あまちゃん 149話 さかなクン魚と水槽寄贈

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月19日(金)
再放送:2015年9月25日(金)
第25週 第149話「おらたち、いつでも夢を」

『あまちゃん』第25週 第149話
「おらたち、いつでも夢を」あらすじ

2012年4月、北鉄は一部区間の運行再開に向けて車両の点検作業が大詰めに入っていました。一方の海女カフェ再建は予算不足に直面。水槽や水槽の中で泳がせる魚の展示は断念せざるを得ない状況に追い込まれていました。

そんな中、子供向け番組でアキと共演していたさかなクンが北三陸にやって来ました。自分にも出来ることはないかと考え抜いたさかなクンは、自分の魚コレクションと水槽を海女カフェに寄贈することを知らせるために北三陸までやって来たのです。

さかなクンの思いがけない協力で活気づいた北三陸の面々の海女カフェ再建は再び動き始めます。6月にはさかなクンコレクションの展示の準備も整いました。そして、不足する予算は人々の創意工夫で補い、海女カフェ再建のゴールは目睫に迫って来ました。

懸案のウニも海底が見えなくなるほど蘇っていました。アキの穫ったウニに海女たちは歓声をあげます。その頃、忠兵衛が北三陸に戻って来ました。同じ頃、鈴鹿ひろ美が喫茶リアスに姿を現し吉田を驚かせるのでした。

『あまちゃん』第25週 第149話
「おらたち、いつでも夢を」感想

前回、ヒロシくんと種市くんが海女カフェ再建への小さな歩みを初めたものの、予算不足や海女カフェ事業の採算割れ見通しで閉塞感ただよう北三陸。そんなどんよりした空気をさかなクンが一掃した瞬間の空気の変わりっぷりが心地よい。

そのさかなクンとアキちゃんがかつて共演した番組『見つけてこわそう』で度々繰り返された逆回転。アキちゃんが同番組に出演していた頃には何の意味もなさなかった逆回転が海女カフェ再建のフラグになっていたとは驚きでした。

さかなクンというキャラそのものの存在すら、海女カフェの失われた水槽とその中の魚とリンクしていたとは・・・。

一度は断念した水槽と魚。それが思いがけない形で手に入った北三陸の面々は、さかなクンの登場がきっかけとなって運気が急上昇。ウニの繁殖にも成功し、ウニに埋め尽くされた海底の映像の嬉しさは感涙ものです。

海女カフェも復活の準備がほぼ整い、鈴鹿ひろ美も一足早く帰って来ました。忠兵衛さんも遠洋漁業から帰還。『あまちゃん』クライマックに向けて役者が北三陸に集まり始まるワクワク感がたまりません。

<<前回148話 | 次回150話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ