まれ 47話 大悟がケーキを完成する

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年5月22日(金)放送
第8週 第47話 「危機的クリスマスケーキ」

『まれ』第8週 第47話 「危機的クリスマスケーキ」あらすじ

希は能登大納言(あずき)と元治の塩を用いたケーキを徹夜で完成。陶子の手前、浅井のつくったルセットということにして大悟の前に披露しました。陶子も同時にケーキを完成。陶子のつくったケーキには及第点を与える大悟ですが、希のケーキには見向きもしません。

希は自作のケーキを半ば強引に大悟に食べさせると、大悟は不味いと激怒。怒った勢いで同じ食材の味をより引き立たせるケーキを瞬く間に作り上げてしまいます。大悟が完成させた能登のクリスマスケーキは味覚も造形も絶品でした。

代替クリスマスケーキは確定しました。面々はクリスマスまでに残されたわずかな期間で、クリスマス商戦に挑みはじめました。夜を徹しての箱の組み立て作業には輪子や珍も協力。能登の面々も能登の食材を横浜に送って希を応援します。

そして迎えたクリスマスイブの日。注文したクリスマスケーキを受け取りに殺到する客たちの顔は喜びで輝いていました。その日の営業が終わり、池畑家のクリスマスケーキを囲んで横浜の面々はクリスマスイブの夜を祝うのでした。

<<前回46話 | 次回48話>>

『まれ』第8週 第47話 「危機的クリスマスケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

ヘソを曲げて閉店を決め込んだ大悟に再びケーキを焼かせる大悟操縦術が見えて来ました。前回の閉店時、希が想像しながら描いた自作ケーキの絵を見た大悟が激怒。自分のケーキはこんなに不味そうではないと怒りの勢いにのってケーキづくりを再開。

今回は、希が発案した「能登のクリスマスケーキ」が、能登大納言と元治の塩の素材が活かし切れておらず不味いと激怒。前回同様、怒りの勢いで能登大納言と元治の塩の豊かな味わいを最大限に引き出すことに成功した「能登のクリスマスケーキ」を完成。

大悟がヘソを曲げて閉店を宣言した際には、本来なら美味しく仕上がるはずでありながら不味い出来映えになってしまったケーキを食べさせて怒らせる。そして、美味しいケーキをつくらせるよう上手に仕向ければ、大悟は休めた手を動かし始めるかも知れません。

二度の閉店を通して描かれた大悟の復活パターンに共通点があるのは、次の閉店時にはこのパターンを察知した希が、このパターンから逆算した大悟操縦術を駆使。ヘソを曲げた大悟に再びケーキづくりに向かわせる。そんな場面があるからなのかも知れません。

少なくとも分析能力に秀でた一徹なら、大悟の行動分析をし大悟の行動パターンを見抜いてしまうことでしょう。

『まれ』第8週 第47話 「危機的クリスマスケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

大悟さんの穏やかな「シェフの顔」「父の顔」を見るのもこれがはじめて。大悟さんの意外な一面が強く印象に残るクリスマス回でした。

ケーキを完成させた大悟さんのあれほど穏やかな顔は普段が普段だけに感動もひとしお。天中殺で注文を取る際に早く言え!とあり得ない接客をする大悟さんですが、その一方で顧客の家族構成からペットに至るまで記憶しているところはさすが一流のシェフです。

大悟さんの「父の顔」も新鮮を通り越して驚きに近いものが。池畑家の家族のクリスマスケーキを披露した時の、嬉しそうな照れたような大悟さんの表情がたまりません。

もう一人の父親、徹さんの娘の活躍を喜ぶ顔もいつになく優しい。希ちゃんに言った「お前いい声しているぞ」というさりげない一言に娘への愛情がたっぷりこもっていました。しかし一方でフレンチレストランの企画書を破り捨ててしまう徹さんが心配です。

さて「マ・シェリ・シュ・シュ」のクリスマスイブも終わり、一件落着のようにも見えますが、まだ大問題が残っています。浅井くんの手柄になってしまったクリスマスケーキですが、本当は希ちゃん考案のルセットだという秘密は隠されたまま。

そして浅井くんのポカでルセットが漏れてしまったという事実。明日、どのように回収されるのでしょうか。

▼ポイントレビュー
・浅井くんに対してライバル心むき出しの陶子さんの頬ヒクヒクが怖い
・マジパンをのせた可愛らし過ぎるケーキが一転、焼き菓子をのせスタイリッシュなケーキに。対比が見事。
・珍さんは若い頃のビートたけしに似ているかも

追記:能登大納言といえば加賀屋の「能登大納言きんつば」。甘さ控えめで絶品です!
加賀屋 能登大納言きんつば

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


4 Responses to “まれ 47話 大悟がケーキを完成する”

  1. いちファンT より:

    大悟さんが仕上げたケーキ、陶子さんの作ったチョコベースのケーキと希ちゃん&浅井さんのパーティー風ケーキの両方を取り入れた感じのケーキになっていましたね。
    元治さんの塩を活かしたということは、少し前に流行った塩チョコ?塩キャラメル?でも作ったのかなぁ…といろいろ想像しながら見ていました。
    NHKの公式サイトでルセット公開してくれないかな(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      かつて『ごちそうさん』の時に劇中に登場した料理のレシピ集が出版されましたが、今回もケーキのルセット集が出てほしいところですね。

  2. えびすこ より:

    今日はいい展開でしたね。気が付くとクリスマスイブでした。
    ケーキ店のある場所は関内駅の徒歩圏内と言う位置設定でしょうか?
    関内には行ったことがありますが同駅周辺しか知らないので、高台があるかどうか同地の地理に詳しくないです。
    関内に放送ライブラリーがあってそこで往年のNHK番組などが見れます。
    店から港まで歩いていける?ので中華街からはそう遠くないでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      マシェリシュシュの場所は元町だということです。
      JRだと最寄り駅は石川町。地下鉄だと元町・中華街駅。
      駅名が示す通り、元町と中華街とは隣接しています。
      ただし元町はアップダウンが激しく、マシェリシュシュは
      山の上にあるみたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ