まれ 107話 博之が五代目継承を宣言

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年7月31日(金)放送
第18週 第107話「親心ロールケーキ」

『まれ』第18週 第107話「親心ロールケーキ」あらすじ

博之の五代目襲名が決まりました。しかし、博之が五代目に名乗りを上げたのは近い将来に出馬する市長選の戦いを有利にするためでした。真相を知った希は愕然とし、自己の利益のために輪島塗の伝統を利用しようとする博之に圭太は怒りを隠そうとしません。

輪島漆器組合の一同の前で博之は五代目襲名の挨拶をし、組合長や職人たちから歓迎を受けました。そこに圭太が飛び込んで来ました。キャンセルになった陶胎漆器をを考え直してほしいというのです。圭太は面々に必死で食い下がります。

圭太の姿に心を打たれた希は圭太を助けようと市役所に乗り込んで行きました。希はそこでキミ子から意外な事実を聞かされました。博之が五代目襲名に自ら名乗りを上げたのは圭太を守るために打った芝居だったのです。

博之が圭太のためにひと芝居打っているらしいこと。フランス磁器メーカーと秘密裏に交渉を進めているらしいことを知った希はそのことを博之に問い詰めました。しかし、博之はすべて希の憶測に過ぎないと一蹴。決して本当のことを語ろうとはしないのでした。

<<前回106話 | 次回108話>>

『まれ』第18週 第107話「親心ロールケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

博之が「五代目紺谷弥太郎」襲名を勝手に宣言。しかしそれは近い将来の市長選を睨んだ売名行為だった。ヒロインに近い登場人物の市長選出馬といえば『あまちゃん』の足立功。ユイの父が市長選に出馬しみごと当選を果たしました。

しかし、足立功氏は北三陸鉄道の復興を公約として真正面から戦いに挑んだ。一方の博之は公約よりも市長になるための市長選出馬。そしてそのための売名が見え見えの行動に突っ走りはじめます。

しかし、裏市長のキミ子が真相を暴露します。すべては博之が圭太のために打った大芝居だと。博之は自分の嫌われキャラを存分に活かし、悪逆の限りを尽くして漆器組合や職人の面々のヒンシュクを買おうと行動に出たのです。

狙いは漆器組合や職人の面々に音を上げさせること。そして五代目には博之より圭太のほうがマシだと言わしめること。しかし、父の意外過ぎる息子思いの本心に、圭太はまだ気付いてはいません。

漆職人になることをあれほど反対していた博之が、何故、ここまでして圭太を守ろうと行動に出たのか。博之の行動の動機が気になる第107回でした。

『まれ』第18週 第107話「親心ロールケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

沈黙を貫き通す弥太郎さんが潔い

長年の悲願だったプロジェクトをいとも簡単に中止にし、今日まで育ててきた孫を無下に扱う博之さんの暴挙を見て、弥太郎さんとして口の一つも出したいに違いない。

しかし、知らん顔を決め込む弥太郎さん。かなり無理しているに違いありません。隠居は肩身がせまいとか、可愛い年寄りでないと嫌われるとか、口出しせずにはいられない自分に言い聞かせているようにしか見えません。

息子の博之さんとお世辞にも分かり合っているとは言えないにも関わらず「紺谷弥太郎」の名を譲った以上は徹底して博之さんに任せ切る潔さが立派です。

今のタイミングで圭太くんの肩を持てば、博之・圭太の親子の間には修復が困難なほどのヒビが入りかねない。そんな読みもあるのかも知れません。

決して手の内を明かさない博之さん

裏市長・キミ子さんの推察の通り、博之さんの市長狙いの五代目襲名も巻き起こしている騒動もすべて芝居かも知れません。作劇の都合からもきっとそうなのでしょう。

しかしそれでも尚、芝居に見えない。スキを一切見せない博之さんの緻密な言動と行動がおみごとです。

博之さんの一連の行動が芝居だとしても極めてリスクの高い芝居です。ひとつ間違えれば圭太くんとの父子関係はますます悪化しかねない。

そんなリスクを負ってまで、目先の父子関係よりも息子の立場を守ろうとしたことが明らかになった時、きっと僕は博之さんの大ファンになっているかも知れません。

博之さんの五代目襲名とそれに次ぐ陶胎漆器キャンセル宣言。それに続くフランス磁気メーカー、アンドレさんとの面談。

博之さんの一連の行動がどのように回収されるのかが楽しみでなりません。

追記:父親を尊敬出来ない圭太くんが切ない。尊敬出来ないと言われてしまった博之さんも顔には出さないまでもさぞかし痛烈な一言だったかと。

次回あたりに、父親を心から見直す圭太くんの場面を用意しておいてほしいものです。

希ちゃんの左脳の分析力が冴える

博之さんが本気で怒っていないことを見抜く希ちゃんがさすがです。

実はこの場面で、博之さんがグルグルまわらず方言も炸裂しないことに不自然さを感じていました。本気の怒りでないと希ちゃんに指摘させるためのものだったのかと納得です。

<<前回106話 | 次回108話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


12 Responses to “まれ 107話 博之が五代目継承を宣言”

  1. tomo より:

    博之さんの真意が気になります
    きっと良い方向へ向かうものと思います
    それより今日の放送での直美さん、旦那さんと息子(どちらも最愛の)の確執、そして圭太の「親父は尊敬できない」発言に心を痛めている様子、見ていてつらくなりました
    希には強敵だけど悪い人じゃないし、きっと希ともわかり合える日が来るような気がします
    博之さん、柊子さんも天敵キャラだったけど、気持ちが通じ合えることができたように
    今日の圭太はへたれじゃなく、頼もしく感じました
    希、後方支援がんばれ!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 博之さんの真意が気になります

      博之さんの真意には驚かされましたね。息子から尊敬出来ないと言われても、その場限りの尊敬よりも将来の息子の成功を願うとはすごい父親です。圭太くんがついに父親を尊敬出来る・・・父親を尊敬することが許される日はどんな場面になるんでしょうか。実に楽しみです。

  2. 浜のおばば より:

    こんばんは。

    直美さんと藍子さんとの会話が気になりました。
    圭太くんと博之さんの中を案ずる直美さん、
    それは徹さんと一徹くんの関係に通じるものか
    藍子さんの表情がちょっと曇ったようにみえました。
    来週にそれが繋がるのでしょうか。

    博之さんと圭太くんの親子関係は
    希ちゃんが関係を取り持って行くのではないしょうか。
    それを期待したいと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 博之さんと圭太くんの親子関係は
      > 希ちゃんが関係を取り持って行くのではないしょうか。

      博之さんと圭太くんの不仲は、単なる不仲ではないという展開には驚きました。そしてその不仲を延長させることで父子の関係を取り持った希ちゃんの決断に感動しました。

  3. スピカ より:

    今日はディニテのお二人は輪島市役所に出没。
    ディニテの輪島塗とのコラボは結構本気なんですね。

    通訳の渡辺さん役の本田大輔さんは『花子とアン』では、編集社の三田さん役でも出演されていましたが、本田博太郎さんの息子さんだったのですね!?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 通訳の渡辺さん役の本田大輔さんは『花子とアン』では、編集社の三田さん役でも出演されていましたが、

      通訳と三田さん役、記憶からとんでいて頭の中で全くつながりませんでした。本田大輔さんの出演されている映画は何本も見たことがあるので強く印象に残っている役者さんだったんですが・・・

      希ちゃんの衣装の件といい、スピカさんの記憶力はすごいですね。

  4. ざわ より:

    横浜後半戦、切なすぎて苦しくなること間違いないですね。
    私的には、洋一郎に幸あれと願ってます!誰よりも優しい心を持っていて、一子のために時には圭太と喧嘩したり熱い部分もあるキャラだなと思いました。どうか幸せになってほしい。また、徹さんにも幸せになってほしい。最初はダメダメキャラかと思いましたが、横浜での良いお父さんっぷり最高でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      徹さんと洋一郎くん。二人揃ってはじめの一ヶ月から二ヶ月は残念過ぎるキャラでしたが、ここに来てその優しさが心に沁みますね。特に徹さんはすっかり格好いいパパになりながらも、自分はダメだと思い込んでいるその謙虚さがたまりません。

  5. みるき より:

    あらすじ読んだだけで泣ける

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      あらすじを編集しているだけでも泣けてきます。

  6. Part2c より:

    いつもありがとうございます!!
    最後まで一気に読んでしまいました。

    希が圭太と結婚してからも、大輔はいろいろと力になってくれるのですね。ちょっと切ないけど、そして危なっかしいけど、大輔を観ることができるなら ありがたいかな(笑)

    徹さん、生きているのですね~!!よかった!!
    また、自己破産してしまうらしいですが‥一度成功した人はやり方を知っているので、また一から出直す日もくると信じます。

    でも、横浜の後半、ほんと切ないなぁ
    大悟も、一子も‥

    せめて、一子と洋一郎がハッピーエンドを願うのですが まさかの大輔&一子もありかと思うと、複雑です‥

    いつも、ほんとうにありがとうございます!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 自己破産してしまうらしいですが‥一度成功した人はやり方を知っているので、また一から出直す日もくると信じます。

      確かにそうですね。ストーリーを編集しながら徹さんが気の毒でならなかったのですが、おっしゃるとおり一度成功出来た人は倒されてもゾンビのように立ち上がりますからね。徹さんの「ゾンビ」を期待して待っていることにします。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ