まれ 95話 希が対決への覚悟固める

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月17日(金)放送
第16週 第95話「絶縁コンビニスイーツ」

『まれ』第16週 第95話「絶縁コンビニスイーツ」あらすじ

能登では仲間たちが一子を心配していました。対決で敗北したら一子は二度と能登の土地を踏むことが出来なくなってしまうのではないかと。東京に行って一子を止めるべきと考える一徹にみのりは言いました。ここは洋一郎に任せるしかないと。

その頃、洋一郎は能登の仲間たちが一子を案じる気持ちを伝えようと必死の説得を試みていました。しかし、仲間の価値を説く洋一郎に一子は反発。自分は彼らを仲間だとは思っていないと言い切り、洋一郎を驚かせます。

そして迎えた「スイーツバトル」のイベント当日。一子の考案したスイーツのテーマは「幸せ貧乏家族」。それは希が高校時代に挑んだロールケーキコンテストで出品した作品のテーマでした。一子の挑発とも言える行動に希は言葉を失いました。

二人のスイーツの試食会がはじまりました。参加者が勝敗の投票をする舞台裏で、広告代理店の担当者・仙道の意外な言葉が一子を動揺させます。実は「スイーツバトル」は出来レースで、一子の勝利はあらかじめ決まっていることだと仙道は一子に語ったのです。

<<前回94話 | 次回96話>>

『まれ』第16週 第95話「絶縁コンビニスイーツ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

対決の勝敗次第では、一子が二度と能登の土地を踏めなくなることを危惧する仲間たち。そんな仲間たちの思いを託され、一子に必死の説得を試みる洋一郎。これまでずっと残念キャラであり続けた洋一郎の活躍が光ります。

漁師を継いだ父親思いの洋一郎は安易に能登を離れることが出来ない立場にある。だからこそ、一子が能登に戻れぬ身となってしまっては、一子は完全に叶わぬ相手になってしまう。洋一郎は必死です。

そんな洋一郎の一途さがいつか報われる日が来るのか。

これまでも洋一郎の春到来を願ってやまない当ブログ管理人でしたが、今週の悲愴なまでの洋一郎の活躍に触れ、ますます彼に春がやって来ることを願わずにはいられなくなりました。願わくば一子に洋一郎の価値に気付いて欲しいものです。

さて、かつて大悟の「対決」を応援していた立場の希が、今度は自ら「対決」の舞台に引っ張り出されます。対決のはじまりです。

『まれ』第16週 第95話「絶縁コンビニスイーツ」
 朝ドラ観賞後の感想

  • 一子ちゃんの「洋一郎のくせに」再び
    ジャイアンの「のび太のくせに」を彷彿させる一子ちゃんの「洋一郎のくせに」が再び登場しました。残念な洋一郎くんに浴びせられるこの言葉はツボにハマりますが、今回みたいな本気の洋一郎くんへの言葉としては、ちょっこしキツいかも知れません。

    しかし、その直後の「俺の秘蔵の」グラドル映像。やっぱり「洋一郎のくせに」でした。

    それはさておき「お前が好きや!」と絶叫する洋一郎くんに対する一子ちゃんの反応、あれもキツ過ぎました。「知っとるけど・・・」そしてため息。洋一郎くん、深く傷ついたのではないかと心配です。

  • 一子ちゃん「仲間ごっこは卒業した」
    負け犬に成り下がった自分を正当化するために「仲間」を仮想敵にまで仕立て上げる一子ちゃんの焦りが観ていて苦しい。そんな一子ちゃんの焦りを理解しつつも若さ故に受け入れ切れない洋一郎くんの苦悩もまた観ていて辛い。

    洋一郎くんが一子ちゃんを無邪気に追いかけ回していた能登時代が懐かしい気持ちでいっぱいです。

  • ゴン太くんのフォローが今回も的確
    圭太くんの、良く言えば可愛い、悪く言えば稚拙な希ちゃんへのフォローの言葉。希ちゃんもそれを心得ているのか、圭太くんのフォローを持ち上げてみせる。

    その一方で、ゴン太くんのフォローが今日も的確。今の希ちゃんが言われて一番嬉しいことをさりげなく口にするゴン太くんが粋なことこの上ない。

    「喧嘩中だったのに(希ちゃんを)守るって、感動した」

    そんな円熟したフォローはわざわざ持ち上げたりはしない希ちゃん。ゴン太くんと一緒の希ちゃんの方が自然でリラックスしているように見えるのは僕だけでしょうか。

  • 「幸せ貧乏家族:99円」vs「ちょっぴりハレの日:350円」
    「ケの日」志向の希ちゃんが「ハレの日」をテーマにしたケーキをつくり、「ハレの日」志向の一子ちゃんが「ケの日」をテーマにしたケーキをつくるこのギャップが楽しい。

    思えば高校卒業時に「ケの日」志向の人生を選択した希ちゃんが「ハレの日」の日々を歩み、「ハレの日」志向の人生を夢見た一子ちゃんが「ケの日」から抜けられない。

    この矛盾は結末にはどのように回収されるのでしょうか。その回収に、洋一郎くんが関わって来るのか。一子ちゃんの今後から目が離せません。

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きみ より:

    おはようございます。

    洋一郎の「お前が好きや!!」で画面に出ていた台風情報も空気を読んで飛んで行ってしまいました(笑)。

    希は能登にいる時から他人の夢を応援することが好きでした。
    なので、「支えてあげたくなる」圭太と「支えてもらいたくなる」大輔では、圭太の方が希にとってそばにいたくなる相手なのかな、と思います。

    大輔の方が今の時点でいい男なんですけどね~。余っているなら欲しいくらいです(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 希は能登にいる時から他人の夢を応援することが好きでした。
      > なので、「支えてあげたくなる」圭太と「支えてもらいたくなる」
      > 大輔では、圭太の方が希にとってそばにいたくなる相手なのかな、と思います。

      鋭い洞察ですね!心から納得してしまいました。
      このコメントを読んだことで、今後は圭太くんのちょっこり頼りなさも安心して観ていられそうです(笑)

  2. マロン より:

    初めて!
    毎日楽しく拝見してます。
    今日の希ちゃんと圭太君の会話、微笑ましかったです。圭太君の不器用が出てて、それに対して希ちゃんが優しく返してる感じがしました。上手く言えなくてごめんなさい…

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 圭太君の不器用が出てて、それに対して希ちゃんが優しく返してる感じがしました。

      希ちゃんは不器用な夫を見守る藍子さんに似たのかも知れませんね。ゴン太くんみたいにしっかりした男性に自分は不要くらいに思っているのかも知れません。

  3. ひー より:

    シェフが希ちゃんのカップケーキ食べたときの表情、いいの作ったなって感じで嬉しかったです。食べてみたい(笑)

    そして大輔さん、素敵です。大輔派としてはやっぱり大輔とくっついてほしかったかなぁ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      希ちゃんのカップケーキを食べた時のシェフの顔が実に良かったですね。一秒たらずの表情の中に弟子への信頼が込められていました。さすが名優の貫禄だと思いました。

  4. 浜のおばば より:

    おはようございます。

    今日は能登の仲間たちの想いが切ないというかじんわりきました。
    希ちゃんと圭太君が結婚してから、内容がより濃い感じになったように思います。
    明日どのような展開になるのか、洋一郎君の活躍が期待されます。

    それにしても太鳳さん、ドラマスタート時から時を重ねてきれいになっていますね。(元々きれいですが)

    来週はまた問題があって大変のようですが、それを機に圭太君との能登の生活が始まるようでそれはそれで楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      希ちゃんの結婚以来、すっかり大人のドラマになりましたね。若い役者さんたちも自分が未経験の大人のリアリズムをしっかり演じ切っていてさすがはプロだと感心させられっぱなしです。

  5. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    洋一郎君、せっかくかっこよく決めたのに、流したDVDがよりにもよって、グラビアアイドルのイメージビデオ……。
    なんか、あまりに洋一郎君らしくて、なんとも…(笑)

    大輔君が希ちゃんを励ますシーンはリアルタイムで映像つきだったのに対し、圭太君の方は音声のみ…。
    まあ、どうせ電話だから映像は必要ないかもしれませんが、なんとなく大輔君と比べて圭太君の方が演出上の扱いが雑なような気がするのは私だけでしょうか?

    2人の対決は『出来レース』だった…。
    (多分)夜もろくに寝ないで頑張っていた二人の努力をあざ笑うかのような大人の企みを知ってしまった一子ちゃんがどう出るか、明日も見逃せませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      前回、今回と、成功を手中に収めるために冷酷な悪女を装いつつも、なにげなく洋一郎くんを住まわせてあげたり、出来レースに動揺したりするあたりに一子ちゃんの最後の良心が見え隠れ。そのバランスを見事な演技で見せてくれました。一子ちゃんから目が離せません。