まれ 82話 圭太に見合いが舞い込む

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月2日(木)放送
第14週 第82話「絶体絶命メッセージプレート」

『まれ』第14週 第82話「絶体絶命メッセージプレート」あらすじ

横浜に戻った希は混乱していました。圭太との結婚問題。解雇を迫られる弥生の問題。二つの問題を同時に抱え込み苦悩する希にみのりはアドバイスしました。一つ一つ解決してゆくしかない。まずは新人の弥生のことにだけ集中しろと。

その頃、弥生は自分の不器用さを思い知らされ辞表を提出するつもりでいました。そんな弥生を希は叱咤激励します。気を取り直し、無我夢中で徹底した反復練習に励む弥生の姿に、希は自分の新人の頃の姿を思い出さずにはいられませんでした。

その頃能登では、弥太郎が圭太に見合いするよう執拗に迫っていました。仮病まで使い圭太の泣き落としすら企む弥太郎に、圭太はついに激怒。しかし、圭太がそんな状況を希に報告したくもて、多忙を極める希はなかなか電話に出ようとはしませんでした。

希が電話に出ないことで圭太は苛立っていました。夜遅く、やっと希と話しを出来た圭太は仕事と結婚のどちらが大事なのかと希に迫ります。その質問は希を激怒させました。怒り心頭の希は、仕事が大事だと圭太にキッパリ言い切ってしまうのでした。

<<前回81話 | 次回83話>>

『まれ』第14週 第82話「絶体絶命メッセージプレート」
 事前発表あらすじのレビューと解説

相変わらず不器用過ぎる弥生は、この頃より店の足手まといになりはじめていました。しかし、かつての自分にそっくりな弥生を放っておく事が出来ない希は、本来なら新人が深夜に一人で取り組むはずの練習につきっきり状態に。

しかも、ただ練習につきっきりになっているだけでなく、練習の成果にまで希は責任を感じているはずです。スーシェフとして店の経営の責任の一旦をも担っている希にとって、この状況は極めてハードと言っても過言ではありません。

そんな激務に忙殺される希が知らないところで、希にとっては重大な意味を持つ事案がすすみはじめます。圭太のお見合いです。

横浜で開催された輪島塗りの展示会で、一人前になることを希と誓い合った圭太のこと。職人としての腕前も相当に上がっている頃かと。そして、弥太郎もそれを認め、塗師屋の跡継ぎの問題を真剣に考え始めるようです。

一職人と異なり、職掌が多岐にわたる塗師屋という仕事には、塗師屋である夫を支える女将の存在が欠かせません。圭太も年頃です。弥太郎は次代の塗師屋の女将にふさわしい女性探しを開始。早速、候補を見つけると圭太に見合いをすすめます。

『まれ』第14週 第82話「絶体絶命メッセージプレート」
 朝ドラ観賞後の感想

  • みのりちゃんが正直過ぎて驚いた
    みのりちゃんの応援の対象外にされ、俺も応援してほしいと訴える洋一郎くん。洋一郎くんの名前を挙げることを詫びるのかと思っていたら、何を応援したらいいかわからないとまさかの正直過ぎる回答。さすが既婚者は強し。

    一方、問題を抱え込み過ぎてパニックに陥る希ちゃんに「ひとつひとつやらな」とアドバイス。みのりちゃんの安定感が頼もしい。

  • 弥生ちゃんは計算が早い
    弥生ちゃんが1000回の100倍を即答。陶子さんも卓越した計算能力を見せる場面がありましたが、弥生ちゃんの計算能力もまたルセットづくりで活かされるかも知れません。大化けするのは。不器用なままで終るのか。楽しみ半分、不安半分といったところでしょうか。
  • 弥太郎さんの見合いの迫り方がストーカー並み
    圭太くんの向かう先々に見合い写真。ここまでやるとある種の痛快さを感じずにはいられません。圭太くんを弄ぶ弥太郎さんの「いたずらっ子」ならぬ「いたずら爺」ぶりに笑わせてもらいました。

    入院の話しを巧みに使い泣き落とし戦術までとるしたたかさも見事。それが簡単にバレてしまうところがご愛嬌です。【ネタバレ注意】ただし弥太郎さんはこの先で倒れるので、今回の件はその時のフラグかも知れません。

  • 登場人物中たった一人、焦り醜態をさらす圭太くん
    焦りまくる圭太くんの本音が見え隠れ。仕事と結婚のどちらが大事なのかという質問に隠される本音はズバリ、仕事よりも結婚を優先して考えてほしいということかと。

    そのような価値感を女性に求めるのなら、ここはやっぱり弥太郎さんの言葉に素直に従い専業の女将を嫁にもらうべきかと。

    追記:仕事と結婚のどちらかが大事なのかという質問が人生相談での質問ワースト1ということを初めて知りました。

<<前回81話 | 次回83話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. koji より:

    それにしても本作の特にキャストが激昂したときに発する台詞はかなり際どいですね。

    石川県在住者としては例え方言であっても、放送にたえられないのでは?。という台詞が随所に聞かれます。

    今回の圭太君の激昂の台詞も然りです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言い方がドギツイので余計にキツく聞こえるのかも知れませんね。
      一般的に標準語の「馬鹿」はキツく聞こえる言葉として認識されていますが、『梅ちゃん先生』で梅ちゃんがノブに対して連発していた「馬鹿」は実に柔らかくて新鮮でした。言い方でもずいぶん変わるものですね。

  2. きみ より:

    おはようございます。

    圭太は2年半会わない間に、お互いのことを自分の都合よく美化していたということでしょうかねぇ。

    「お前のことが結婚したいくらいに好きな俺と、なぜ結婚できない」理論の圭太は・・・・ちょっとストーカー気質なのかな、なんて思っちゃいました。

    今後はやっぱり圭太を選んで良かったね、という男になってほしいものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「お前のことが結婚したいくらいに好きな俺と、なぜ結婚できない」理論

      鋭い指摘ですね!たしかに、圭太くんは一子ちゃんとの時から、自分は正しいという思い込みが強過ぎるくらい強かった。その性格がまたしても炸裂しはじめたようです。ただ、この一点について圭太くんはブレがないかも知れないですね。

  3. スピカ より:

    今回の圭太は2年半積もりに積もった思いが暴走しまくりです。
    顔もスタイルもイケているのに、そこが残念なところが圭太なのですが…。
    ネタバレも読んで先の内容がわかってはいるけれど、やっぱり今週土曜日の一区切りまでドキドキしますね。

    ところで今のストーリーは年代を計算したら2006年くらいかな?
    2007年は能登半島地震があった年です。
    その事には触れるのか?
    でもそに触れちゃうとまた『あまちゃん』と比較されそうだし…。
    普段地震のない所だったから、大きな出来事だったからなあ~と、『まれ』好きの私は悶々と考える次第です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      今週は2006年春かと思います。2007年の能登半島地震では、「紺谷弥太郎」のロケ地ともなった工房の土蔵が崩れるなど大きな被害があったみたいです。そのあたりに触れるかどうか、気がかりですね。

      > 今回の圭太は2年半積もりに積もった思いが暴走しまくりです。

      希ちゃんに連発した「ダラ!」をそのまま圭太くんに返してあげたかったです。今回は。

  4. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    圭太君……。
    「お互い仕事を続ける為に遠距離結婚」って自分で言い出したくせに、「仕事と結婚どっちが大事け?」はないです。

    職人同士で結婚したら、こういうことが多々起こるってことがなぜ予想できない?

    2年半前から成長してないところを露呈してしまいましたね。

    いのっちが、「明日(明日のあさイチのゲストが山崎賢人君)説教する!!」って言ってましたが、同感です。

    来週には希ちゃんと圭太君は結婚するようですが、2人の未来に対して不安しか感じない回になりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > いのっちが、「明日(明日のあさイチのゲストが山崎賢人君)説教する!!」って言ってましたが、同感です。

      いのっちが、男は焦ると醜態をさらすと大人のフォローをしましたが、その優しさが心に沁みました。