まれ 23話 桜餅を美味しく作れない

連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年4月24日(金)放送
第4週 第23話 「さよなら桜もち」

『まれ』第4週 第23話 「さよなら桜もち」あらすじ

ミズハが市役所にやって来ました。自分のCDをコンサートで販売したいと言うミズハですが、市役所主催のコンサートでは販売は出来ないと希は断ります。しかし、市役所がダメなら希が個人として売れとごねるミズハ。希はついにキレてしまいました。

希はミズハに言いました。勝手なことばかり言うから地元に馴染めないのだ。そもそもコンサートに来てくれる人は地元の人ではないかと。怒りを爆発させてしまった希ですが、ミズハに声を荒げてしまったことを後悔するのでした。

仕事で失敗を重ね、落ち込む希は圭太と遭遇しました。圭太に話を聞いてもらうつもりだった希。しかし、博之が語っていたという希の評価を圭太から聞かされ、希は更に深く落ち込んでしまいます。博之は希のことを、使い物にならない新人と酷評していたのです。

そんなある日、希は意を決して文を訪ねました。桜餅の隠し味の教えを文に請うつもりの希でしたが、哲也のことで文と口論に発展。哲也との話し合いを迫る希に、文は宣言しました。哲也と話し合うかどうかは「文さんクイズ」の結果次第だと。

<<前回22話 | 次回24話>>

『まれ』第4週 第23話 「さよなら桜もち」
 事前発表あらすじのレビューと解説

今週のサブタイトルは「さよなら桜もち」。哲也が子供の頃に母の文につくってもらった大好物のお菓子が桜餅。哲也の帰郷をその桜餅で迎えるつもりだった文ですが、塩田をつぶせという息子のまさかの言葉に桜餅は食べさせずじまい。

めぐりめぐって、偶然その桜餅を食べて美味しさに感激したシタール奏者のミズハが、自分のコンサートに集まった人たちに桜餅を振る舞いたいからつくってくれと希に依頼。しかし希は文のようには桜餅を美味しくつくることが出来なかった。

今週のお題となっている桜餅はこんな物語展開を経て今回の第23話を迎えます。希の手製による桜餅の味が物足りない原因を元治が指摘します。それは元治が精魂込めてつくった塩田の塩が入っていないから。

哲也が子供の頃に大好きだった桜餅の思い出の味は、文だけでなくそこに元治の仕事が加わり、両親の合作だったからこそ哲也の心に残る味を出すことが出来ていたのです。今回のエピソードでそのあたりのことが明らかにされてゆきます。

『まれ』第4週 第23話 「さよなら桜もち」
 朝ドラ観賞後の感想

①哲也さんの対応で公私混同するなら辞めろと言われ、②京極ミズハの業務範囲を逸脱した対応で叱られ、③京極ミズハ当人からは無理難題をふっかけられ、④文さんのつくった桜餅の隠し味がどうしても分からず文さんの味を再現出来ない。

自分が手がけていることの全てが空回りしているところに、⑤元治さん、文さんと離ればなれになった上に文さんから徹底して避けられる。⑥今でも両親を慕う哲也さんが気がかりでならない。⑦しかし、友人たちと会う機会も減り相談する相手がいない。

コントロールしきれなくなってしまった四重苦(①②③④)、自分ではコントロールが出来ない三重苦(⑤⑥⑦)。希ちゃんの今の状況を整理してみると前例にないほどの苦境に立たされていることがよくわかります。

こんな閉塞した状態を明日の「文さんクイズ」は吹き飛ばしてくれるのでしょうか。

追記:希ちゃんと藍子さんを徹底して避け続ける文さんが可愛い。津村一家が桶作家を出て行く時から津村一家の前には決して顔を出さなくなった文さんですが、きっと津村一家と顔を合わせると一緒に暮らして楽しかった日々を思い出すのが辛いのでしょう。

津村一家を一番追い出したがっていた文さんが、一番寂しがるとは皮肉なものです。

▼ポイントレビュー
・希ちゃんにまさかの反撃をくらったミズハさんのうろたえぶりが痛々しい
・希ちゃんの悩みに静かに応えるみのりちゃんの話し方が穏やかで優しい
・今日の元治さんの身体の動きがいちいち怪しい、さすが前衛舞踏家です

<<前回22話 | 次回24話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


2 Responses to “まれ 23話 桜餅を美味しく作れない”

  1. koji より:

    さてさて、恒例の名前繋がりです。

    希の親友「寺岡みのり」ですが

    なんだか花子とアンで太鳳ちゃんが演じた「もも」の実娘にして花子の養女でもあった「美里」のモデルの「村岡みどり」さんの名前を想像させますよね。

    しかし、なんだか本作では、まるで

    みのりちゃんが希の母親かのように接してますね(笑)。


    再度さてさて、ミズハに洗いざらい言い放った希と

    見透かされ怖じ気づいたようなミズハ

    このふたりがタッグを組めば最高の仕上がりなること間違いなし!?。

    と、その前に

    文さんクイズが楽しみですね(^_^)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      名前つながりで思い出しました。『まれ』で一徹と一子。「一」が入ったキャラが二人もいますが、この「一」に何か意味を持たせているのか、気になってしかたありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ