まれ 26話 輪島塗に関心を示す安西

連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年4月28日(火)放送
第5週 第26話 「情熱ミルフィーユ」

『まれ』第5週 第26話 「情熱ミルフィーユ」あらすじ

市役所主催の移住体験ツアーは大盛況のうちに終わり、希も初めての仕事を首尾よく成し遂げることが出来、心から満足していました。張り切る希の姿を見て上機嫌な徹でしたが、希の同僚たちは希が張り切るほどに不吉な予感を募らせていました。

そんな中、移住体験ツアー参加者のひとりの安西という男が、輪島塗の職人になることを検討しはじめていました。希は安西を圭太に紹介。輪島塗に関心を示し熱心に話しに聞き入る安西に、圭太は喜んで輪島塗の製造工程や職人たちの仕事ぶりを聞かせました。

その頃、東京の大学に進学しバンド活動をはじめた高志が帰省。仲間たちが久しぶりに集まる中、東京暮らしを満喫する高志を目の当たりにして一子は複雑な思いを抱くのでした。一方で洋一郎は一子を、希は圭太を諦めきれずにいました。

数日後、輪島の塗師屋たちが怒り心頭だという情報が希の耳に入りました。安西が塗師屋の職人を高給で引き抜く一方で、輪島塗の製造を海外に外注。製造コストを下げて廉価な輪島塗の量産体制を敷こうと画策していたのです。安西の正体は経営コンサルタントだったのです。

<<前回25話 | 次回27話>>

『まれ』第5週 第26話 「情熱ミルフィーユ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

移住体験ツアーのイベント中、輪島塗にひとかたならぬ関心を示した安西という名の「人生に疲れた」男が、輪島塗をもっとよく知りたいと滞在期間を延長。移住体験ツアーを成功させることがミッションの希は、これを素直に喜びました。

しかし、これが輪島中の輪島塗の塗師屋や職人さんたちを混乱に陥れる大騒動に発展しようとは、この時の希には知る由もありません。実は安西という男の「人生に疲れた」というのは真っ赤な嘘。その正体は「疲れ」知らずの腹に一物ある男だったのです。

一方で希たちの仲間の一人で東京の大学に進学した高志が帰省。高校時代までは無口だった高志が、東京ではバンド活動に熱中。わずか半年あまりで大きく変化した高志の姿は、かつての彼を良く知る仲間たちを驚かせます。

そんな中、ひとり複雑なのが一子です。この頃、一子は表向きは東京行きを断念し親の美容院を継ぐべく美容学校に。しかし、まだ東京行きの夢を捨て切れてはいません。そんな一子にとって東京から帰って来た高志の姿はまぶし過ぎるはず。一子の心はゆらぎます。

『まれ』第5週 第26話 「情熱ミルフィーユ」
 朝ドラ観賞後の感想

久しぶりに希の仲間たちが集まりました。卒業から半年ほど経過した頃でしょうか。卒業までは皆が同じような生活をしていた面々も、半年ほど経つとさすがにそれぞれの違いが鮮明になってきました。それぞれが異なる道に踏み出しはじめた人生のリアルがちょっと切ない。

切ないと言えば、洋一郎くんの切なさも前週くらいから際立ってきました。マキちゃんの鋭過ぎる指摘によって一子ちゃんの自信喪失が暴かれる。マキちゃんのように自分の洞察を言葉に出来ないまでも、一子ちゃんの揺れる心を敏感に察する洋一郎くん。

洋一郎くんが心の底から一子ちゃんを案じている一方で、圭太くんは自分のことで精一杯。しかし、一子ちゃんの眼中には洋一郎くんは入らず、その視線は圭太くんに注がれる。このギャップが洋一郎くんの切なさを増幅させるので余計につらい。

そんなギャップを見抜いたみのりちゃん、さすが高志くんの通訳が務まるだけのことはある。そんな相手の心を読むことに長けたみのりちゃんは、希ちゃんがいまだに未練を引きずっていることも、その未練から逃れるために仕事に没頭していることもお見通しかも知れません。

▼ポイントレビュー
・早速中古パソコンを買って来る一徹くんの行動の早さが素晴らしい
・東京で圧倒され自信を失った・・・マキちゃんの一子ちゃんへの洞察が鋭過ぎる
・一子ちゃんの些細な癖を見逃さない洋一郎もさすがです

<<前回25話 | 次回27話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


2 Responses to “まれ 26話 輪島塗に関心を示す安西”

  1. koji より:

    一子のニーハイソックスが可愛いですね(*^^*)。

    それはさておき、いよいよ安西が動き始めましたね。
     
    希たちの話を無表情無関心な感じながらも明らかに聞き耳を立てている博之も今後どう出るのか?。

    今週は本作開始以来

    最大の騒動が巻き起こりそうすね(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      安西氏の蠢動に紺谷課長は一切関知せず。さすがの圭太パパでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ