まれ 86話 希のケーキが大悟を抜く

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月7日(火)放送
第15週 第86話「下克上駄菓子ケーキ」

『まれ』第15週 第86話「下克上駄菓子ケーキ」あらすじ

希のケーキ「レ・キャトル・サン・クー」の人気は上がり続け、一ヶ月のうちに三回も大悟のケーキの売り上げを超えていました。そんな中、大輔と徹は大悟を案じていました。年をとった大悟の腕が衰えてしまったのではないかと大輔と徹は考えていたのです。

その頃、能登では慎一郎が漁協の東京旅行の準備を進めていました。しかし、洋一郎は上京時に一子と会いたいと誘ったものの断られ落胆。一方のはるは、東京にいる一子の不自然過ぎる元気さを心配していました。

同じ頃、大悟の身に異変が生じ始めていました。大悟は胃の不調を訴え、大好物だった激辛料理が食べられなくなり、仕事上でも材料の計算間違いをするなどそれまでの大悟には考えられない失態が続いていました。そんな大悟を希は案じていました。

そんな中、オーダーケーキの依頼をしていた客・榊原が、大悟でなく希にケーキを頼みたいと注文。その注文に希が動揺する中、一子が思いがけず来店。その時、店に騒ぎが起こりました。大悟が腰を痛めて動けなくなってしまったのです。

<<前回85話 | 次回87話>>

『まれ』第15週 第86話「下克上駄菓子ケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

希のケーキ「レ・キャトル・サン・クー」は売れ続け、大悟のケーキを脅かします。かつて料理対決のテレビ番組でもそうであったように歯車がひとつ狂い始めると、とことんまでボロボロになってしまう大悟のそんな弱点が再び露呈。

弟子のケーキ。しかも、かつて自分が「小学生の初恋」と揶揄したケーキに売り上げで圧倒される大悟の焦燥感は筆舌に尽くし難いものがあるかと。そんな焦りが大悟の歯車を完全に狂わせてしまいます。

話変わって、大阪から東京に移っているはずの一子が久しぶりに登場します。また、上に記したあらすじからは省きましたが、今回、洋一郎が漁協の東京旅行の準備に着手。そして、洋一郎と一子の大人のリアリズムを描いた切ないエピソードが間もなくはじまります。

『ちりとてちん』劇中で、大阪から東京に移り挫折を経験したA子。『あまちゃん』劇中で、東京行きが叶わず北三陸で挫折してしまったユイ。この二人に次ぐ挫折キャラ・一子が間もなく誕生です。

『まれ』第15週 第86話「下克上駄菓子ケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

  • 大悟シェフ、第86話の異変まとめ
    今回、シェフに生じた異変をまとめました。

    ・胃の調子が悪く激辛チャーハンを断る
    ・アーモンドパウダーの計算ミス発覚
    ・試作準備中に深いため息をつく
    ・そしてぎっくり腰
    ・希ちゃんを「津村」でなく「紺谷」と呼ぶ(これは異変?)

    『ちりとてちん』でもヒロインの師匠の小さな異変はやがて悲しい別れにつながりました。大悟シェフが心配です。

  • 自分のケーキの人気が上昇しても素直に喜べない希ちゃんが優しい
    クレーム・パティシエールを黙々と仕込むシェフの後ろ姿を見守る希ちゃんの姿に見え隠れする師匠思いが心に沁みます。

  • 今回の洋一郎くん、切なさを通り越す
    このところ切ない場面が続いていた洋一郎くんですが、一子ちゃんのブログへのコメント回数が一日あたり10回・・・ストーカー並みの激しさ。切なさを通り越したかも。

  • 一子ちゃんを案じるはるさんと何かを察するマキちゃん
    元気過ぎることが気になるはるさんの母の洞察力がさすがです。しかし、それ以上にマキちゃんが何を察している表情を見せる。

    マキちゃんが何を考えているのかが気になるところです。

  • 一子ちゃんが何かをたくらむ
    「マ・シェリ・シュ・シュ」に突然やって来た一子ちゃん。希ちゃんのケーキの評判の良さを目の当たりにして何かをたくらんだ表情を見せる。次週へのフラグ?
<<前回85話 | 次回87話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


10 Responses to “まれ 86話 希のケーキが大悟を抜く”

  1. ちぃちぃ より:

    pはようございます。

    一子ちゃんは、以前大輔君に『希を傷つけたら許さない』って言ってましたが、今は一子自身が希を傷つけようとしてるんですよね。

    夢破れ、ただれた生活を送っている一子ちゃん…。
    色々心配です。

    心配と言えば、前にどなたかもコメントしていらっしゃいましたが、一徹・みのり夫妻には未だに子供がいないんですね。

    先週再登場するまでは、今度出てくるときには、赤ちゃんを抱っこしているか、お腹が大きくなっているかどちらかだと勝手に想像してました。

    こちらもちょっと心配です。

    挫折キャラばっかり出てくる朝ドラは切ないです。
    この二人に早く赤ちゃんを…。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 心配と言えば、前にどなたかもコメントしていらっしゃいましたが、
      > 一徹・みのり夫妻には未だに子供がいないんですね。

      野球チームを構成出来るほどの子供が欲しいがために急いで結婚し、あれからそれなりの時間も経過しているはず。このままゆくと先が気がかりですね。

  2. きみ より:

    こんばんは。

    一子・・・希と圭太はお似合いだよ、クライアントから指名、社長からプロポーズ・・・一体どこまでが本当でどこまでが嘘なんでしょう?

    大嫌いだと思っていても、希のお店を訪ねて幼馴染の友達として、変わらずふるまう一子。

    お客さんからシェフを差し置いて指名される希を目の当たりにする一子の心を想像すると辛くなりますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      呑気でお気楽なキャラが多い中、唯一、屈折して複雑なキャラなので一子ちゃんの切なさが際立ちます。これからしばらく彼女の辛い日々が続きそうですね。

  3. はる より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見いたしております。

    ジェットコースターのような展開にようやく慣れて
    楽しめるようになりました。

    気になるのは大輔です。中途半端な役割だったので
    このまま終わらないでほしいと思っていたら
    輪子の、いつになく執着している発言からの指輪奪取。
    これは大輔とまれが結ばれるフラグと思いました。
    以前、デートというドラマで運命の相手からの指輪はすんなり入ったのに、そうでない相手からのは邪魔が入って絶対はめられない。というエピがあり「あっ」と思ってしまいました。
    考えすぎですか?
    でも、そうだと嬉しいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ゴン太くんの性格から言って簡単に引き下がるものとばかり思っていましたが、まだまだ揺さぶりをかけてきそうですね。
      物語の舞台が再び横浜から能登に移っても、彼はどこにでもやって来るので思いがけない展開があるかも知れません。

  4. かおりんご より:

    一子ちゃん、先日電話のシーンで「同伴」って言ってましたね、そういえば。
    キャバ嬢になってしまったのか!
    モデルの夢はどこへ行ってしまったんでしょうか・・・。

    一子ちゃんの落ちぶれっぷりが半端ない気がしますが、
    ここまで落ちてしまうのもなんだかかわいそうにも思えたりもします(+o+)
    でも最終的には希ちゃんともキッチリ和解して、幼馴染み6人がまた仲良くそろってワイワイしてくれることを願ってます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      一子ちゃんが能登で行き詰まっている頃から、マキちゃんがひそかに気にかけてくれていたので、一子ちゃん復活のためにひと働きしてくれるんじゃないかと期待しています。最後までには、6人組が再び仲良くなってもらいたいですね。

  5. KUMI より:

    レビューと解説の
    『とことんまでボロボロになってしまう徹』ではなく『てとことんまでボロボロになってしまう大悟』ではないですか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      誤記載へのご指摘ありがとうございました!
      早速、訂正させて頂きました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ