まれ 108話 陶胎漆器実現に動く圭太

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年8月1日(土)放送
第18週 第108話「親心ロールケーキ」

『まれ』第18週 第108話「親心ロールケーキ」あらすじ

五代目襲名を宣言した博之の一連の行動が圭太を発奮させるための芝居だったことを知った希は迷っていました。そのことを圭太に告げるべきかと。真実を告げなければ博之と圭太の親子は断絶したままになってしまうからです。

一方、真相を知らない圭太は輪島塗を利用する父への心からの怒りが起爆剤となり断念していた陶胎漆器のプロジェクトを再開。陶胎漆器のプロジェクトへの理解を得ようと、自分でデザインした蒔絵の下絵を見せて職人たちに食い下がります。

無関心を決め込む職人たちに圭太は言いました。陶胎漆器は弥太郎の悲願だ。これを成功させなければ弥太郎を引退させられないと。その言葉に心を動かされた職人たちは弥太郎の引退のはなむけにと圭太に協力。試作品はアンドレを満足させることが出来ました。

しかし、博之が市長選のために塗師屋を継いだことが職人たちの知るところに。怒り心頭の職人たちは博之を排除。その様子を見た希は決意しました。真実を圭太に告げず博之を悪者のまま去って行く立派な父親でいさせようと。そんな希を直美はついに認めるのでした。

<<前回107話 | 次回109話>>

『まれ』第18週 第108話「親心ロールケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

博之の打った大芝居の真相を希が知る一方で、圭太は父への怒りに任せて漆器組合の職人たちから総スカンを喰らっていた陶胎漆器を再開します。前週、職人たちの猛反発を受けた際には陶胎漆器を諦めた圭太でした。

しかし、頭に血が上り切っている今の圭太にとっては、感覚が麻痺して職人たちの猛反発も無関心な態度も蚊に刺される程度にしか感じないのかも知れません。

博之の圭太を守るための大芝居は、思わぬ形で圭太に行動を促し弥太郎の夢の成就まで成し遂げてしまいます。

息子を守るのは意図していたことですが、期せずして父親の夢を実現する手伝いまでしてしまうことになった博之。もしかすると「期せずして」でなく、陶胎漆器の再開に向けて圭太が動き出すことも狙っていたのでしょうか。

圭太を守ることに成功し、弥太郎の夢に道を開き、そして「五代目紺谷弥太郎」継承の大芝居は実際に市長選にも役立ち自分にも見返りがある。そこまで計算したのかは定かではありませんが、博之の思いがけない活躍が楽しみな週となりそうです。

『まれ』第18週 第108話「親心ロールケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

真実は徹底して封印し悪役を貫き通すまさかの展開。博之さんの男前ぶりに圧倒されっぱなしの『まれ』第108話でした。

今週の博之さんの圭太くんへの挑発のような言葉の数々。それらもすべて圭太くんを塗師屋に育てようとするための芝居だったのでしょう。そして圭太くんが高校三年生の頃のこと。博之さんが息子が漆職人の道を歩むことに猛反対していたのも、もしかすると職人の道を歩む息子の覚悟を質していたのかも知れません。

息子のために輪島塗りの職人たちをすべて敵に回すやり口もおとろしいほどです。「気持ちやら涙、そんなもので輪島塗を守れるならやってみろ」と博之さんは職人たちを挑発。その挑発に圭太くんが乗ってくるのも計算済みだったのでしょう。

そして職人たちへの挑発に圭太くんを乗らせることで、職人たちの指示を圭太くんに集めようという算段なのでしょうか。

博之さんの本心を口外しないと決めた希ちゃんの大人の決断。その希ちゃんの決断を高く評価した直美さん。そしてもう一人、博之さんのやったことをすべて理解しているらしい弥太郎さん。博之さんと圭太くんの父子断絶の解決は先延ばしになりましたが、救いもたくさんありました。

ところで、ここ数作品の朝ドラの親子の確執は、不器用な親とその親を誤解する子供のギャップから生じ、最後は涙の解決というパターンが繰り返されてきました。

しかし、博之さんと圭太くんの親子の確執は、博之さんが意図的につくりあげた確執です。そして親子断絶のリスクすら犯してでも、親子間の確執をつかって息子を一人前にしようという大局の父性愛。全く新しいパターンを見せてもらいました。(過去に同パターンがあるのかも知れませんが)

博之さんと圭太くんの意図的につくられた親子の確執の回収も、従来の涙の和解とは一線を画す、驚くような和解場面を見せてほしいものです。

<<前回107話 | 次回109話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


20 Responses to “まれ 108話 陶胎漆器実現に動く圭太”

  1. マロン より:

    コメントをしたんですけど、エラーになってしまったのですかね…
    すみませんm(__)m

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      当ブログは残念過ぎるコメントやスパムコメントを防ぐため、管理人による承認制をとっています。そのため、コメントがすぐに表示されないのです。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

  2. マロン より:

    こんばんは!
    今週のまれはまれちゃんも圭太君も少しすつ大人になった姿を見れた感じがして良かったです。圭太君はこれからどんどんいい男になっていくような感じがして嬉しくなりました。お互いがお互いを尊重しあってる感じがしてこれからの紺谷夫婦が楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      圭太くんの本気が、煮ても焼いても食えなさそうなおじさんたちを動かした瞬間は、圭太くんのステージが一つ上がった瞬間だったと思います。来週以降の圭太くんが楽しみですね。

  3. tomo より:

    博之さん、男前ですね
    そして博之さんの真意をわかっている弥太郎さんの穏やかで優しい表情
    希も博之さんの思いを汲んで言いたいのをがまんして。
    でも今日一番心に残ったのは直美さんです
    希のことをそっと見守りやさしく微笑む直美さん
    「圭太もなかなかの嫁を見つけたわね」と思っているかもしれません
    これからも口では厳しいかもしれませんが、その裏にある温かさを感じます
    圭太、5代目頑張れ!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      博之さんが芝居を打って圭太くんを鍛えているように、直美さんが希ちゃんをしごいているのも芝居だったとさりげなくわからせる演出が素敵でしたね。

      博之さん、直美さん揃って、嫌われるのを覚悟して息子と嫁を成長させようとするその心意気に感動させてもらった回でした。

  4. きみ より:

    こんばんは。

    圭太はまだまだ塗師屋としては未熟だけど、年上の職人さんたちから可愛がってもらえる人物、という点で良いのかもしれませんね。

    周りを引っ張っていくリーダーというより周りに支えられて成長する若きリーダーといったところでしょうか。

    能登編に入っていろいろな漆器がさりげなく登場して、汁椀や箸くらいしか知らなかった自分にとっては、まれを観る楽しみの一つになりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 年上の職人さんたちから可愛がってもらえる人物、という点で良いのかもしれませんね。

      年長者から可愛がられる才能は上下関係の厳しい世界ではとても大切な才能です。職人のおじさんたちを動かしたのは、その才能が開花した瞬間かも知れません。

  5. koji より:

    弥太郎さんも博之さんも実は互いの事をよく理解されてた感がありましたね。

    博之さんが五代目を宣言した瞬間ら互いに圭太くんへの熱い想いを通わせていたと僕的は察知しました。

    藤吉久美子さんは僕の大好きな女優さんです(*^^*)。イケズしてても可愛いかったです(*^^*)。

    そっちかい?。と思われるかもですが。。。(^_^;)

    しかし、希ちゃんと直美さんの嫁姑の確執が僅か三話で回収されるとは思いもしませんでした!。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 博之さんが五代目を宣言した瞬間ら互いに圭太くんへの熱い想いを通わせていた

      この時こそが、弥太郎さん・博之さんの父子の確執が人知れず解けた瞬間だったんですね。納得の観察です。

  6. ひー より:

    勘違いかもしれませんが…
    職人さんたちが博之さんに詰め寄る場面で、一瞬圭太が怒りだけではない表情をしたような気がしたのですが…あれ?もしかして自分のために演じてるって気づいたのかな?と。博之さんが本気で塗師屋継ぐなら、あんな喧嘩腰にはいかないだろうし、さすがに、圭太もわかった??
    「言われんでもする」発言は、まだ素直になれない圭太なりの「心配するな!任せろ!」だったりして?と考えたりしました。
    今までの圭太の様子からはそこまで読めてたとは思いにくいかもしれませんが(笑)希ちゃんが今回成長したように、圭太も成長したとか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      今回は圭太くんが明らかに成長したと思います。

      「言われんでもする」

      これを言ってしまった以上、彼も後には引けないのでますます変わってゆくことと期待しています。

  7. tonden より:

    藍子の意見に流されず自分で判断したという点で希は成長したんでしょうねえ。
    しかし圭太の株は下がりっぱなしのような気がするw

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 圭太の株は下がりっぱなしのような気がするw

      希ちゃんの絶妙な決断。希ちゃんの決断を讃える直美さん。そして博之さんのまさかの深い父性愛。三人の株が急上昇した分、圭太くんの株は相対的に下がったように見えるかも知れません。

      しかし、陶胎漆器を成功させなければ弥太郎さんを引退させられないというあの叫びはこれまでになく凛々しい姿だったと思います。これから博之さんにしごかれて男になってゆくのではないでしょうか。

  8. さや より:

    センスの無さは、似た者同士のようですね(^_^;) 二人ともフランスに行ってセンスを磨いた方が輪島塗の発展と、美味しいケーキに繋がるかも……?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 二人ともフランスに行ってセンスを磨いた方が輪島塗の発展と、美味しいケーキに繋がるかも……?

      塗師屋の女房よりも、大悟シェフの言われた通り希ちゃんはフランスに行き、圭太くんも専業主夫としてついて行ったほうが将来のためかも知れません(苦笑)

  9. トレンド より:

    リーマンショック(2008年9月)で一徹が株取引に失敗し
    能登から夜逃げ騒動を起こす展開を期待しているのだが。

    徹さんが一人で被りすぎでかわいそうになってくる

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      能登の震災もスルーしたようなのでリーマンショックが描かれるか定かではありません。
      しかし、リーマンショクの影響がもたらす結果よりもリーマンショックの影響に一徹くんがどう対処するかのほうがドラマとして盛り上がるかと期待しているのですが、映像化しにくい題材かとも思います。

  10. Part2c より:

    待ってました!
    そっか、こんな展開になるのですね。
    圭太、がんばるのね♡

    頭に血が上って(笑)
    圭太のとんがった顔が目に浮かびます。

    このまま圭太はフランスに、希もくっついて行って
    ケーキ職人再開の流れでしょうか。

    早く、早く続きを~~~♡

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > このまま圭太はフランスに、希もくっついて行って
      > ケーキ職人再開の流れでしょうか。

      この流れいいですね!
      パリロケの『まれ』、是非とも観てみたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ