あまちゃん 150話 鈴鹿ひろ美が北三陸来訪

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年9月20日(土)
再放送:2015年9月26日(土)
第25週 第150話「おらたち、いつでも夢を」

『あまちゃん』第25週 第150話
「おらたち、いつでも夢を」あらすじ

6月18日、鈴鹿ひろ美が予定より早く北三陸にやって来ました。大女優の登場を北三陸の面々は騒然としながら迎えます。その頃東京では、鈴鹿ひろ美が予定より一足早く北三陸に滞在しはじめているという寝耳に水の知らせに、春子は驚きを隠せずにいました。

その夜、天野家に迎えられた鈴鹿ひろ美は春子の青春時代の夢が詰まった隠し部屋をすっかり気に入ってしまいました。ホテルでなく、この部屋で気持ちをつくりたいという鈴鹿のたっての願いで、コンサートの日まで鈴鹿は春子の部屋を使うことになりました。

翌朝、鈴鹿ひろ美はコンサート会場となる海女カフェを下見するために訪問。鈴鹿はそこで水口と再会を果たします。下見を終え、鈴鹿は大吉らとスナック梨明日へ。鈴鹿はそこで、夏、春子、アキが三代にわたって北三陸のアイドルだったことに気付きます。

話しが盛り上がる中、大吉たちは鈴鹿ひろ美に『潮騒のメモリー』を歌ってほしいとリクエスト。すっかりその気になった鈴鹿がマイクを握ったその時、間一髪のところでアキが鈴鹿の歌唱を阻止。ちょうどその頃、荒巻が北三陸駅に到着するのでした。

『あまちゃん』第25週 第150話
「おらたち、いつでも夢を」感想

鈴鹿ひろ美が北三陸にやって来ました。やって来たというより逃げて来たというのが本当のところなのでしょうか。

鈴鹿ひろ美が偶然入った春子さんの隠し部屋で、アイドルの夢を見ていた春子さんに思いを馳せる場面。あれほど清らかにして安らいだ表情を見せる鈴鹿ひろ美を観るのは初めてのことかも知れません。

自分が音痴だと心の底から自覚し、自分の歌声がファンには届いていなかったことを知ってしまった鈴鹿ひろ美にとって、これからはじまるコンサートは自分の声をファンに聞いてもらう生まれて初めての体験のはずです。

だからきっと緊張していたのでしょう。デビュー間もない歌手並みに、あるいはそれ以上に緊張していたのかも知れません。そんな初心に帰った、というか初心以前の状態に戻ってしまった鈴鹿ひろ美には、「初心以前」だった頃の春子さんの夢のぬくもりが残る春子さんの部屋が何よりもの癒しになったのか知れません。

鈴鹿ひろ美、春子さんの部屋で本当にキレイでした。

さて、太巻さんが北三陸に登場。『あまちゃん』最終週に向けて、皆が北三陸に集まって来ました。『あまちゃん』、残り一週です。

<<前回149話 | 次回151話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ