まれ 61話 バレンタインデーの準備

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年6月8日(月)放送
第11週 第61話 「泥沼恋愛チョコレート」

『まれ』第11週 第61話 「泥沼恋愛チョコレート」あらすじ

大悟のテレビ出演を機に店は繁盛するようになり、大悟は経営の窮地を無事に脱する事が出来ました。修行が許された希は、念願のパティシエ服を着て働き始めました。しかし新人パティシエは下働きが中心。そして、閉店後には自主練習と研究に余念がありません。

そんな中、繁忙期となるバレンタインデーが近づいて来ました。希は下働きに加え、大悟の指導のもとテンパリングの練習をスタート。その頃能登では、バレンタインデーに大阪から帰って来る一子との再会を期待する圭太が浮かれていました。

一方、陶子は他人の恋愛のために忙しく働き、自分には出会いがないパティシエの境遇を嘆いていました。陶子の嘆きに、自分はパティシエ修行に専念したいので恋愛はしないと、希は自分のスーシェフになるまでの計画表を披露。

そんな希に大悟が告げました。ひからびた人間に美味い菓子はつくれない、一人前になりたければ愛に溺れろと。大悟は希に命じるのでした。バレンタインデーまでに恋愛とチョコレートの温度調整・テンパリングの両方をこなせと。

<<前回60話 | 次回62話>>

『まれ』第11週 第61話 「泥沼恋愛チョコレート」
 事前発表あらすじのレビューと解説

洋菓子店にとってはクリスマスシーズンに次ぐ繁忙期となるバレンタインデー商戦期が近づいて来ました。しかし、他人の恋愛のために寝る間も惜しんで働き、恋愛がらみの自分への見返りは何もないことを陶子が嘆く。

この陶子の嘆きは、現場で女性パティシエに取材を重ねたリアルな声かと思います。以前、製菓関連雑誌に似たような女性パティシエの嘆きが掲載されていました。

その女性パティシエ曰く、貴重な夏休みにせっかくの出会いがあっても、夏休みが終ると早朝から深夜まで休みなしの重労働の日々。枯れ葉が舞い散る頃には二人の間にすきま風が吹き始め、クリスマスシーズンの繁忙期で二人の溝はより深刻に。そしてバレンタインデーの繁忙期が二人にとどめを刺すのだとか。

女性パティシエにとっては辛い季節を背景に、大悟が希に発した「恋愛に溺れろ」発言が波紋を広げ、チョコレートの季節は泥沼恋愛に陥ります。

そんな中で、希はパティシエとしての第一歩を踏み出します。早朝から深夜までは厨房での下働き。閉店してから自主訓練。帰宅してからは大悟のケーキの研究。リアルでも、頂点を目指すパティシエは皆さんそれくらいの努力を重ねているそうです。

『まれ』第11週 第61話 「泥沼恋愛チョコレート」
 朝ドラ観賞後の感想

希ちゃんがパティシエ服に身を包み、11週目にしてやっと天職にたどり着くことが出来ました。参考までに当ブログにて取り扱った過去の朝ドラ作品で、ヒロインが「天職」をスタートさせたタイミングを整理してみました。

【ちりちとてちん】第10週で落語家に。(尚、8週で落語家を志し、9週で修行)
【カーネーション】第5週、百貨店の制服で初の商い。第8週で小原洋裁店開店。
【梅ちゃん先生】第11週で医師に。第15週で下村医院開業。
【あまちゃん】第10週で海女カフェ開業。第13週で上京しハートフルで活動開始。
【ごちそうさん】第6週で西門家に嫁ぐ。
【花子とアン】第8週で臨時教員。第12週で出版社勤務。
【マッサン】第10週で鴨居商店入社。第17週でドウカウイスキー創業。
【まれ】第7週でマ・シェリ・シュ・シュ仮入店。独立開業はいつ?

天職にたどり着くタイミングは『梅ちゃん先生』に同じ。同じパターンを歩むとすれば第15週あたりで独立開業でしょうか。

▼ポイントレビュー
・娘の巣立ちが寂しいマコっちゃんに無言で酒をすすめる元治さんが優しい
・圭太くんはあんなに軽い男だったのか!?
・孫に小言ひとつ言わない弥太郎さんも若い頃はあんな感じだったのか!?
・大輔くんは今日も父親に無関心装う

<<前回60話 | 次回62話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


2 Responses to “まれ 61話 バレンタインデーの準備”

  1. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    この回の私的なポイントは、

    ・淋しげなまこっちゃんと慰める元治さんがよかった。
    ・圭太君、スキップかよ……。
    ・藍子さん、頭の鍋……。
    ・うれしそうに新作激辛メニューを考案している輪子さんがかわいい。
    ・辛子明太麻婆豆腐おいしそう。
    ・大吾さんの『人の肌を知らん奴がチョコレートを人肌に温められるか!」のセリフは、朝っぱらから刺激的。

    という感じでした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 藍子さん、頭の鍋……。

      隠れてるつもりなのでしょうが、そんなもの被ってたら余計目立つだろってツッコミ入れたくなりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ