まれ 123話 能登でのケーキ作り開始

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年8月19日(水)放送
第21週 第123話「復活マルジョレーヌ」

『まれ』第21週 第123話「復活マルジョレーヌ」あらすじ

事業計画を農協の「融資の鬼」みのりに却下された希は、厨房機器のすべてを中古にしメニューも限定するなど工夫を重ねました。そして新たな事業計画を農協に再提出するものの、またしても却下。希はその後、何度も農協に足を運ぶことになりました。

一方、高志は徹が失踪した希のことを案じていました。しかし、高志が希以上に心配していたのは藍子のことでした。深く落ち込む藍子を見ていて感情が高ぶった高志は思わず藍子を抱擁。自分のしたことに驚いた高志は逃げるように東京に去って行きました。

そんな中、希は18回も農協に足を運びようやく350万円の融資を受けられることが決定。圭太に支えられ、希は恐る恐る融資の契約書に捺印。大悟からの了解も得て、希のケーキ店づくりがスタートします。

仲間たちの協力を得てまいもん食堂の改装工事が本格的に始まりました。店の名は「プチ・ソルシエール」に決定し、朝市での宣伝活動も開始。ケーキは4種類。大悟に教わったケーキを能登の食材で再現したものです。

<<前回122話 | 次回124話>>

『まれ』第21週 第123話「復活マルジョレーヌ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

徹が横浜で起業した会社の清算を余儀なくされた頃のこと。徹に成功を促したことを悔やみ、横浜で家族と暮らす夢も破れ、深く落ち込む藍子を高志がいつにない熱弁で励ましたことがありました。

それまで見せたことのないような熱さ。藍子の肩にそっと手を回す仕草。そんな高志を見て、高志が好きだと語る「叶わぬ相手」とはまさか藍子のことなのかと心底驚かされたものですが、そのまさかが現実になりました。

藍子は悩んでいました。徹が離婚届を置いて姿をくらましたことを。文は藍子に助言します。二人の子供はもう独立した。徹のことを真剣に考えてみたらどうかと。この文の言葉はつまり離婚を真剣に考えてみろということでしょう。藍子の心は揺らぎます。

そんな藍子の前に高志が姿をあらわしました。そして、藍子の笑顔を取り戻してあげたい一心で高志なりに言葉を尽くして励ますうちに高ぶる感情。そして抱擁。高志の「叶わぬ相手」が藍子であったことは確定と考えて差し支えなさそうです。

一方で、希のケーキづくりがスタートです。融資は農協から。その農協の融資窓口はみのりです。みのりが農協に就職した際、両親までが揃ってやって来て上司や同僚たちに挨拶するその溺愛ぶりに卒倒しそうでしたが、年月が経ってみのりは「融資の鬼」に。

お局様ポジションも確立しはじめているかも知れません。

『まれ』第21週 第123話「復活マルジョレーヌ」
 朝ドラ観賞後の感想

高志くんの「叶わぬ相手」はこれで確定?

高志くんの「叶わぬ相手」は今回で確定でしょうか。気の毒な藍子さんに同情するあまり感情が高ぶって抱きしめてしまったという見方もあるかも知れません。

しかし、やっぱり「叶わぬ相手」確定と考えずにはいられないような高志くんの言動も見え隠れしていました。例えば・・・・

『朝イチ』の有働さんも指摘されてましたが、抱きしめた直後に「ごめんなさ」。同情が由来の抱擁であればあそこでは謝らないはず。

その前に、徹さん失踪のことで希ちゃんを気遣いつつも実は一番気がかりなのは「他の家族の人」すなわち藍子さん。面と向かって尋ねるのは恥ずかしいけれど聞かずにはいられない。そんな高志くんの揺れる心が「他の家族の人」という言葉に濃厚に現れていました。

希のフランス菓子店「プチ・ソルシエール(Petit Sorcière)」の意味

希ちゃんが輪島の朝市にこれから開店するフランス菓子店の店名「プチ・ソルシエール(Petit Sorcière)」の「ソルシエール(Sorcière)」とは魔女を意味します。

魔女と言えば魔女姫人形。希ちゃんはパティシエを目指す原点となった魔女姫人形をお店に命名したのです。

一方、希ちゃんと一子ちゃんが店名の一部をめぐってちょっこり口論していた「ペティット(Petite)」と「プチ(Petit)」。

ともに「小さい」という意味を持つ言葉ですが、希ちゃんが店名に使いたかった前者の「ペティット(Petite)」が女性形の言葉なのに対して「プチ(Petit)」は男性形。

そもそも「魔女」という女性を表す言葉に男性形の形容詞をつけることは正しい言葉の用い方なのか、僕はフランス語の知識は皆無なのでわかりません。

しかし、言葉の使い方にも「本物」を追求する希ちゃんと、日本人に認知度の高い「プチ(Petit)」をすすめる一子ちゃんのギャップ。

本物志向を貫くべきか、顧客の嗜好に合わせるべきか。今回の希ちゃんと一子ちゃんの口論は、希ちゃんが店の経営に当たってこれから直面する課題の暗示でしょうか。

圭太くんが今日もまた男前

今週は圭太くんの男前の姿が続きます。両親は現状で残念なことになっていますが、希ちゃん、一徹くんともに良い伴侶に巡り会えたものです。

<<前回122話 | 次回124話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぎんなん より:

    連投すみません訂正です。澤野さんです。間違えちゃった。

  2. ぎんなん より:

    こんにちは。月曜の回でサントラ1、2にない?初めて聞くような曲が流れていて気になって調べたら、9月にサントラ3が発売するんですね。知らなかったのでうれしくなりました。買わなくっちゃ!まれの劇伴はクオリティーが高く本当に素晴らしいです。音楽も楽しめます。さすが澤野さんです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとございます。
      『まれ』の音楽は、オープニング主題歌と劇中曲がうまいことシンクロして『まれ』の世界観を美しくまとめあげてくれていると思います。

  3. たろー より:

    店名の件、結果的に一子ちゃんのグッジョブでしたね。
    ただそれでも、元冶さんや文さん、慎ちゃんあたりが店名をちゃんと言えるのか心配ですが・・・(笑)
    もしかしたら、思わず笑ってしまうような、
    変な呼び方をしてしまうシーンがあるかも知れないですね。

    ところで、今日出てきたケーキの食材の中に、
    能登産のイチゴ、能登産のブルーベリーがあり、
    栗だけが能登産ではなく「能登栗」でしたが、これは実在するブランド栗の名前なので、「産」が付かなかったようですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとございます。

      > 「能登栗」でしたが、これは実在するブランド栗の名前なので、「産」が付かなかったようですね。

      貴重な情報提供ありがとうございます。僕はただ単純に「産」のつけ忘れと思って観ていました。

  4. きんどうにちよう より:

    本筋とは全く関係無いですが、希が店を出すつもりと聞いたとたんにブチ切れてスカイプ(のようなTV電話ソフト)落ちて紹興酒(ですよね?)呷る大悟シェフに吹きましたww。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとございます。
      恐らく色からして紹興酒だと思います。輪子さんに酒のお代わりを要求するなんてよほど腹に据えかねたみたいですね。相変わらずの大悟シェフでした。

  5. tonden より:

    店で出すケーキは4品みたいですが、この時点ではマジョレーヌはまだ出てきてませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとございます。
      みのりちゃんがコスト削減のため焼き菓子をやれと言ってましたが、どこかのタイミングで再びコスト削減に必要に迫られ、こだわりの焼き菓子「マドレーヌ = 魔女レーヌ」こんな展開になるのではと予想しています。おそらく外れると思いますが・・・

  6. ひー より:

    久しぶりの大悟さん登場が嬉しかったです。大悟さん、Skypeするんだ… 急に連絡取り合ったというより、大悟さん以外の方とはメールやらのやり取りがあって、からの今回のお電話なのかな?(大悟さんが自分からSkypeをするとは考えにくいので)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとございます。
      大悟さんはいかにも自分のアナログぶりを自慢しそうなタイプなので確かにあれは意外でした。でも案外新しもの好きなのかも知れません。とんがった世界で戦っている人ですから。

  7. ひー より:

    久しぶりの大悟さん登場が嬉しかったです。大悟さん、Skypeするんだ…大輔さんがセッティングしてくれたのかな?

  8. きみ より:

    こんにちは。

    みのりはお局ポジションですね!!まだ若いから、こ局さんかな?

    融資の契約書って金融機関の店舗で、職員の面前で署名捺印すると思うんですが、ここは紺谷夫婦のラブラブ捺印のために変えてあるんですね~。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 融資の契約書って金融機関の店舗で、職員の面前で署名捺印する

      署名捺印のルールなど何も知らず疑問も抱かずに観てました。「ラブラブ捺印」のためのフライング演出と知り、ますますこの場面が愛おしくなりました。

  9. koji より:

    希ちゃんのギンガムチェックの衣装が可愛いですね(^_^)。

    出店の契約書に記されていた「輪島市鳳至町」は実在する地名です。

    そこには輪島市立鳳至小学校もあります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      以前、kojiさんがおっしゃっていた太鳳ちゃんと「鳳」つながりの街でしょうか。

      • koji より:

        その通り!。「鳳繋がり」の地名です(^o^)。

        話は変わってパソコンを通してでしたが大悟シェフとの再会がこんなにも早く実現するとは思ってもみませんでした。

        そして、今後、シェフの好意なのかは解りませんが浅井くんが送り込まれるとのこと。

        マコッチャンとの同一場面での共演も期待大ですね(^_^)。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとございます。

          > マコッチャンとの同一場面での共演も期待大ですね(^_^)。

          大悟シェフは使えない浅井くんを何故わざわざ能登に出張させたのかと疑問に感じてましたが、マコッチャンとの共演のためかもですね。これは楽しみになってきました。