まれ 101話 圭太のフォローを望む希

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月24日(金)放送
第17週 第101話「究極選択パリブレスト」

『まれ』第17週 第101話「究極選択パリブレスト」あらすじ

フランスの磁器メーカー・ディニテのディレクターは、希の焼いたフランス菓子と輪島塗のコラボに感激。圭太の必死の説得も功を奏し、弥太郎の工房との契約のキャンセルは見直してもらえることになりました。

その頃、横浜の「マ・シェリ・シュ・シュ」では大悟が浅井や弥生に当たり散らしていました。浅井と弥生の仕事が大悟を満足させるレベルには遠く及ばない一方、大悟は希がこのまま能登から戻らないのではないかと気が気でならなかったのです。

一方、困難なプロジェクトに苦闘する圭太の姿を見て、希は圭太をフォローしたいという気持ちを強く心に抱き始めました。弥太郎や圭太たちが、希にすぐに横浜に戻るようすすめる中、希はある決意を固めると圭太にそのことを明かします。

希は能登に戻る決意を固めたのです。ピンチの時に相手を守れない夫婦にはなりたくない。落ち着いたらパティシエに戻る。今は圭太を支えたいと告げる希は、新たな決意を胸に秘めて横浜の「マ・シェリ・シュ・シュ」に戻ってきました。

▼関連記事
パリブレストとは自転車の車輪に見立てたフランス菓子

<<前回100話 | 次回102話>>

『まれ』第17週 第101話「究極選択パリブレスト」
 事前発表あらすじのレビューと解説

結婚前は圭太を「漆馬鹿」と揶揄していた希でしたが、自分自身も一流の職人として腕を磨く中で、圭太をはじめ輪島塗の職人たちの仕事ぶりに希は初めて心を動かされます。

希は、弥太郎の工房でこれまで何度も職人たちの丹精込めた手仕事を見てきたはずです。しかし、過去の希にはその価値がわからなかった。

輪島塗とフランス菓子のコラボを試みた時ですらも、蒔地の修理に挑んだ圭太の仕事への理解にどこか怪しいところがありました。

そんな希の輪島塗の世界への理解の浅さが描かれ続けてこられたのは、今回の希の輪島塗の職人たちの働きぶりの美しさに目覚める場面を際立たせるための小道具だったのかも知れません。

さて、弥太郎の夢を知り、祖父の夢に挑む圭太の情熱に触れた希が固める「ある決意」。それは希の人生の非常に重要な曲がり角になる決意であることが次回、明らかにされます。

『まれ』第17週 第101話「究極選択パリブレスト」
 朝ドラ観賞後の感想

今回は弥太郎さんと大悟シェフの、二人の大人の男の切ない姿が強く印象に残りました。

希ちゃん不在で機嫌を損なう大悟シェフの孤独

弥生ちゃんは、以前よりはまだマシになったものの到底大悟シェフを納得させるには未熟過ぎる。そして浅井はダサい(大悟シェフの親父ギャグより引用)

仕事が思うようにまわらない苛立ちもありますが、それよりも心配なのは希ちゃんのこと。美南ちゃんが父の気持ちを代弁したように、希ちゃんが横浜に戻って来ないのではないかと心配でならない。

最悪の場合、希ちゃんを失ってしまうのではないだろうか。しかし、そんな不安は口が裂けても言うことは出来ない。そんな大悟シェフの胸がヒリヒリするような焦燥感が、久しぶりに笑顔を失った大悟シェフの表情に濃厚に現れ、痛々しすぎて観ているのが辛いほど。

前回まで、希ちゃんに期待する大悟シェフの気持ちがたっぷりと語られただけに、余計に切ない大悟シェフでした。

希ちゃんを横浜に帰したくない弥太郎さんの苦悩

亜美ちゃんが、希ちゃんのつくる料理は「不味い!」とキッパリ。亜美ちゃんがあそこまで言い切ったのは弥太郎さんの差し金でしょう。その弥太郎さんも希ちゃんの淹れてくれたお茶を「不味い!」とバッサリ。

本当は嫁の希ちゃんを横浜に戻したくない。困難に直面する圭太の手伝いをさせたい。しかし、希ちゃんの夢を思えば半ば強引にでも横浜に帰さなければいけない。希ちゃんの夢を守ると宣言する圭太のメンツも立ててあげなければいけない。

そして、弥太郎さんは突き放すように希ちゃんに言いました。

「はよ、横浜帰ってくれんけ」

その時の弥太郎さんの背中に、複雑な胸中が見えるようでした。リアビリはかなえちゃんとやると強がりを言いながら、夜な夜なたった一人でリハビリに取り組む弥太郎さんの孤独な姿。実に切ない弥太郎さんでした。

<<前回100話 | 次回102話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. そよ風 より:

    希ちゃんはやっぱりお姉ちゃんなんだな、と今週の放送を見ていて思います。
    周りが見えるとやっぱりほっとけないんでしょうね。
    そして、甘えられない。
    そこが大輔君ではなく圭太君を選ぶ理由にもなったんだろうな、なんて。
    明日のシェフとの会話、なんだかドキドキします。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 希ちゃんはやっぱりお姉ちゃんなんだな

      一徹くんがあまりにもしっかりしているので忘れていましたが、希ちゃんはお姉ちゃんだったんですね。「お姉ちゃん」というたった一言で、ゴン太くんでなく圭太くんを選んだ理由が深く理解出来ました。とても的を得た一言をありがとうございました。

  2. 浜のおばば より:

    こんにちは。

    今日もお邪魔します。
    希ちゃんと圭太くん夫婦今遠距離結婚もあり結婚感がなかったですが、
    今日は大人になった2人、夫婦になった2人を観たように思います。

    2人の映像の間にはさまれた徹さん藍子さん夫婦の映像が
    なんとも言えませんでした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      切なすぎる場面ではありましたが、寄り添う徹さんと藍子さんの二人の姿。これこそが希ちゃんと圭太くんが目指す姿なのでしょうね。この二人が一緒になって良かったと、今日はじめて思いました。

  3. スピカ より:

    横浜で肩を寄せ会う徹さんと藍子さんもせつなかった。

    この先の展開を考えると大悟さんがさらに気の毒になります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      藍子さんに寄り添ってもらう徹さんを見て、藍子さんを呼び寄せていたのは不幸中の幸いだったと思いました。藍子さんがいなければ一人で苦境を耐えなければいけないですからね。それにしても寄り添う二人の場面、切なくも美しい映像でした。