まれ 99話 過労で倒れてしまう圭太

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月22日(水)放送
第17週 第99話「究極選択パリブレスト」

『まれ』第17週 第99話「究極選択パリブレスト」あらすじ

希のもとに能登から連絡が入りました。圭太が過労で倒れたというのです。希は慌てて能登の圭太のもとに向かいます。圭太が倒れたのは弥太郎の入院がきっかけでした。脳梗塞で倒れた弥太郎の仕事も一手に引き受けた圭太には休む間もなかったのです。

その頃、圭太は弥太郎の悲願だったフランスの磁器メーカーへのコラボの提案を引き継いでいました。途絶えていた陶胎漆器の技術をようやく再現できた弥太郎の夢を、圭太はどうしても誰にも頼らず実現したかったのです。

しかし蒔絵師・葛西の描いた下絵を磁器メーカー側は納得せず、圭太は葛西と磁器メーカーとの板挟みになって苦悩を深めていました。そんな圭太に、希は自分のフランス行きの話しを聞かせ、希の話を聞かされた圭太は再びやる気を取り戻します。

一方の徹は銀行まわりをしていました。事業計画書を携え融資を願い出るものの、どの銀行も徹の懇願に首をタテに振ろうとはしませんでした。ついに徹はある決意を固めました。自己破産して会社を畳み、一から出直そうと藍子に宣言するのでした。

▼関連記事
弥太郎が夢見る「陶胎漆器」とは/輪島塗とフランス磁器のコラボ

<<前回98話 | 次回100話>>

『まれ』第17週 第99話「究極選択パリブレスト」
 事前発表あらすじのレビューと解説

希が繰り返し電話をかけても圭太につながらないのには理由がありました。その理由が今回明らかになりました。圭太は過労でダウンです。

一方で、徹は再度の自己破産を決意。フランス行きが舞い込み、舞い上がった希でしたが、そんな喜びも雲散霧消するような試練の数々。

良い事の後には悪い事が起きるというストーリーテリングの王道とも言える展開ではありますが、観ていて辛く苦しい一週になりそうです。

ただし、悪い事の後には良い事が起きるのもストーリーテリングのもうひとつの王道です。もう一つの王道通りの展開を今後に期待したいと思います。

ところで、弥太郎が倒れたのは脳梗塞との由。この病気だと退院した後にも後遺症が残るかも知れません。

そろそろ、塗師屋の承継が現実味を帯びて来ました。

『まれ』第17週 第99話「究極選択パリブレスト」
 朝ドラ観賞後の感想

能登の場面なのに桶作家が登場しないのが新鮮

希ちゃんが久しぶりに能登に帰郷。にも関わらず桶作家の場面は皆無で、会う人も紺谷家の面々だけ。希ちゃんが紺谷家の嫁になったことを改めて実感しました。

病室で文さんとは遭遇したものの、文さんは「お帰り」の一言も言わず塗師屋に戻れと希ちゃんを一喝。希ちゃんを紺谷家の嫁として振舞わせようとする文さん、さすがです。

徹さんが痛々しすぎる

融資してもらおうと土下座までする徹さんが痛々しすぎて直視出来ません。その姿を観て半沢直樹のお父ちゃんを思い出しました。

それはともかく、徹さんの会社の規模なら開業資金5000万円はまだ使い果していないような気がします。返せるだけ返して縮小して出直すという選択肢もあるような気がするのは僕だけでしょうか。

ところで、徹さんの会社の従業員はどうなってしまうんでしょうね。それが心配です。

「2000万円くらいなら貸せる」と言い切る一徹くん

幸せ貧乏家族育ちの一徹くんのこと。わずかな元手を着実に増やして「2000万円くらいなら貸せる」と言い切れるほどにまでなったのでしょう。

そして、今日明日にでも貸せる。容易に現金化出来るということは借り入れはなさそう。借り入れがなければ間もなく迎える(はずの)リーマンショックも破産するほどには痛手を被らないかも知れません。

弥太郎さんの暴走を食い止められるのはやっぱり文さんだけ

文さんが病室から出たスキを盗んで逃亡を図ろうとする弥太郎さん。そんな悪巧みを文さんに一喝され、おとなしくベッドに戻る弥太郎さん。相変わらず最強の文さん、健在です。

能登編の紺谷夫妻が楽しみです

圭太くんの職人としての矜持と、新婚さん故の甘えのバランスが絶妙で可愛い。

希ちゃんと圭太くん夫妻は、これまで遠距離結婚だったためどんな夫婦になるのか想像すら出来ませんでした。

今回、やっと将来の夫婦の姿が見えたような気がします。遠距離結婚状態が解消される能登編がますます楽しみになってきました。

<<前回98話 | 次回100話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. げんげろ より:

    1日経ってからですいません。手で体温測るのは、泥沼恋愛チョコレート週で大悟シェフが希に手で体温当てさせるシーンからのパスだと思います。あの時も、大悟は希の額に手を当てただけで希の体温を推察してました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      そう言えばそんな場面がありましたね!
      大悟シェフのスゴ技を希ちゃんも身につけたということですね。

  2. tomo より:

    朝蔵さん、朝蔵さん
    来月分のあらすじ予想はいつ頃になりますか?
    毎日このサイトを見ながらまだかなまだかなと楽しみに待っています
    頑張ってくださいね

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今週中には公開できる予定です。今、情報を収集&整理していますのでしばらくお待ち下さい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      お待たせしました!
      第19週の掲載を終えました。

  3. tomo より:

    久しぶりに圭太とまれのツーショットが見られてうれしいけれど、圭太の憔悴、徹パパのつらい表情を見ると切なくなりますね。
    愛があればお互いの夢のために遠距離婚もあり、と思っていたけれど、やっぱりそばにいて支え合って生きていきたい。まれの表情を見ていると、そう思っているのでは。
    この先能登に帰ってくる展開になりそうだけど、希ちゃんのことだから、新しい環境に悪戦苦闘しながらもきっと活路を見いだしていくのでしょうね。
    食べた人を幸せにするケーキ、能登にいてもそのぶれないスタンスがあれば、絶対後悔のない生き方ができると信じています。
    がんばれ!希!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 圭太の憔悴、徹パパのつらい表情

      今週は本当に辛いこと続きですね。上の二つに加えて弥太郎さんの病気、藍子さんの涙。この後にいいことがあると期待しています。

  4. tonden より:

    一徹の2000万円発言ですが、一徹のデイトレードのモデルの人ってジェイコム男ことBNF氏なんじゃないですかね?
    一徹は大学進学せずデイトレード、BNF氏は大学中退後スイングトレードで大成功をおさめ、今や有名な億万長者ですし。
    因みにBNF氏はリーマンショックで億単位の損失を出しましたが、その後大幅に資産を増やすことに成功しています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      BNF氏という方の存在を初めて知りました。
      リーマンショック後の立て直しも成功し3桁億の資産を築いおられるんですね。驚きました。

  5. スピカ より:

    圭太の熱、額に手をあてただけで分かってしまう希。
    パティシエになると、温度計が無くても分かっちゃうのね!?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > パティシエになると、温度計が無くても分かっちゃうのね!?

      さすがの職人芸ですね。確信を持って「39.2度」と言い切り、体温計で確かめようとすらしないところも立派です。

  6. サンダーバード999 より:

    はじめまして。
    まれのテンションの高さに引きずられるように楽しんでみています。

    大悟シェフから指摘のあった「まれの美的センスとその欠陥」は、ひょっとしたらパリに行くことではなく、能登に帰り、圭太の輪島塗に触れている間に磨かれていく、そんな展開になるのかな?と今日のお話を見ていてふとそう思いました。
    後一ヶ月ちょっとかな?今後が楽しみになってきました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 大悟シェフから指摘のあった「まれの美的センスとその欠陥」は、
      > ひょっとしたらパリに行くことではなく、能登に帰り、
      > 圭太の輪島塗に触れている間に磨かれていく、そんな展開になるのかな?

      これは素敵な予想ですね!
      一流の古美術商は、嫡男には幼い頃から本物だけを見せて審美眼を鍛えると聞いたことがあります。
      圭太くんは、老舗の塗師屋で幼い頃からそんな環境に身を置いているので、美的センスはかなりあるはず。
      圭太くんのもとで希ちゃんの美的センスが開花するというのはとても納得のゆく素敵な展開だと思います。

  7. げんげろ より:

    先程書いた希と大輔の会話は、昨日の回のことです。書く所間違えたみたいです。すいません

  8. げんげろ より:

    お世話になります。
    希が大輔と会話している時、ほぼ、というより全面的に標準語でした。横浜へ来て4年、やっと輪島言葉無しで喋れるようになったかとしみじみ。でも、そんな希が見られるのもあと1週間って所でしょうか。ちょっと残念です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      方言と言えば能登編第一部で、徹さんは能登ことばが全く身につきませんでしたが、これからはじまる能登編第二部での徹さんの「語学力」がどうなるのか、ちょっこし気になっています。