まれ 73話 圭太へのときめきを封印

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年6月22日(月)放送
第13週 第73話 「運命カカオ64%」

『まれ』第13週 第73話 「運命カカオ64%」あらすじ

夏の成人式の翌朝、圭太にときめいてしまった希は、自分でも意外な胸の高鳴りから逃れるように能登を後にしました。しかし、横浜に戻って来ても希はそのときめきからのがれることが出来ませんでした。

横浜に戻った希の様子がいつもと異なることを高志は察しました。希は迷っていたのです。大輔にもときめきを感じ圭太にもドキっとした自分の心に。高志に自分の気持ちを明かした希は、一旦その気持ちを忘れることにしました。

その頃、かねてより圭太が準備を進めていた百貨店での輪島塗の展示会が、百貨店側の都合で急きょ中止になってしまいました。突然の中止を受けて憤懣やるかたない弥太郎は、新たな展示会の会場を必ず探し出すと職人たちに檄を飛ばします。

そして9月。圭太のことを忘れ、ようやく落ち着きを取り戻した希のもとに意外な客が訪ねて来ました。弥太郎と文でした。輪島塗の展示会を横浜で開くことになったのです。あっけにとられる希は更に驚かされることになりました。圭太がやって来たのです。

▼関連記事
大人は判ってくれない【レ・キャトル・サン・クー】/まれ

<<前回72話 | 次回74話>>

『まれ』第13週 第73話 「運命カカオ64%」
 事前発表あらすじのレビューと解説

図らずも圭太くんにときめいてしまった希ちゃんでしたが、大輔くんとの約束の手前もあってなのか、自分の気持ちを忘れることにしました。残念。どう考えても希ちゃんには圭太くんがお似合いです。

一年の半分を遊んで暮らす自由人と一年中コツコツ働く職人のカップルに共有出来る価値があるとは思えない。

朝ドラ『梅ちゃん先生』では梅ちゃんと松岡くんの二人が結婚直前までいった段階で、松岡くんが臨床医と研究者は価値を共有出来ないだろうと二人の将来を鋭く洞察。結婚を断念しました。大輔くんにもそんな慧眼が備わっていてほしいものです。

さて、圭太くんのことを一度は忘れようとした希ちゃん。自分の揺れる気持ちから逃げ出すかのように能登を後にし横浜に戻って来ました。やっとのことで圭太くんのことを忘れられそうな希ちゃんでしたが、再び希ちゃんの間に圭太くんが現れる予感。

せっかく圭太くんから逃れてきたというのに、圭太くんが追ってくる格好になるとは実に皮肉な展開です。脚本家の先生もなかなか意地悪な人ですね。

『まれ』第13週 第73話 「運命カカオ64%」
 朝ドラ観賞後の感想

ゴン太くんと圭太くんの間で揺れ動く希ちゃんよりは、そんな希ちゃんを案じて見守る高志くんがどうにも気になってしまいます。

「何かあったんけ」

久しぶりに言葉を発した高志くん。彼が口を開いたのは美南ちゃんとの公園の会話、中華街を歩く大悟さんへの抗議以来。そしていずれの場合も、希ちゃんが絡んだ時に意を決して無言の原則を破っている。

高志くんの「叶わぬ相手」とはやはり希ちゃんなのか。しかし、既婚でもなく今のところフリーの希ちゃんであれば「叶わぬ」ことはないはずです。高志くんの本心はいつ頃、披露されるのでしょうか。

▼ポイントレビュー
・お父さんが参加出来なかった成人式・・・そんなに参加したかったのか
・徹さんが久しぶりに「謝謝」のパンダTシャツを着ている!
・養鶏場の浜田のオヤジと大悟さんの会話が妙に生々しい
・47年ぶりの新婚旅行・・・元治さんは本当に文さんの横浜旅行を認めたのか?

<<前回72話 | 次回74話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


23 Responses to “まれ 73話 圭太へのときめきを封印”

  1. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    大輔君派の方がずいぶん多いようですね。

    実際、輪島在住の漆職人の圭太君と、横浜でケーキ職人としての修行を続ける希ちゃんの結婚は難しいかなと思います。

    自由人の大輔君の方が色々融通はききそうですね。

    一方で、高志君の意中の人についても再び気になってきましたね。

    やっぱり希ちゃん?

    「叶わない相手」なのは、希ちゃんの心の中に自分が入る自信がないから?

    あと、大吾さんと浜田さんの会話を盗み聞きしてる陶子さんの表情が切なかったです。

    悔しいけど、希ちゃんのことを認めざるを得ないという感じでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      男運の無さを嘆く陶子さんは安心して見ていられますが、希ちゃんの追い上げに焦りを感じる陶子さは見ていて辛く切ないものがあります。やっぱり陶子さんは、男よりも仕事に真剣な女性なのでしょう。

  2. ike より:

    陶子さんのワンシーンが非常に気になりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      陶子さんも安穏していられなくなりましたね。実力のある人なので他人の実力も良くわかるのでしょう。(浅井くんと違って)

  3. tonden より:

    今日はにゃーにゃが再び登場していましたね。
    普段番組で政治家先生に抱っこされてるにゃーにゃ、希に抱っこされてる姿は結構ほほえましかったですw

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      にゃーにゃが久しく出て来なくて寂しく思っていたので、今朝のにゃーにゃの登場は僕も感激しました。本当に可愛いニャンコですね。

  4. hiyoko より:

    はじめまして!
    第4週頃にこちらのサイトを見つけ、以来毎日の様に楽しく拝見させて頂いております。
    今回初めてコメントさせて頂きました。

    先週土曜日、泉谷さんの台詞が良かったです。
    大輔君の繊細な優しさが心に沁みました・・・
    私は大輔君推しなので、コメント欄に大輔君推しの方が複数いらっしゃって、もー嬉しくなりました・*:.。☆..。.(´∀`人)

    今週の横浜編は登場人物が揃っちゃって目が離せませんね!!
    陶子さんの複雑な心情も理解出来て切ないものがあります。

    希ちゃん、最終的には圭太君なのかなぁ。
    私は「梅ちゃん先生」の時は松岡先生推しだったので、幼馴染みのノブを選んだ事にとてもガッカリして、最終回まで見なかったものでした(笑)

    今回も、朝ドラ的な流れ(笑)で行くと何だか圭太君を選びそうな雰囲気。
    うーん・・まあ仕方ないかー(笑)
    でも、最後まで大輔君には物語に登場していて欲しいですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      僕も梅ちゃんは松岡くんと結婚することで、これはかなり面白い夫婦になるに違いないと期待していたので、ノブとの結婚はちょっとばかりガッカリでした。

      今回も、ゴン太には微妙な風が吹き始めていますが、途中で退場せずにいてほしいと僕も切に願っています。

      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  5. ミカコ より:

    いつも楽しみに拝見させていただいています。

    アドリブが多いといろんなとこなろで見たり聞いたり
    しますが、今日の徹さんが起きるシーンも
    それっぽかったような・・・。
    「戦国時代の@&#%*」と聞き取れなかった
    のですが(^_^;)
    いつか大泉洋さんの密着取材のVTRで怒りで手が震える練習をしていたシーンも流れましたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      徹さんの姿が画面から消えた後も、徹さんの話し声だけが残っている場面がよくありますが、これもアドリブかも知れませんね。

  6. ダニャン より:

    養鶏場のおじさんと大悟さんとの会話中、大悟さんの希ちゃんを見つめる目が何時になく優しく感じました。

    それを物陰から見ていた陶子さんの複雑な表情が忘れられません。

    それにしても弥太郎さんと文さんの組み合わせ、嵐の予感・・・。(^_^;)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 養鶏場のおじさんと大悟さんとの会話中、
      > 大悟さんの希ちゃんを見つめる目が何時になく優しく感じました。

      自慢の娘を褒められたような表情してましたね。大悟さん。
      本人の前では顔に出しませんが、心の底では希ちゃんの将来が楽しみでならないんだと思います。

      > 弥太郎さんと文さんの組み合わせ、嵐の予感・・・。(^_^;)

      元治さんが黙っているんでしょうか。おとろしい・・・

  7. えびすこ より:

    13週目のサブタイトルはどういった意味でしょう?
    文さんが飛行機で上京したとの趣旨の発言をしたので、能登空港から羽田空港に移動したんですね。
    さて圭太も2人のお供で上京しましたが、今週は三角関係再燃か?

    昨日放送された「おしゃれイズム」に菅田将暉くんが出ていて、そこに山崎くんがVTRで出演しました。髪型の違いかこころなしかまれでの紺谷圭太より表情がさえて見えました。
    菅田くんは「ごちそうさん」で東出くん・杏さんと共演しましたが、「(両親役の両人とは)自分とあまり年齢差がないのでやりにくかった」と言っていました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 13週目のサブタイトルはどういった意味でしょう?

      今のところよくわからないです。
      圭太くんとのコラボのケーキがチョコレートを素材にしたものなのだろうとは思います。

      そして「64%」というのは、最近流行しているカカオマスの含有比率を表示したチョコレートにちなんだものかと思います。ただ何故その数字が「64」なのかは不明です。

  8. mimi より:

    いつも感想楽しみにしています。
    大輔と圭太

    • mimi より:

      すみません、途中で送信してしまいました…。
      大輔と圭太今後どうなるのでしょうか?ふと思っているのは、希ちゃんは最終的には自分のケーキのルーツは能登にある!っていう気持ちから能登に戻ってお店を開くのだと思っているのですが、圭太と結婚したら
      圭太がいるから能登に戻ったんじゃないの?って視聴者的にツッコミ入れたくなる気がするんですよね。
      …と思うのも私が大輔推しだからでしょうか(笑)
      でもとりあえずは今週の文さんのお言葉が楽しみです。

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        コメントありがとうございます。

        > 自分のケーキのルーツは能登にある!っていう気持ちから
        > 能登に戻ってお店を開くのだと思っているのですが、
        > 圭太と結婚したら圭太がいるから能登に戻ったんじゃないの?って
        > 視聴者的にツッコミ入れたくなる気がするんですよね。

        そう言えば、市役所を辞める時に必ず能登に恩返しをするとも言ってましたね。
        この点でも納得のゆく能登Uターンが欲しいですね。

  9. koji より:

    まさかの文さんと弥太郎さんの横浜入り。そして圭太くんも。。。

    元治さんに内緒のような気もします。

    今週は文さんの魔性が炸裂するのかな?。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 元治さんに内緒のような気もします。

      ご高察の通り元治さんが文さんの横浜行きを認めたとは考えられません。
      そのあたりの裏事情が気になります。

  10. より:

    私は、断然大輔さん派…(≧∇≦)
    始まった当初は、徹の自由人さが、余りにもあり得なさ過ぎるのと、希ちゃんの力入り過ぎたろーって仕草が…いやでしたが、横浜編に入り、だんだん、年頃の田舎の子の感覚が自然に出てて…そこで、大輔さんの登場‼️大輔さんの真の優しさ…すっごい好き‼️
    まれちゃんも、また、圭太にときめいてしまったみたいだけど、絶対、大輔に戻ってくると思う…
    だって、大輔は大好きな徹と同じ自由人だから…
    圭太も大好きだけど、圭太はやっぱ、一子ちゃんの気持ちに気付いてあげてほしいな!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > だって、大輔は大好きな徹と同じ自由人だから…

      言われてみれば、ゴン太くんと徹さんは似た者同士ですね!
      徹さんは娘に近寄るなみたいなことを言ってますが、
      なにかきっかけがあれば意気投合するかも知れないですね。

  11. おさしみ より:

    いつも楽しみに拝見しています。
    大輔か圭太かまよいどころですよね。

    私の場合は希のようなクリエイティブ系の仕事です。
    仕事に集中したいので、半年位ほかっておいてくれる彼はありです。ふらっと旅行に行って視野を広げ、ストレスを取り除いてくれる大輔は彼として夫としてありです。
    大輔も遊んでいるといえば人聞きが悪いですが、マイペースで仕事をしているのですからいいんじゃないですか?

    逆に、圭太のほうが一緒に暮らしてみると家事を家では一切やってくれそうにないので職人女性としては仕事で疲れ、家に帰ると夫が出しっぱなしの服、使いっぱなしの茶碗でストレスが増しそう。

    この先が楽しみですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 圭太のほうが一緒に暮らしてみると家事を家では一切やってくれそうにないので職人女性としては仕事で疲れ、家に帰ると夫が出しっぱなしの服、使いっぱなしの茶碗でストレスが増しそう。

      なるほど!

      言われてみれば『梅ちゃん先生』でも、開業医として日々忙しい梅ちゃんと、工場経営者として寝る間も惜しんで働く信郎くんの、家事や子育てをめぐる対立が絶えない時期がありましたね。

      目からウロコのご指摘でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ