まれ 105話 希の帰還/弥太郎の引退

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月29日(水)放送
第18週 第105話「親心ロールケーキ」

『まれ』第18週 第105話「親心ロールケーキ」あらすじ

希が能登に戻って来ました。職人たちの食事の支度やまだ調子が戻らぬ弥太郎の身の回りの世話など、紺谷家での多忙な生活がはじまります。希と圭太にとっては、結婚後はじめてとなる同居生活がスタートしました。

帰郷した希を藍子、そして元治や文たちはこころよく迎え入れました。しかし、能登に戻ってもなお、徹は深く落ち込んだままでした。能登に戻ったことを希が告げても、徹は力なく返事するのが精一杯なほどに力を落としていました。

そんなある日、圭太の父・博之と、母・直美が塗師屋にやってきました。二人は弥太郎から呼び出されたのです。弥太郎は圭太や希、そして工房の関係者全員も一堂に集めて宣言しました。自分は塗師屋を引退する。そして「五代目紺谷弥太郎」を圭太に継がせると。

当面は圭太に親方の修行をさせることで職人たちも弥太郎の宣言を受け入れました。博之は自分には関係ないと無関心を決め込みます。一方の圭太の母・直美は、希を女将として厳しく仕込むと弥太郎に約束し、希を震え上がらせるのでした。

<<前回104話 | 次回106話>>

『まれ』第18週 第105話「親心ロールケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

希が能登に戻って来ました。第二部能登編の本格スタートです。さて、第一部能登編は桶作家のある外浦村が舞台となっていましたが、第二部能登編は希の嫁ぎ先、紺谷家のある輪島が中心となりそうです。

そして、第一部能登編では登場の出番がなかった博之の妻であり圭太の母である女性が初登場します。名前は「紺谷直美」。演じるのは藤吉久美子さん。昨年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で官兵衛の継母「ぬい」役を演じていました。

希が帰還後の初となる回で早々に、弥太郎は引退を宣言。同時に「紺谷弥太郎」の五代目に圭太を指名します。そして、紺谷家に嫁入りした圭太夫人・希は瞬く間に塗師屋の女将に。いつかはパティシエに復帰するのでしょうが、このレビューを記した時点では不明です。

紺谷家と言えば、弥太郎と博之父子が確執を抱えたままでした。それもかなり深い確執を。またその博之はかつての希の天敵にして、市役所を辞める際に怒らせてしまった過去がある。紺谷家の厄介な人間模様に翻弄される希の姿が眼に浮かびます。

『まれ』第18週 第105話「親心ロールケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

能登編第2部がはじまりました。物語の舞台が再び能登に移ったのを機に、主題歌の歌詞に加えてオープニング映像の一部も差し替え。職人としては蕾の希ちゃんと圭太くんが大きな花を咲かせる物語のスタートを予感させる新鮮な朝を迎えることが出来ました。

文さんの不吉な予言

文さんが希ちゃんの決意を混ぜ返し元治さんにたしなめられる場面で、ちょっこり気になったことがあります。

かつて徹さんが起業した際、文さんが放った「倒産」という縁起でもない言葉が結果として「予言」のように働くことになってしまいました。今回、希ちゃんに放った「後悔」もまた不吉な予言なのかとひどく胸騒ぎがします。取り越し苦労で終わってほしいものです。

博之さんの活躍に期待

圭太くんの五代目襲名宣言を、自分には関係ないとか、こんな若造などと吐き捨てるように言う博之さんですが、息子の結婚式場探しに奔走していたことを暴露されてしまっているだけに強がりにしか見えません。

いちいち悪態をつくところもその動機は大悟シェフの「不味い!」と同じ照れ隠しかと。大悟シェフに次ぐ、愛らしい姿が期待されるクセモノおじさん・博之さんの今週の活躍が楽しみでなりません。

息子の名前を「ちゃん」づけで呼ぶ直美さん

姑の嫁いびりがスタートです。前作『マッサン』でも嫁いびりが描かれたものの、前作の早苗お母ちゃんは嫁の前で「政春ちゃん」とは言わなかった。時と場合によっては息子を馬鹿呼ばわりすることで辛うじてバランスが保たれていました。

加えて早苗お母ちゃんが実質的に亀山家の主のような存在だったのに対して、直美さんは弥太郎さんにいいところを見せたい一心で嫁いびりすることになる。直美さんと早苗お母ちゃんとでは嫁いびりのモチベーションの源泉が異なります。

直美さんと希ちゃんの嫁姑関係。早苗お母ちゃんとエリーちゃんの間のように「サンキューグッドバイ」と分かり合える日は来るのでしょうか。直美さんの若さから死別という選択肢もない中、嫁姑の関係がどう回収されるのかが気になるところです。

<<前回104話 | 次回106話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tonden より:

    コメント見てると、この展開制作者側の狙い通りなんじゃないのかと疑ってかかってる自分がいます(笑)
    あとなんで今頃出てきたの説ですが、当然以前から会ってて知ってたけどそのシーンをざっくり削ってるから視聴者がパニックになってると推測してます。
    よくドラマで新キャラが登場すると説明台詞とか説明的展開があったりしますが、それをなしにしたのは個人的には良かったと思ってます。
    あと朝蔵さんがコメントしてる「姑の嫁いびり」「最強の天敵登場」説。過去の紺谷部長や陶子さん、それに「まれ」自体が、これまでの朝ドラのセオリーをぶっ壊しまくってることを考えると、恐らくもっと深い意図があるんじゃないのかと推測してます。
    そもそも今週のタイトルが「親心ロールケーキ」ですからね(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      朝ドラ歴の浅い僕にとって、既往の朝ドラのパターンの中で直美さんのポジションを評価するのは困難なのですが、何はともあれ直美さんがらみのサプライズを期待せずにはいられません。博之さんも含めてあっと驚かせてくれることを楽しみにしていようと思います。

  2. tomo より:

    希と圭太の初同居
    初々しくて、にやけてしまいました。
    笑いながら寝ている希って…
    それにしても強力な圭太ママ。
    圭太ちゃんにはびっくり!唖然
    それにしても今までなぜ登場しなかったのか疑問です
    圭太が修業を始めるときも、結婚するときも、弥太郎が入院したときも…。
    あれだけ強烈なキャラのママが結婚をすんなりOKしたとは思えないし。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとございます。

      > それにしても今までなぜ登場しなかったのか疑問です

      希ちゃんが能登に戻ると決断する前に出していたら、能登に戻るか否かという希ちゃんの迷いがさらに深くなって見ごたえがあったかも知れませんね。でもそこまで描きこむと物語が複雑になりすぎるので直美さんの存在は伏せてあったのかも知れません。いずれにせよ、博之さん、陶子さんに次ぐ希ちゃんの三人目の天敵は「最強の天敵」確定ですね。おとろしい・・・

  3. ひー より:

    家族を大切にする希ちゃんが、圭太の家族への連絡を忘れていたのは、ちょっとイタイな…という感じも。圭太に言わなくていいって言われたのでしょうか。

    あと、塗師屋の嫁とはいえ、公務員の夫の妻であるお義母さんが、女将修行するってことに違和感があるのですが…夫は敷居を跨がないことにしたけど、嫁として女将やってたってことはないですよね?今まで弥太郎さんが奥様が亡くなって1人で頑張ってたって話だし。弥太郎さんが大変なとき手伝ってなかったのに、なぜ希ちゃんに「このていたらく」とか言えちゃうかなぁという気がしたのですが…

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとございます。
      直美さんの態度に反発する人も多いだろうなと思う部分もありますが、直美さんの態度や描き方に深く納得できる側面もありました。自分の周りを見渡す限り「自分は正しい!」と主張する人ほど欠点だらけの自分を見て見ぬフリをする傾向にあるので、直美さんの矛盾が妙にリアルに感じました。

      • ひー より:

        弥太郎さんにいいところを見せたいモチベーションに、なるほど…です。
        希ちゃんはこのイビりの意味とか関係なく、一生懸命がんばりそうですね。素直!
        いつか文さんのお義母さんへのコメントも期待です。「あー直美はなぁ…」

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとうございます。

          > いつか文さんのお義母さんへのコメントも期待です。「あー直美はなぁ…」

          なるほど、確かに事情通の文さんなら何か知ってるかも知れないですね!或いは市役所の裏市長も何かつかんでるかもです。今後何か出てきそうで実に楽しみな奥様です。