まれ 59話 直前に出演拒否する大悟

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年6月5日(金)放送
第10週 第59話 「逆転一発パンケーキ」

『まれ』第10週 第59話 「逆転一発パンケーキ」あらすじ

テレビ番組収録の一時間半前。テレビ番組への出演が怖くなってしまった大悟は、控え室へ戻るとそこから一歩も動けなくなってしまいました。一同が、大悟を愚弄する西園寺の言葉の数々で大悟への挑発を試みるものの、大悟は出演はトイレに閉じこもってしまいます。

醜態をさらして店の看板を汚すくらいなら店を潰すとまで言う大悟に、希は必死の説得を試みようとします。説得する中で希は知りました。大悟はフランスで出会った前妻を亡くし、輪子とは再婚であることを。そして店の名は前妻に捧げたものであることを。

希は大悟に詰め寄りました。店の名誉を守りたいのは前妻のためなのか。今、目の前にいる家族はどうするつもりなのかと。希は続けます。自分は覚悟を決めて横浜に戻って来た。大悟を支える家族のためにも覚悟を見せて欲しいと。

しかし、大悟は希に説得に答えようとはしませんでした。そして『料理の巨人』の本番開始2分前。希たちが大悟の出演を諦めかけたその時、ついに覚悟を決めた大悟がスタジオに駆け込んで来ました。大悟は番組用の衣装を身につけ、いよいよ対決が始まります。

<<前回58話 | 次回60話>>

『まれ』第10週 第59話 「逆転一発パンケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

極度のアガリ症の大悟が本番直前に固まってしまいます。テレビ出演はやめて帰るとまで言い出す大悟を、希と徹は必死の説得。この説得を通して大悟の過去が明らかにされます。

大悟の過去の概要は以下の通りです。

・大悟は42歳の時にパティシエとしてともに夢を追った前妻を亡くしている
・息子の大輔は前妻との間に出来た子供
・大悟と輪子は再婚カップル
・美南は輪子の連れ子、よって大輔と美南の間に血のつながりはない

ちなみに大悟の店「マ・シェリ・シュ・シュ」の店名の由来は、大悟と力を合わせてこの店を開業した前妻に捧げられたものです。尚、「マ・シェリ・シュ・シュ」の意味は、希の言葉を引用すると「まんで愛しい人」です。

「マ・シェリ・シュ・シュ」の意味については、別途、記事にまとめていますので、合わせてご笑覧ください。

▼関連記事
横浜の洋菓子店 マシェリシュシュ の意味

『まれ』第10週 第59話 「逆転一発パンケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

大悟さんが前妻を忘れられないことを咎め立てしないどころか、優しく受け入れる輪子さんが泣けてくるほど大人の女!

店の名誉を守りたいというより、前妻と開いた店、すなわち前妻との思い出を守りたいというのが大悟さんの本当の気持ちなのでしょう。輪子さんはそれをすべて知っている。

トイレに立てこもる大悟さんを輪子さんが説得した際、「店をつぶしていいよ」と言った言葉はこんな風に言い換えられるかも知れません。「前の奥さんとの思い出が汚されないまま胸の中にしまい込んでもいいよ」と。

しかも、「全部なくなったら私の占いで食べて行く」。前妻との思い出に生きる大悟さんをそのまま受け入れ養う覚悟まで見せる輪子さん。これまで胡散臭い占い師にしか見えなかった輪子さんを見るが今回で180度変わりました。

話しが脱線しますが、輪子さんが「天中殺」に関して経営だけタッチし調理現場のほぼすべてを珍さんに任せているのと同様、「マ・シェリ・シュ・シュ」も経営を輪子さんに任せて大悟さんは職人に徹したらいいかも知れないと、ふと思いました。

いつぞや大悟さんが徹さんに経営をやってくれ、自分にはお菓子づくりだけやらせてくれと言い放ってましたが、大悟さんが経営を手放すことについては異論はないかと思います。

▼ポイントレビュー
・大悟さんの前妻との思い出の回想場面を見たくなりました。
・前妻存命中も大悟さんはあんなに変人だったのか。
・大悟さんを説得する希ちゃん。いい表情してました。
・トイレの扉に深々と頭を下げる希ちゃんの姿が実に希ちゃんらしい。

<<前回58話 | 次回60話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. えびすこ より:

    人は見かけにはよらないですね。弟子に対してはあれこれ指図しますが、カメラ・ビデオの前に出ると別人のように動揺するなんて。

    ところで「ナイツ」は2003年1月の時点ではほぼ無名だと思います。
    あの当時は「はなわ」さんの方が人気がありました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      普段の姿は、本当の姿を隠すためのものかも知れないですね。

  2. ちぃちぃ より:

    度々すみません。

    希ちゃんの魔女人形を見た時の大吾さんの表情から、あれは希ちゃんに渡る以前は、大吾さんの奥さんが大事にしていたものなのかもって思いました。

    なぜ売り物のケーキに添えてしまったのは不明ですが…。

    幸枝さん→大吾さんの奥さん→希ちゃん…と所有者が変わっていったと思うと、なんとなく素敵じゃないですか?

    明日の放送で、大吾さんがそのことについて希ちゃんに何か語らないかなと思っています。(語らないような気もしますが……。)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 幸枝さん→大吾さんの奥さん→希ちゃん…と所有者が変わっていったと思うと、なんとなく素敵じゃないですか?

      なるほど!幸枝さんと希ちゃんの間に大悟さんの亡き奥様をはさむことで、魔女姫人形からフランスから横浜にやって来た理由も説明もつきますね!

  3. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    へそを曲げてトイレに籠る大吾さん。
    「子供か!!」と突っ込みたくなりました。
    でも、出てきてくれてよかったです。

    大吾さんが何かあるとすぐ閉店してしまうのは、やっぱり前の奥さんのことがあるからでしょうかね。

    「コンビニのケーキに負けるようなケーキじゃ彼女に申し訳ない」とか。

    もしかしたら、奥さんが亡くなったときは、店がとても忙しくて休めない時で、奥さんの最期を看取れなかったとか…。

    だとすると、鴨居の大将みたいですね。切ないです。

    さあ、明日、どんなケーキが出来上がるのか。
    とても楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      > もしかしたら、奥さんが亡くなったときは、店がとても忙しくて休めない時で、奥さんの最期を看取れなかったとか…。
      > だとすると、鴨居の大将みたいですね。切ないです。

      大輔くんの無関心ぶりから言ってもそんな展開が待っていそうな気がします。