まれ 76話 希と大輔に動揺する圭太

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年6月25日(木)放送
第13週 第76話「運命カカオ64%」

『まれ』第13週 第76話「運命カカオ64%」あらすじ

職人同士心を通い合わせ、希と圭太が再び二人の距離を縮めようとしていたその時、大輔が海外の旅から帰って来ました。大輔は戻って早々に希の気持ちを確かめます。大輔が旅立った後も気持ちは変わっていないと告げた希は、大輔と付き合うことになりました。

そんな中、希は圭太とのコラボ展示のためのケーキを完成。そのケーキは「誇り」を意味するフランス語「フィエルテ(fierté)」と名付けられました。圭太はコラボ用のケーキの完成を喜ぶ一方で、大輔と希のことを知り複雑な思いを胸に抱いていました。

輪島塗の漆器展がはじまりました。希は最終日のコラボ展示に向けて会場設営の準備を進めていました。そこ意外な人物が姿を現します。一子が横浜にやって来たのです。しかし、圭太に会おうとしない一子を希が諭すうちに二人の会話は口論に発展。

一子との口論の勢いで、希は圭太への想いを捨て切れないでいる自分の本当の気持ちを一子に吐露。その二人の会話を美南が偶然に聞いてしまいました。圭太への想いを持ちながら大輔と付き合い始めたことを美南に詰め寄られた希は自己嫌悪に陥ってしまうのでした。

<<前回75話 | 次回77話>>

『まれ』第13週 第76話「運命カカオ64%」
 事前発表あらすじのレビューと解説

圭太くんにときめいてしまったことに動揺を隠せなかった希ちゃんは、圭太くんを忘れてしまおうと慌てて横浜に戻って来ました。しかし、皮肉にもそんな希ちゃんの心を揺さぶるかの如く、圭太くんが目の前に現れました。

再び希ちゃんが動揺しはじめたその矢先に、大輔が戻って来る皮肉を極めた展開。しかも、大輔くんは戻るや否や、自分への気持ちはあれから変わっていないかと希ちゃんに迫る。変わりはせずとも揺らいでいるのは間違いない。しかし、そんな揺らぐ本心を言える訳もありません。

そして、希ちゃんと圭太くんの幸福なゴールインを願う多くの人にとっては最悪の事態となりました。ここまででも十分過ぎるほどハラハラドキドキの要素が満載されているにも関わらず、さらにハラハラドキドキ要素が追加されました。一子ちゃんの登場です。

再び距離を縮めながらも目の前で希ちゃんをさらわれてしまった圭太くん。そんなタイミングの圭太くんの眼前に、一度は諦めたはずの一子ちゃんが姿を現した。

希ちゃん、大輔ちゃん、圭太くん、そして一子ちゃん。四画関係はまだしばらく解けそうもありません。

『まれ』第13週 第76話「運命カカオ64%」
 朝ドラ観賞後の感想

一子ちゃんがこれほどまでに希ちゃんに対して劣等感を抱いていたとは。希ちゃんに対する劣等感に溢れている今回の一子ちゃんの言葉を拾ってみました。

  • 時々、希のことが大嫌い
  • 希と一緒にいると息苦しい、自分が嫌いになる
  • 自分が嫌いになる
  • やっと解放された
  • 誰とも比べなくていい
  • 誰よりも成功する

特に下の二つ。「やっと解放された」は、希ちゃんからの解放。「誰とも比べなくていい」と「誰よりも成功する」の「誰」とは希ちゃんのことかと。

しかし、例えば一子ちゃんの両親や周囲の人々が、常日頃から一子ちゃんを希ちゃんと比較し、あんたはダメだみたいに言われていたとしたら同情の余地ありですが、自分で勝手に比較し自分で勝手に劣等感を抱く。劣等感のマッチポイントはいかがなものかと。

ただ、裏を返せばそれだけ希ちゃんに憧れを持っていたのかも知れません。そしてどれほど憧れても希ちゃんになれない自分が歯がゆい。そんな気持ちが今回爆発したのでしょうか。

ところで、7月度放送回の『まれ』のストーリーの編集を終えたところですが、この先、一子ちゃんは思わぬ形で希ちゃんと「決闘」します。この「決闘」も、希ちゃんへの劣等感に由来するものです。

希ちゃんへの劣等感をいかに克服するかが、一子ちゃんの結末までの課題のようです。そしてその劣等感を克服した時、はじめて一子ちゃんは幸福になれるかも知れませんね。

話変わって、そんな一子ちゃんと激論する中で圭太への想いが思わず口について出た。それをよりによって美南ちゃんに聞かれてしまう。苦しい展開でした。

▼ポイントレビュー
・シェフも文さんの前では男の子に見える
・希ちゃんの味覚の鋭敏さの理由を知るシェフ
・希ちゃんと一子ちゃんの関係は『ちりとてちん』のA子とB子の関係の逆パターン
・ゴン太への気持ちの整理が実はついていない美南ちゃんが切ない

<<前回75話 | 次回77話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まさこ より:

    いつも楽しく拝見しております まれちゃんを連れ出すときの 大輔さんのアレ…「壁ドン」ですよね~!!圭太くんの中の人 今をときめく山崎さん 確か壁ドンの元祖ではなかったかと。脚本さん いろんなところで 面白いフレーズや間を入れ込んできますが 期待に応える俳優さんたちのすばらしさも 目が離せません。これからもよろしくお願いします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      恥ずかしながら「壁ドン」という言葉を耳にしたことはあるもののその本質を理解しないまま今日に至りました。書き込んで頂いたコメントで、やっとすべてがクリアになりました。ありがとうございました。

  2. さゆり より:

    まれは大輔と結ばれてほしい。
    大輔は私の理想の人だから、好きだとハッキリ言ってくれるなんて幸せ〜。
    けいたは、何度もまれをふってるじゃない、今になって好きなんてありえない。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうとざいます。
      視聴者の間ではゴン太くん支持者のほうが優勢のようですね。
      そんな視聴者の希望を汲んでもらえるといいのですが・・・

  3. 極上空豆 より:

    こんにちは!楽しく拝見しています。

    今日の大輔さんの、「リュック持つよ」前の、圭太に送った視線が絶妙でした。
    前日の厨房でのただならぬ雰囲気、大輔さんとお付き合いするという希の宣言を聞いた時の圭太の反応、大輔さんが見逃すわけないですよね。
    ポーカーフェイスでいて、圭太に「そう言うことだから!」と釘をさしたのかな、と面白く拝見しました。

    一子ちゃん切ないですね。もう一皮成長して、また仲間と楽しく過ごす時間があればいいなと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうとざいます。

      > 希の宣言を聞いた時の圭太の反応、大輔さんが見逃すわけないですよね。
      > ポーカーフェイスでいて、圭太に「そう言うことだから!」と釘をさしたのかな

      ゴン太くんが圭太くんを凝視するまでの一連の行動。書き込んで頂いたコメントで深く納得することが出来ました。

  4. かおりんご より:

    はじめまして。
    「まれ」の見逃した回の内容を知りたくて検索したらこちらにたどり着き、毎日楽しく拝見させてもらっています。

    一子ちゃんが最後に「誰よりも幸せになってみせる」みたいなことを言ってましたが、
    一子ちゃんは、希ちゃんや圭太くんのように明確な夢とか目標がないためにそれが自分の中でコンプレックスとか人より劣ってるような気になって、
    だからあんなふうに希ちゃんに対して「対抗意識」みたいなものが芽生えちゃったのかな~と私の勝手な解釈をしてみました。
    といっても人生経験少ない私が偉そうに言えることでもないですが(笑)

    私は夢を持って頑張る圭太くんが好きなので、最終的に希ちゃんは圭太君と結ばれるといいな~と思っています。
    「はじめまして」のコメントなのに長文失礼いたしました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      はじめまして!コメントありがとうございます。

      > 希ちゃんや圭太くんのように明確な夢とか目標がないために
      > それが自分の中でコンプレックスとか人より劣ってるような気になって、
      > だからあんなふうに希ちゃんに対して「対抗意識」みたいなものが
      > 芽生えちゃったのかな~と

      僕もそうだと思います。希ちゃんに対するコンプレックスが解消されない限り、幸福はつかめないかもですね。

      思えば、みのりちゃんも能登で結婚して家庭をつくるというささやか過ぎる夢にコンプレックスを持ってましたが、一徹くんにその夢が素晴らしいと言ってもらえて自信を持つことが出来ました。

      一子ちゃんにも、一徹くんみたいな存在が登場すれば彼女の変わることが出来るかも知れないですね。洋一郎くんがそこに気付けば彼にも春がやってくるかもです。

  5. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    希ちゃん、かつての圭太君と同じ立場ですね。

    でも、圭太君と違うのは、自分の行動によってたくさんの人を傷つけてしまっていることを自覚したこと。

    そして、自分自身も悩み、傷ついた希ちゃんは、きっとまた一つ成長できるはずです。

    圭太君は、「どうしたいんや」「どうしてほしいんや」の末に、後に遺恨を残すような別れ方をしてますからね。

    あれじゃあ、一子ちゃん、圭太とも顔を合わせづらいし、能登にも帰りづらくなっちゃいましたよね。

    希ちゃんには、すっきりと、あとくされのない形で三角関係の始末をつけてほしいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 希ちゃん、かつての圭太君と同じ立場ですね。

      なるほど!言われてみれば、圭太くんと対比した場面なのかも知れませんね。
      圭太くんと異なり、自分が何をしてしまったのかを希ちゃんは顧みることが出来た上に、希ちゃんの若さであればこれくらいの失敗は許容範囲内かと。
      今回は成長痛みたいなものでしょうか。