まれ 79話 希は大輔との関係を解消

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年6月29日(月)放送
第14週 第79話「絶体絶命メッセージプレート」

『まれ』第14週 第79話「絶体絶命メッセージプレート」あらすじ

圭太に自分の気持ちを告白した希に美南は告げました。大輔を諦めさせるのが今の希の義務だと。美南に促された希は、大輔との関係をきっちりと清算。そしてこれまで自分を支え続けてくれたことに心からの感謝の言葉を贈りました。

その頃、弥太郎より一足早く文は能登に帰って来ました。帰宅した文は、徹と希の横浜での様子を藍子に報告します。文が横浜に行ったのは、徹と希の様子を見に行くためだったと知り、ふさぎ込んでいた元治も安堵するのでした。

圭太が能登に戻る日の前夜。アパートで希と二人きりになった圭太は希に提案しました。年季が明けるまでの2年半、お互いに会わないようにしようと。一人前の職人として認めてもらえるまでは、修行に専念しよう言う圭太の言葉を希は笑顔で受け入れました。

それから二年半経った2006年3月。希は22歳となり「マ・シェリ・シュ・シュ」の中堅パティシエに成長していました。そんな中、陶子はホテルのシェフに引き抜かれ店を辞めることになりました。そして希は大悟よりスーシェフに任命されるのでした。

<<前回78話 | 次回80話>>

『まれ』第14週 第79話「絶体絶命メッセージプレート」
 事前発表あらすじのレビューと解説

希ちゃん、圭太くん、そして大輔くんに三角関係は今回でキレイに清算されることになりました。一方で一子ちゃんは念願の上京を果たすことが出来たので、しばらくは能登には戻りそうもありません。

一子ちゃんとも完全に切れたことが確認出来た圭太くんは、やっと希ちゃんと二人きりになれたのも束の間。一人前の職人として認められるまではお互いに会わないと約束。かつての大悟さんの言葉を借りれば、何かを得るために何かを捨て去る決断を二人は下します。

前週末の段階では、泥沼恋愛第2ラウンド勃発かと気が気でありませんでしたが、泥沼恋愛には一旦終止符が打たれるとともに二年半の時間が経過。希ちゃんはパティシエとして一段の成長を果たし『まれ』は今週から新たなフェーズに突入です。

恋愛が絡む人間関係は数週間にわたってもつれにもつれて来ましたが、それらはキレイにリセットされ、これからどのような物語がはじまるのでしょうか。

リセットされたものの、念願の上京を果たした一子ちゃん。今でもきっと一子ちゃんを想い続けているに違いない洋一郎くん。この二人が気になります。また好きな人の存在までは明らかになっている高志くんの今後。そして大輔くんと美南ちゃんの関係。

未回収の要素はまだまだたくさん残っている『まれ』です。

『まれ』第14週 第79話「絶体絶命メッセージプレート」
 朝ドラ観賞後の感想

前週で、『まれ』全26週のうち半分の13週までが完了。前半最後となった前週は揺れに揺れまくる希ちゃんを丁寧に描写。その前週受けとなる今回、希ちゃんはゴン太くんとの関係をキレイに清算しいよいよ後半がスタートしました。

希ちゃんが最終的にゴン太くんでなく圭太くんを選んだことについては賛否両論あり、否定的な意見のほうが多いような気もします。僕も思うところはいろいろありますが、希ちゃんの選択を尊重し、進んでゆく物語を楽しませてもらおうと思います。

さて、前半は希ちゃんがパティシエの道に入り口に立つまでが描かれましたが、後半はある程度一人前のパティシエとなったところから物語がスタートします。一人前にはなったものの目指すところは世界一。まだまだ目指すところは遠いはずです。

もとよりスピーディーだったストーリー展開も、後半でさらなるスピードアップが予想されます。一人前になった希ちゃんがこの先どこに向かって行くのか。『まれ』後半のスタートです。

▼ポイントレビュー
・きっちり諦めさせるのがフるほうの義務。美南ちゃんが今日も厳しい
・元治さんの性格がわかりやすりて可愛い
・桶作家の庭のセットが間垣で囲まれていることに初めて気がつきました
・何事にも執着しそうにないゴン太くんが瞳にうっすらと涙を浮かべていて辛い
・誰にも期待されずに育ったというゴン太くんの発言は期待されたかったことの裏返し
・2006年、希ちゃんのコートとバッグが変わった!
・陶子さんが退店で寂しくなります

<<前回78話 | 次回80話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


12 Responses to “まれ 79話 希は大輔との関係を解消”

  1. カナリア より:

    初めまして。いつもあらすじなどが気になって覗かせて頂いてます。

    陶子さんの実力なら引き抜かれて当たり前なのですが、やっぱり見られなくなるのは寂しいです。前回の陶子さんはカッコ良かったです、本当に! 能登編になったときにまた出てきてくれますように。

    いよいよまれちゃんがスーシェフですが、まれちゃんのスーシェフとしての活躍を見るのが楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      春がなかなかやって来ない陶子さんでしたが、願わくば結末までには陶子さんが春を迎える場面を見せてもらいたいものですね。春が来た陶子さんと再会したいです。

  2. tonden より:

    全体の半分経過しましたが、他の方がコメントしてるように確かにあまちゃんのようなブームにはなってないですね。
    一方で先週の展開なんかは今までの朝ドラのセオリーから考えると斬新で論争もありまいたし、いろんな意味で印象に残る作品になったのかなと思いますし、今後の朝ドラ制作を行っていく上で貴重な見本になったのかなと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      先週の展開は、青春ドラマの新解釈だったと思います。若さの矛盾を善悪で単純に裁かない深さに圧倒されました。

  3. スピカ より:

    2年半の歳月は希ちゃんのリュックやコートも変わるし、標準語も身に付いていたりする。
    そういう細かいところも見つけるのが楽しみ♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      スーシェフになり部下が出来て更に変化が現れるかも知れないですね。

  4. きみ より:

    初めまして。
    いつもあらすじ、レビュー、コメントを楽しく見させていただいています。

    大輔のお母さんってパティシエだったんですよね・・・。
    お母さんと同じ職業だし、大輔が希に興味を持ったり、そばにいたいと思うのは自然でしたね。
    今日の放送の希と大輔の別れ話を見ながら「絶対こっち(大輔)がいいよ~!!」と声に出して言ってしまいました(笑)

    まぁでも前々から好きだった人と結ばれるさわやかな流れは、朝ドラらしいと言えばらしいですよね。
    今日の美南ちゃんといい、大輔といい、希に対して優しいなぁ、もっと怒っても良さそうだなと思いました。

    もっと愛憎ドロッドロの昼ドラ版「まれ」も見てみたいものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます。

      > もっと愛憎ドロッドロの昼ドラ版「まれ」も見てみたいものです。

      「泥沼恋愛チョコレート」の週に描かれた複雑な関係が20年後に再燃したら、すごいことになるかも知れませんね。その頃には、希ちゃんが文さんに似てきているかも知れません。

  5. えびすこ より:

    先週・今週と圭太役の山崎賢人くんがよく民放のテレビ番組に出ますが、山崎くんは時間に余裕ができたのかな?今週は圭太が渦中の人になりそうです。

    さて、今日から後半に入りましたがまれは一昨年のあまちゃん、昨年の花子とアンほどのブームにはなってない(関東地域で見ると)ように見えます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 一昨年のあまちゃん、昨年の花子とアンほどのブームにはなってない
      > (関東地域で見ると)ように見えます。

      関連書籍、関連CDの盛り上がりがないですね。
      洋菓子店も意外なほど静かです。

  6. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    希ちゃんがスーシェフに任命された時の浅井君…(笑)
    でも、陶子さんがいなくなっちゃうのは淋しいです。
    また何らかの形で出てきてほしいです。

    大輔君、きっちり希ちゃんを諦められたんでしょうかね。
    実はまだこっそり狙ってるとか……。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      陶子さんとは是非とも再会させて欲しいものですね。
      浅井くんは・・・どっちでもいいかな。

      ゴン太くんと美南ちゃんがどうなるのか気がかりです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ