まれ 78話 希と圭太のコラボが完成

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年6月27日(土)放送
第13週 第78話「運命カカオ64%」

『まれ』第13週 第78話「運命カカオ64%」あらすじ

浅井が希と圭太のコラボ用ケーキを壊してしまいました。希のケーキがなければ、圭太が精魂込めて手がけた蒔地の漆器も陽の目を見ないままになってしまいます。希は陶子に懇願しました。作り直しを手伝ってほしいと。

しかし必要不可欠なカカオ64%のチョコレートは在庫を切らしていました。希は他のチョコレートのブレンドを繰り返しカカオ64%の味の再現に努めるものの望む味を再現することができません。陶子もついに希に協力。希のケーキに必要なチョコレートを完成させました。

希のケーキはコラボ展示会に間に合わせることが出来ました。展示会は大盛況となり、希と圭太は、改めてお互いのものづくりへの情熱に感動していました。そんな二人の姿を複雑な眼差しで見つめる大輔に美南は言いました。希を諦めろと。

数日後、高志のライブが催されました。そのライブで高志は新曲を披露。新曲は恋に悩む友達に捧げる恋の歌、そして友達とは希のことでした。圭太と会場に駆けつけた希は、高志に新曲に感極まり圭太に告白。希と圭太は初めて唇を重ねるのでした。

<<前回77話 | 次回79話>>

『まれ』第13週 第78話「運命カカオ64%」
 事前発表あらすじのレビューと解説

プライドという意味を持つフランス語「フィエルテ」と名付けられたケーキづくりは、まさにプライドを賭けた戦いとなりました。

嘘をいくらでもつける漆器だからこそ、職人としてのプライドを賭けて徹底して嘘の要素を排除することに努め精魂込めてつくりあげた圭太くんの器。圭太くんの職人魂のお披露目と言っても差し支えないそんな大切な器が陽の目を見れない危機に陥る。

圭太くんの職人としてのプライドがかかった漆器をお蔵入りにさせないための、希ちゃんのケーキづくりもまたパティシエとしてのプライドを賭けた仕事になりました。

希ちゃんと共有出来る価値が見いだせそうもない大輔くんの眼前で、ものづくりへの情熱とこだわりを共有し、お互いの職人魂への尊敬心を再び確認し合う希ちゃんと圭太くん。一体この時、大輔くんは何を思うのか。

ところで、ケーキを完成させお互いへの尊敬心を新たにする希ちゃんと圭太くんの二人の姿を複雑な眼差しで見つめているのは大輔くんだけではありませんでした。今回のあらすじからは省きましたが、美南ちゃんも大輔くんと並んで二人の姿を見つめているのです。

大輔くんが希ちゃんを断念するかも知れない。そんな光景を目の当たりにした美南ちゃんは何を思うのか。泥沼恋愛第2ラウンドの予感がします。

『まれ』第13週 第78話「運命カカオ64%」
 朝ドラ観賞後の感想

嘘をつけるからこそ嘘をついてはいけない。そんなストイックな職人魂を形にしたケーキだけに素材への妥協は決して許されない。陶子さんを辟易させるほどの希ちゃんの気迫に呼吸するのも忘れてしまうほど引き込まれる回でした。

卓越した計算能力と磨き抜かれた菓子づくりの技術によって燃え尽きるまで希ちゃんを支えた陶子さんにも惚れ直しました。そして混乱の原因をつくった浅井くん。鈴木拓さんを浅井役に起用したのは今回のためだったのかも知れません。

さて、展示会場に差し込む夕陽に包まれた希ちゃんの映像からライブの場面に移る映画的な流れ。そしてライブ会場での希ちゃんの頬を伝う一筋の涙の美しさ。いいものを見せてもらいました。

今回の最後の美しい場面を駄文で汚すのはあまりに心苦しいので、これ以上の言及は控えることにします。

追記:高志くんが希ちゃんに捧げた新曲。

泣かないで・・・死ぬまで一緒にいたい・・・ずっと離さない・・・

希ちゃんに捧げた曲というよりも、もっと正確に言うならば、希ちゃんに捧げたかった自分の気持ち。希ちゃんに捧げたかったけれどついに叶わなかった自分の気持ちを詠った歌。それを捧げたのかも知れない。

高志くんの熱唱を聞きながらそんなことを考えていました。高志くんがいつぞや言っていた「叶わぬ相手」とはやっぱり希ちゃんのことだったのか?そして「叶わぬ」という言葉を使ったのは、今日のことを予知していたからかも知れません。

▼ポイントレビュー
・チョコレートのブレンドを繰り返す希の姿ちゃんを見てマッサンを思い出しました。
・陶子さんは俊ニイ
・希ちゃんのケーキを待つシェフと弥太郎さんの表情がいい
・徹さんのシャツがハートだらけ
・浅井くんの彼女が浅井くんと不釣り合い過ぎる
・恋に悩む友達に捧げます・・・いつも優しい高志くん

<<前回77話 | 次回79話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


21 Responses to “まれ 78話 希と圭太のコラボが完成”

  1. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    ライブハウスのシーン、私は良かったと思います。
    「若いっていいな」とか純粋に想いながら見ました(笑)

    『恋に悩む友達にささげる歌』…。
    高志君自身の気持ちに区切りをつける歌でもあったような気がします。

    高志君にもいい人が現れますように……。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > ライブハウスのシーン、私は良かったと思います。
      > 「若いっていいな」とか純粋に想いながら見ました(笑)

      同感です。輪島大祭の夜の熱狂と並ぶ名場面でした。
      いいものを見せてもらえました。

  2. いこ より:

    初めまして。
    いつも楽しく拝見させていただいています。
    先が気になってしまって、我慢できずにこちらへ来ている次第です。
    ライブハウスのシーン。賛否両論あるみたいですね。でもでも、若さゆえの勢いの熱さって感じが、たまらなく素敵でした。ただ、気になるのは圭太。
    希が大輔さんとケジメつけて、告白したのを私たちは知ってるけど、圭太は知らないわけで。どんな心の内だったのやら。もんもんもやもやしてしまいます。
    初めてのコメントで、分かりにくい内容ですみません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 若さゆえの勢いの熱さって感じが、たまらなく素敵でした。

      まさにおっしゃる通りですね。あの場面でもし希ちゃんが誰もが納得するような正しい行動をとっていたら、賛否両論はなくなるにしても若さが微塵もない退屈極まりないストーリーになっていたかと思います。

      > 希が大輔さんとケジメつけて、告白したのを私たちは知ってるけど、圭太は知らないわけで。

      このコメントを読むまでこのことに全く気がつきませんでした。確かにゴン太くんと付き合うのをキャンセルした事実を知らないかも知れません。

  3. たろー より:

    すみません、途中で送信してしまいました。
    またどこかの週で能登組と横浜組のコラボ見てみたいものです。

    ところで先週、文さんが大悟に向かって
    「いらっしゃい、ほれ、お客さん」と言うシーンがありましたが、
    あれは大悟と分かってて、からかってたと思って見るととても面白いと思いました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あれは大悟と分かってて、からかってたと思って見るととても面白いと思いました。

      文さんだったらやりかねないかも知れないですね。大悟さんを自分のペースに引きずり込むためにわざとやることは十分考えられます。

      > またどこかの週で能登組と横浜組のコラボ見てみたいものです。

      7月の終わり頃に希ちゃんは能登に戻ってしまうようですが、願わくば大悟さんに遊びに来てほしいものですね。大悟さんと元治さんのコラボもかなり面白そうです。

  4. たろー より:

    初めまして。
    いつも、こちらのサイトを楽しく拝見させて頂いております。

    先週は輪島塗りとフランス菓子のお話しでしたが、
    登場人物に関しても、能登組と横浜組のコラボが想像以上に面白く

  5. 浜のおばば より:

    おはようございます。

    陶子さん素敵でしたね。
    次週の内容からすると、もうお姿拝見できないのでしょうか。
    そうだとしたら残念なのですが。

    ライブ会場での希ちゃんの表情が何とも言えず素敵でした。
    大輔さん人気が高いようですが、個人的には落ち着くところに落ち着いた感じで安堵?しています。
    (予告を見る限り、これからがまた大変なようですが。)
    大輔さんと美南ちゃんの会話で、大輔さんの表情が穏やかな良い表情にみえたのですが。(この二人の仲に入っていけないなぁなんて思ったように感じました。)

    高志くんの想い人は希ちゃんなのかなぁと思いました。
    彼の第一声が聞こえたのも希ちゃんが能登弁話した時でしたよね。
    そのことを思い出しました。
    優しい高志くん好きです。

    物語も折り返しとのこと、来週以降はまたいろいろあるようですが、
    ワクワクドキドキちょっと涙して観ていきたいと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ライブ会場での希ちゃんの表情は本当にキレイでした。物語前半の最後に本当にいいものを見せてもらえたと思います。
      全26週のうちちょうど半分が終りましたが、後半も楽しんでまいりましょう。

  6. しもしも より:

    圭太君と希ちゃんがラブになったのは、私的にはがっかりでした(T_T)これで徹さんと藍子さんも…ちょっとつまらない展開?藍子さん離婚届をださなかったのは、かなりずるくない!出せなかったのでしょうね。一子ちゃんとみなみちゃんのかき回しが楽しみです!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      前半だけでも十分過ぎるほどの急展開でしたが、後半は更に激しさを増すのでしょう。一子ちゃん、美南ちゃんはじめ、お楽しみ要素はまだまだ出て来るかも知れませんね。

  7. ssmk より:

    高志の歌に本当の気持ちが
    乗っていたんですよね、きっと。
    普段しゃべらない彼が、歌にのせた気持ちは希への思いだったのかなって考えると胸がぎゅっとなります…

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      高志くんの悲痛な叫びが胸に迫りました。今回は希ちゃんと圭太くんだけでなく、高志くんにとっても大きな節目の回だったのかも知れないですね。

  8. Part2c より:

     やっぱり高志は希を好きな気がしてしょうがないのですが、あらすじのどこにも、その後の高志の事が出てこないですね(^_^;)
     今回の歌、ほんとうによかった。
    あちこちで酷評されていて、さびしくなりこちらにおじゃましました。
     やっと結ばれた二人。大輔はまだこれからも出番があるらしいので、若者達の成長を見守っていきたいと思います。
     
     このドラマ、出演者みんなの人生が描かれて、みんなが同じように成長していくんですよね。ほんと、名作だと思うんです!いつもありがとうございます。アップ楽しみにしております!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り『まれ』はこれだけ大勢の登場人物を抱えながら一人一人が丁寧に描き込まれてい秀逸だと思います。
      酷評が多いことも承知していますが、酷評される方々は僕なんかと異なり名作を創造する能力を持っておられるのだと思います。酷評に割く時間を名作の創造に費やし僕のような一般視聴者を楽しませてほしいものだと切に願っているのですが、不思議と誰も行動にうつそうとはしませんね。

  9. えびすこ より:

    気付けばまれも半分を消化しましたね。
    10周目あたりから希の言動が変化したように見えます。
    今週は一徹の影が薄かったようですが、もう新居を構えたのかな?
    ようやく「64%」の意味が分かりました。

    次々作「とと姉ちゃん」の制作が決まりましたね。語尾に「ん」がつくタイトルに戻りました。
    主に取り上げる時代区分で見るとまれとあさが来たの中間になります。
    地理的には久々の東海地域ですね。私の地域予想が図らずもまた当たりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 地理的には久々の東海地域ですね。私の地域予想が図らずもまた当たりました。

      これには本当にびっくりしました。しかも横に広い静岡県の中でも西寄りの地域。さすがです。

  10. まっすん より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見してます。

    わたし的には今日は陶子さんと徹さんがとても素敵でした。
    陶子さん、辛口だけどとても頼りがいのある先輩。「これでどうよ」とまれにチョコレートを渡す時、とてもかっこよかったぁ。燃え尽きた陶子さんもよかった。

    そして、徹さん。展示会でまれのコラボケーキを見て適当なコメントののち「まれは満足してんだろ、100点だ」と褒める所。こんなお父さんが欲しい!と思いました。

    長文で失礼しました。
    またコメントさせていただきます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > そして、徹さん。展示会でまれのコラボケーキを見て適当なコメントののち
      > 「まれは満足してんだろ、100点だ」と褒める所。こんなお父さんが欲しい!と思いました。

      この一言は本当に素敵でしたね。
      背伸びを諦めた時の徹さんの口から出て来る言葉はいつも優しさに満ちあふれていて心に沁みます。早くそんな自分自身の価値に気付いてほしいものですね。

  11. tonden より:

    どうも美南ちゃんは希を非難してまた関係が悪化するみたいですが、その後ちゃんと和解できるのか気になりますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      希ちゃん、美南ちゃん、そしてゴン太くんの三角関係もキレイに回収されるのか気になるところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ