3週 第16話 「卒業ロールケーキ」あらすじ

ケーキ・コンテスト「ロールケーキ甲子園」がはじまりました。能登で、ただで手に入る食材だけを使い、節約と美味しさを両立させた「幸せ貧乏家族」を完成。隣り合わせの参加者からもケーキの出来映えを褒められ、希は仕上がりに満足していました。

そしてコンテストの結果発表。希は自作に自信満々だったものの、コンテストの結果は惨敗。入賞すら出来ませんでした。コンテスト後、希は審査員の一人に尋ねます。自分には見込みがあるかと。その審査員は、見込みはないときっぱり言い放ちました。

悔しさを噛み締めながら希は輪島に戻って来ました。希が一子が戻るのを待って高校の教室にいると、忘れ物を取りに来た圭太がやって来ました。希の顔色を見てコンテストに敗れたことを察した圭太は、自分が輪島塗が好きになった理由を語り始めます。

オーディションを終えた一子が帰ってきました。希とは逆に、一子は東京で頑張ることが自分に満足しきった様子です。その夜、希があわてて帰宅するや否や、待ち構えていた藍子は希の頬を打ち、親に隠し事をしたことを叱責するのでした。

<<前回15話 | 次回17話>>

『まれ』第3週 第16話 「卒業ロールケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

子供の頃からケーキ職人に憧れ、見よう見まねでケーキをつくったこともある希は、自分のケーキ職人としての腕前にある程度の自信があった。自信があったからこそ、どれくらいの評価を得られるのかを確認したかった。

能登のこだわり食材をふんだんに使い郷土愛をアピールするなりそれなりの創意工夫もした。ケーキは過去につくった経験がある。家族の絆を表現したテーマも審査員の心を打つに違いない。それくらいは考えていたかも知れません。しかし、結果は散々なものに。

ところで、希に惨敗の判定を下した審査員の池畑大悟は、後々希のパティシエの師匠となる方です。

自分の夢は世間で通用するものなのか、それとも夢でしかないのか。それを確かめるために参加したコンクールの結果は、希に現実を直視せよと語っているかのようです。一方で同級生の夢追い人、圭太と一子は着々と前に進み希ちゃんを焦らせます。

話し変わって、国内外のいくつもの洋菓子コンクールで優勝し「コンクール荒らし」の異名を持つパティシエの辻口博啓氏ですが、意外にも初めて挑戦したコンクールでは惨敗。しかし、敗因と歴代優勝者の作品の傾向を分析。ついに勝利を収めました。

『まれ』第3週 第16話 「卒業ロールケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

希ちゃんの夢の本気さがどれほどのものなのかを確かめられる試練の数々。

コンテストで3位入賞すら果たせなかったことで、子供の頃からケーキをつくり続けて来たという自負は無惨に打ち砕かれ、コンテストの審査員・小日向さんからは、ケーキは不味いと酷評された上、将来の見込みなしとまで言われる。

希ちゃんの希望は完全に途絶えてしまったように見えますが、実は希望の種がひそかに残されているのが救いです。

審査員の小日向さんが見込みがないと言ったのは、希ちゃん本人のことではなく、修行の段階を飛ばして見込みにすがろうとする者のことです。修行さえすれば、希ちゃんにはまだ道が切り開ける可能性が残されているということです。

また、悔しさは本気の裏返しでもあります。自分でも意外なほどに悔しさを感じたのは、自分で自覚している以上に夢に対して本気だということでもあるのでしょう。また、悔しさく思うほどの負けず嫌いなら逆転の可能性は存分に残されています。

一方、圭太くんに聞かされた弥太郎さんの言葉が今日も深い。焼き物は嘘をつかないが、漆は嘘をつく。特に輪島塗は漆を何度も塗り重ねるから、キレイに塗れば使う人を騙せる。騙せるからこそ騙してはならない。

奇しくも『まれ』製菓指導のパティシエの辻口氏が同じようなことをどこかでおっしゃっていました。焼き菓子はごまかしが一切効かないが、ケーキはクリームを塗り重ねることで失敗を隠すことが出来る。そんな意味のことを。

この弥太郎さんの言葉は圭太くんのみならず、希ちゃんのケーキ職人としてのあり方にも大きな影響を与える言葉になりそうです。

▼ポイントレビュー
・将来の希ちゃんの師匠、なかなか癖のありそうな人ですね。本格登場が楽しみです。
・弥太郎さんが漆器は丁寧に手にするのに九谷焼の持ち方がいい加減なのが意外です。
・自作のロールケーキを褒められた時の希ちゃんの妙な身体の動きが可愛い。

<<前回15話 | 次回17話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. koji より:

    えびすこさん、圭太の母親は生きているってのは確かにかもですね。これもまた何か訳ありなのかな?。

    朝ドラ恒例のドボンですが僕は弥太郎さんが「スナック崖っぷち」の「かなえママ」にドボンと言うか溺愛しすぎて我を見失うのでは?と予想しています。

    朝蔵さん、朝ドラの番組名の「ん」の事情、初めて知りました。

    調べてみたら確かに「ん」のつく番組名が多いですね。

    まれの前にも「あまちゃん」「ごちそうさん」「花子とアン」「マッサン」と語尾に「んン」が4作連続でしたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      圭太くんの母親もそうですが、高志くんの両親も気になります。常に温厚で育ちが良さそうなので、案外、資産家のボンボンだったりするかも知れませんね。

  2. えびすこ より:

    酷評されてしまいましたね。
    一子さんも落選してしまい落胆する2人。
    ちょっと滑り出しが困難続きなまれ。
    今後主人公周辺の状況が好転するといいですね。
    さて、朝ドラお約束と言える「海や川に落ちる」場面はあるんでしょうか?

    >Kojiさん
    圭太くんの母親はいま健在のはずですよね?
    死んだとは言っていないと思うので、今どうしているか気になります。
    そういえば二木くんの親もまだ出ていないですね。
    実は1週目で小学生時代の二木くんを演じた子の苗字も「土屋」なんですよ。土屋太鳳さんの身内かも?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 朝ドラお約束と言える「海や川に落ちる」場面はあるんでしょうか?

      なさそうです。『マッサン』の時みたいに「川にドボン」と台詞だけで済ます場面もなさそうです。作品タイトルが「ん」で終るという縁起担ぎともどもやめたのかも知れませんね。