まれ 19話 希の配属先は産業振興課

連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年4月20日(月)放送
第4週 第19話 「さよなら桜もち」

『まれ』第4週 第19話 「さよなら桜もち」あらすじ

2002年(平成14年)4月。高校卒業後、ケーキ職人の夢を断念した希は輪島市役所に就職しました。配属された部署は産業振興課の移住定住班。輪島への転入者を受け入れサポートする大切な仕事に希はやりがいを見いだしていました。

市役所勤務の初日、東京から移住して来た女性・京極ミズハから苦情の電話が入りました。家の前に捨てられたゴミを処分してほしいとの要請に希が駆けつけると、それはゴミではなく近所の人が持って来てくれた野菜でした。

希は野菜を分け合う能登の風習をミズハに説き、野菜の漬け方を指南しようと家に上がり込んでしまいます。それは市役所の業務を逸脱する行為でした。勤務初日早々、希は課長の紺谷から厳しく叱責されてしまいます。

そんなある日、元治と文の息子・哲也が妻と二人の娘を連れて帰って来ました。哲也は姿勢を正すと両親に打ち明けました。能登に戻りこの家で暮らしたいと。喜びを隠そうとしない元治と文でしたが、哲也の次の言葉を聞いて凍り付いてしまうのでした。

「塩田をつぶしてカフェを開きたい」

<<前回18話 | 次回20話>>

『まれ』第4週 第19話 「さよなら桜もち」
 事前発表あらすじのレビューと解説

高校を卒業した希の新生活のスタートです。夢破れて失意の春を迎えた希でしたが、これから輪島に移り住んでくる人たちを受け入れたり、移住の誘致をして輪島をもり立てる価値のある仕事に、希は早速やりがいを見いだします。

新天地に夢を抱いてやって来る人たちの夢にあたってアレルギー症状が出ないのか心配なところではありますが、夢追い人の血を受け継ぐ希には適職であったようです。しかし、残念ながら希、上司には恵まれなかった。

上司は圭太の父親の博之。息子の圭太からは進路をめぐって猛反発され、かたや父親の弥太郎とは不仲。性格的にワケありの博之、そのワケありキャラを存分に発揮して、これからしばらくの間、希の天敵役になります。

一方で徹も藍子と仲直りして改心。就職先を見つけます。しかし、就職先は娘の希と同じまさかの市役所。しかも市役所の清掃員です。物語の中の話しとはいえ、ずいぶん意地悪な設定をしたものです。

ところで、徹を仕事で手厳しくしごく、おっかない先輩・キミ子を演じるのは女優の根岸季衣さん。『梅ちゃん先生』で松子姉さんの義理の母を演じた方です。

『まれ』第4週 第19話 「さよなら桜もち」
 朝ドラ観賞後の感想

哲也さんが能登に戻ると宣言した直後の文さんの笑顔がいい!

文さんの心からの笑顔を見るのはこれが初めてかも知れません。魔性の笑みはこれまで何度も見ましたが。(元治さんは、外浦の夏祭りで笑顔を見せてくれたと記憶しています)

第1週で、祭りの人手不足を解消しようと元治さんが哲也さんに電話をした時に、文さんがほんの一瞬だけ見せた、息子を可愛がる母親の優しい表情が今だに忘れられません。魔性の女ながらも息子の前では普通の母親みたいです、文さんは。

そんな大切な息子が実家に戻ると宣言したら、それはもう至上の喜びのはず。徹さんが、泣いてるのかとツッコミを入れてましたが、文さんが泣くほど感激してもおかしくない。

そんな幸福の時間は一分間も続かなかった。塩田をつぶすという哲也さんの宣言に、それまでの笑顔が一瞬で凍り付いてしまう文さん。文さんの親心を思うと切なくて切なくて、朝から胸が痛みました。

追記:東京からやって来たのが何よりの自慢で女王様然とする京極ミズハさん。感じが悪いことこの上ない。しかし彼女のデータが記された台帳の出身地欄には東京都八王子市と記載されていたような・・・。

先日、都心で電車に乗っていた時のこと、僕の前に立っていた女子高生が奇しくもこんな会話をしていたのが耳に飛び込んできました。

「え!?八王子市って東京都なの?」

八王子は東京といえども、地区によっては外浦と遜色ない田舎です。輪島よりは田舎かも知れません。ミズハさん、勘違いしてはいけません(笑)

尚、八王子市、更に近隣の町田市、多摩市は、東京都でありながら里山の景観が残るとても素敵な土地です。近所づきあいが濃厚な地域も少なくありません。念のため。

▼ポイントレビュー
・ごく普通の文具を「こんな高価なもの」って、希ちゃん、どれだけ貧乏なのか。
・失敗したのは何かをやろうとしたから。何もしなければ仕事は覚えない。元治さんの箴言が今日も深い。
・圭太くんのパパや将来の輪島市長候補。市長に這い上がる過程でつまづき、それを弥太郎さんがフォローして父子和解。ふと、そんな展開を想像しました。
・圭太くんのパパを徹さんが「キッチリ横分け」と一言で表現。これはアドリブ?
・哲也さんの鋭い眼光は元治さん似ですね。

<<前回18話 | 次回20話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. koji より:

    希が初仕事で失敗して叱られたと元治さんに話したときの元治さんの返しの台詞がまた奥深い!。

    「偉いもんやわいや、なんかしようとしたちゅうことやろ?」

    「なぁ~もせんかったら怒られもせんけど、仕事も覚えんわいやぁ。。。」

    なんだか「ワレも希を見習わんかいぃぇ。。。」

    と元治さんに言われているような気がしました(^_^;)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      シンプルな単語でこれだけ深い言葉を紡げるのは本当にすごいです。
      もちろん、脚本家の先生がつくった言葉ですが、一体どうやってこんな言葉を作り出せるのか不思議です。