あまちゃん 148話 北鉄の運行再開日が決定

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月18日(木)
再放送:2015年9月24日(木)
第25週 第148話「おらたち、いつでも夢を」

『あまちゃん』第25週 第148話
「おらたち、いつでも夢を」あらすじ

鈴鹿ひろ美が東北でチャリティーコンサートを開き、その際に北三陸にもやって来ることが決まりました。鈴鹿ひろ美は海女カフェで歌を披露することを希望。アキは鈴鹿ひろ美の願いに応えようと海女カフェ再建への思いをますます強くするのでした。

しかし現実には、震災から間もなく一年が経とうというのに北三陸の復興は遅々として進まず、北三陸の人々は苛立っていました。厳しい現実に直面し、アキは瓦礫に埋もれた海女カフェの変わり果てた姿を見ながら途方に暮れていました。

そんな中、ヒロシと種市、そしてアキたちが、まずは自分たちで出来ることから始めようと海女カフェを埋め尽くす瓦礫の撤去と清掃を開始しました。そして、海女カフェ再建を目指す有志の活動は日に日に参加者が増えてゆきました。

ほどなくして功が北鉄の復興計画が決まったことを発表。奇しくも北鉄が開通した記念の日である7月1日に北三陸〜畑野間の運行再開が決まりました。鈴鹿ひろ美のコンサートもそれに合わせて運行再開前日の6月30日に開催されることが決定するのでした。

『あまちゃん』第25週 第148話
「おらたち、いつでも夢を」感想

2009年夏、「潮騒のメモリーズ」のライブで湧いた活気に満ちたあの頃の海女カフェと震災の津波による瓦礫に埋もれ、廃墟と化し見る影もない今の海女カフェ。この両者の対比があまりにも残酷で胸を締め付けます。

海女カフェの往年の姿を誰よりも良く知るアキちゃんにしてみれば、朽ち果てた海女カフェを目の前にして復活の気持ちが萎えてしまっても不思議ではない。まして海女カフェよりも優先すべきインフラすら復興がままならない状況です。

そんな八方ふさがりの状況の中で、荒れ果てた海女カフェの瓦礫撤去作業を黙々とはじめるヒロシくんと種市くん。本格的な復興への第一歩がここからはじまりました。闇の中に一条の光が差し込んで来た。そんな気持ちにさせられる二人の活動がまぶしい。

一方、春子さんが鈴鹿ひろ美の歌唱トレーニングを開始。往年の大人気アイドルが二人、一つの画面の中に収まり芝居をしている映像が贅沢過ぎてめまいがしそうです。

それはさておき、夜の海女カフェの中でアキちゃんが遭遇したヤング春子さんの幻。あれは一体何を意味していたんでしょうか。何の前触れもなく現れ、何の説明もないままあっという間に姿を消してしまったヤング春子さんの幻。いまだにあのタイミングで登場した理由がわかりません。

<<前回147話 | 次回149話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ