まれ 37話 希が市役所に辞職願提出

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年5月11日(月)放送
第7週 第37話 「横浜激辛プチガトー」

『まれ』第7週 第37話 「横浜激辛プチガトー」あらすじ

パティシエの夢を叶える決意を固めた希は、個人店での修行から始めてパティシエになる道のりのシミュレーションをするものの修業先の都市を決めかねていました。金沢、大阪、京都、東京、または祖母のいるフランス。希は迷っていました。

希は市役所に出勤すると博之に辞職願を提出しました。辞表を見るなり博之は激怒。これまでの8ヶ月間の給料はドブに捨てたようなものだ。税金の無駄遣いになったと。そんな博之に、希は世界一のパティシエになって恩返しすると約束するのでした。

一方、仲間たちは希の門出を祝福してくれました。そして、弥太郎の工房が自分の原点と語る圭太の言葉を聞いた希はようやく修業先を決めることが出来ました。それは、徹がバースデーケーキを買った洋菓子店。自分の原点となった魔女姫人形のケーキの店です。

かつて徹がそのケーキを買った店は横浜の桜木町で今もなお営業を続け、電話をすると即座に面接してもらえることになりました。しかしオーナーの都合により、すぐに面接するという回答に希は驚かされます。面接に指定された日は翌々日だったのです。

<<前回36話 | 次回38話>>

『まれ』第7週 第37話 「横浜激辛プチガトー」
 事前発表あらすじのレビューと解説

今週から『まれ』横浜編がスタートです。希が夢を叶えるための道のりを地道にコツコツ歩み始めます。ただし、今回の舞台はまだ能登です。輪島市役所に辞職願を出し、仲間たちに別れを告げ出発の準備を着々とすすめます。

パティシエ修行のために入店する店も決まりました。自分のパティシエの夢の原点は、幸福だった子供時代のシンボルともなっている父が買ってくれたバースデー・ケーキ。そのケーキを買った店を修業先に決定。

ところで、市役所に辞職願を提出し庁舎を去って行く希が、短い間とは言えお世話になった市役所に深々と頭を下げる場面が用意されているようです。土屋太鳳さんが『花子とアン』で演じたももが甲府を発つ際に、自分を育ててくれた村に深々と頭を下げる美しい場面がありましたが、市役所に頭を下げるのは『花子とアン』へのオマージュでしょうか。

余談ですが、修業先に選んだ店があるのは横浜の桜木町です。希が夢を叶える決断を下したこの時は平成14年(2002年)。当時と今とでは桜木町駅周辺の景観は全くと言っていいほどに様変わりしてしまっているので桜木町での現地ロケは難しいかも知れない。ふとそんなことを考えました。

『まれ』第7週 第37話 「横浜激辛プチガトー」
 朝ドラ観賞後の感想

「世界一のパティシエになって恩返しします」

紺谷課長に放った希ちゃんのこの言葉。この言葉が形になる頃が『まれ』のクライマックスかも知れない。そんなことを思いながら夢に踏み出す希ちゃんを見ていました。

『まれ』制作発表時のアナウンスでは、横浜に修行に出た希ちゃんがパティシエになった後に再び能登に戻り、故郷で開業するということでした。

オープニング映像もそんな希ちゃんの半生を暗示するかのように、駆け出す希ちゃんが再び能登に戻り地元の人々が集まる展開になっています。

希ちゃんは世界一のパティシエになれるのか。再び能登に戻ってどのような形で恩返しすることになるのか。

朝ドラ前作、前々作は実在の人物をモデルにした作品で結末が見えていましたが、結末がまったく見えないオリジナルストーリーはやっぱり面白いですね。

さて、やっと希ちゃんが駆け出しました。『まれ』のお題のパティシエになるまでの物語のはじまりです。

▼ポイントレビュー
・市役所に一礼する希ちゃんの姿を見て、『花子とアン』で嫁いで行くももちゃんが故郷の村に深く頭を下げる姿を思い出しました。
・フランスのロンドンって・・・(洋一郎発言)
・マキちゃんの酒の飲み方が渋い!

<<前回36話 | 次回38話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. えびすこ より:

    今週まれが関東に戻ってきますね。あの当時は金沢から東京へ行くのにかなり時間がかかりますね。いまなら北陸新幹線で2時間半です。
    彼女がパティシエと言う言葉を使ったのは今週が初めてかな。
    今年の場合はどうなのかわかりませんが、「大河ドラマは東海地区は関東・関西より高い傾向」と聞いたことがあります。まれも(5週目だと)関東・関西より東海が高いんですか。

    朝蔵さんのイラストが変わりましたね。
    モデルはムロツヨシさんが演じたごちそうさんの教授ですか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      視聴率の地域差がこれほどあるとは思いもよりませんでした。

      ご高察の通りイラストのモデルは竹元教授です。