まれ 133話 希の菓子店開業から7年

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年8月31日(月)放送
第23週 第133話「いっぱい失敗タルトタタン」

『まれ』第23週 第133話「いっぱい失敗タルトタタン」あらすじ

2014年秋、かおる(弥太郎の本名)はまさえと再婚。希と圭太一家は新婚生活を満喫したいかおるに紺谷家を追い出され、桶作家に住むことになりました。そして2015年春。小学生になった匠と歩実は、徹志とともに外浦小学校に通うことになりました。

一方「プチ・ソルシエール」は地元の人々に親しまれる店となり、店頭に並ぶフランス菓子のアイテムも充実。一方の圭太は「塗師屋・紺谷弥太郎」の五代目を正式に襲名し、塗師屋の親方として活躍していました。

その頃、高志は俳優としてもデビューし歌番組だけでなくドラマにも出演。みのりは第二子を妊娠し出産まで4ヶ月。一徹は、希の店のホームページづくりに協力。店が繁盛し仕事が忙しくなってきた希にアルバイトを雇うことを提案します。

そんな中、歩実と匠の双子は成長するにつれそれぞれの個性がはっきりしてきました。何事にも積極的な歩実に対して、匠は常に歩実を優先する優しい性格。その二人が小学校の宿題で「夢」というテーマの作文を書くことになりました。

<<前回132話 | 次回134話>>

『まれ』第23週 第133話「いっぱい失敗タルトタタン」
 事前発表あらすじのレビューと解説

2007年11月11日、希がまいもん食堂の跡地にフランス菓子店「プチ・ソルシエール」をオープンしてから7年の月日が経過しました。双子の子、匠と歩実が生まれたのは「プチ・ソルシエール」の翌年なので、この時は6歳。小学生です。

双子は正反対の性格でした。歩実が幼い頃の希のようにパティシエを夢見つつ、積極的な性格なのとは対照的に、慎重で大人しい性格の匠はやりたいことがないと言います。夢に背を向け慎重なところは父方の祖父・博之の隔世遺伝でしょうか。

子供の個性がはっきりしてくるにつれ子育ての苦労も大きくなる希と圭太の様子が描かれるその一方で、希と圭太一家の生活環境も激変しています。第23週は2014年から物語がはじまりますが、その前年の2013年には希と圭太一家は桶作家へ転居。

元治、文、藍子、一徹、みのり、徹志、そして希と圭太一家の総勢十名からなる「大家族」の暮らしがはじまっています。十名ものキャラが入り乱れる桶作家が描かれる『まれ』。朝から騒々しくなりそうです。

追記1:時代が2014年に一気に飛躍。まだ3週残っているので、結末までには北陸新幹線開業も描かれるかも知れませんね。

追記2:子役のキャスティングは以下の通りです。
紺谷匠:小山春朋
紺谷歩実:横山芽生
津村徹志:髙橋來

『まれ』第23週 第133話「いっぱい失敗タルトタタン」
 朝ドラ観賞後の感想

前週最後に劇中の時間が2008年から2015年にスキップしました。今回、7年の歳月が経過した後の近況が劇中で報告されましたが、改めて『まれ』に登場する愉快な面々の環境・状況の変化を、レビュー・コメント付きでまとめてみました。

劇中時間スキップによる環境の変化まとめ

  • 四代目・紺谷弥太郎の再婚と正式引退
    これまで「弥太郎さん」と呼ばれ親しまれてきた四代目は正式に引退し本名の「かおる」に呼称変更。そして再婚。再婚相手は、かなえちゃんではないかという大方の予想を裏切り、かなえちゃんよりは年長のまさえさん。半分残念、半分安心しました。

    そしてアンヌ隊員のまさかの登場に感激です。

  • 紺谷圭太・希・匠・歩実一家が転居
    2014年秋。かおるさんの結婚にともない、圭太・希一家が体良く紺谷家を追い出される。一家四人は桶作家へ。匠と歩実、そして一徹・みのりの長男、徹志とともに外浦小学校に通う。2015年春。匠と歩実は一年生。徹志は二年生。

    一家の桶作家への転居を提案した際の、嬉しさを隠そうともしない元治さんの反応がいつにも増して可愛い。

  • 桶作家での共同生活
    桶作夫妻、藍子、圭太・希一家の四人、一徹・みのり一家の三人の総勢10名からなる共同生活がはじまる。子供たちからの呼称「ボス」に、文さんの桶作家でのポジションが如実にあらわれています。ちなみに、食事の席ではみのりの両親も同席。

  • 圭太が五代目・紺谷弥太郎を正式襲名
    圭太は塗師屋の五代目となり、親方として職人から「弥太郎さん」と呼ばれる。塗師屋では脱サラし千葉からやって来た田中さんが働き始める。井田さんと亜美ちゃん、藍子さんも塗師屋で引き続き働く。

  • 「プチ・ソルシエール」の経営が軌道に乗る
    希のフランス菓子店「プチ・ソルシエール」は商品ラインアップも増え地元の人気店に。アルバイトを雇う話が浮上するまでに店の経営が軌道に乗る。一徹は店のホームページ運営に協力。

    希ちゃんが必要なのかと首をかしげる紺谷ファミリーを紹介するページ。お客さんに親しみを持ってもらうためと一徹くんは説明しましたが、このページはもしかすると徹さんへのメッセージでしょうか。

  • みのり・高志・洋一郎
    みのりは第二子を妊娠。出産予定日は四ヶ月後。高志は俳優としてもデビューし歌だけでなくドラマにも出演。セリフはしっかりとしゃべる。漁協への差し入れにケーキを買いに来る洋一郎。「差し入れ」という言葉に父親に似て面倒見の良い性格が見え隠れ。

    追記:『まれ』最終回は今回から四ヶ月後くらいのタイミングなので、最終回のタイミングでみのりちゃんが第二子を出産するものと思われ。

  • 文さん劇場『徹の物語』
    徹さんは、祖父としてではなく文さん劇場『徹の物語』の登場人物として子供たちの人気キャラに。子供たちが決め台詞を暗唱していることから『徹の物語』は繰り返し上演されているものと思われます。

    文さん劇場という形で徹さんが劇中に復活。徹さんが間もなく帰還し家族と再会することへの暗示でしょうか。

  • 「プチ・ソルシエール」の常連客の女の子
    希のフランス菓子店「プチ・ソルシエール」に新しい常連客の女の子が登場。その女の子を「可愛い」と言う希ちゃんのその言葉に、希ちゃんの年齢を感じます。

<<前回132話 | 次回134話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。


32 Responses to “まれ 133話 希の菓子店開業から7年”

  1. koji より:

    やはり3つ目のセブ~ン♪は尾崎さんで間違いないようですね。
     
    僕も幼少の頃はウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズ、ゴレンジャーシリーズを血眼になるくらい観てました。

    他にも特撮では「怪傑ライオン丸」が大好きでしたね。 

    タイガージョーが大好きでした!。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      昭和の特撮もの、懐かしいですね。
      僕は『レインボーマン』の「土の化身」の地味で控えめなところが好きでした(笑)

  2. yas より:

    >まさえさんとかなえちゃんの関係
    開始50秒くらいのところで大きく
    「かなえの母 まさえ」とテロップが出ているので
    お二人は親子で間違いないかと。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      確認しました。
      このテロップ、初見の際には全く気が付きませんでした。
      ありがとうございました。

  3. koji より:

    弥太郎(かおる)さんの再婚相手は予想だにしなかった程の番狂わせでしたね(笑)。

    そして、希たちが戻ってくれたことを誰よりも喜んでいるのは元治さんに間違いないですね(笑)。


    さて、ウルトラセブンの豆知識を。。。

    主題歌の冒頭部の

    セブ~ン♪セブ~ン♪セブ~ン♪セブ~ン♪の3つ目のセブ~ン♪は

    『また逢う日まで』でブレイクする前の尾崎紀世彦さんの声だそうですね。

    間違ってたらゴメンナサイ。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > セブ~ン♪セブ~ン♪セブ~ン♪セブ~ン♪の3つ目のセブ~ン♪

      そんな素敵な秘密があの主題歌に込められていたんですか!?
      調べてみたところ2012年6月1日付、訃報のニュースにそのことが記されていました。

      無名時代に「ウルトラセブン」の主題歌にも参加しており、冒頭の「セブン、セブン、セブン、セブン」の3番目の「セブン」は尾崎さんの声によるものだ。
      引用元:http://www.rbbtoday.com/article/2012/06/01/89990.html

  4. きんどうにちよう より:

    先代・弥太郎ことかおるさんの再婚相手、「かなえちゃんより年長のまさえさん」と言うか、かなえちゃんのお母さんでしたね。今までの「かなえちゃんとデート♪」ってのもまさえさんとの交際へのカムフラージュだったという事情もポロリと暴露されてたよーな。
    円谷プロの広報担当(?)として露出の多い「ゆりっぺ&フジ隊員」の桜井浩子さんに比べ、お姿を見ることの少ないひし美ゆり子さんの登場は感無量。そーか、ダンじゃなくて紋次郎と結婚したかー(笑)。

    新作ケーキの名前も北陸新幹線開業祝賀・「出発進行!」の意味で”Partir”でした。

    しかし文さん、わざわざそんな完成度の高い紙芝居作るって(;^ω^)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > かなえちゃんのお母さんでしたね。

      あの二人はやっぱり親子だったんですか。判断がつきませんでした。

      > しかし文さん、わざわざそんな完成度の高い紙芝居作るって(;^ω^)。

      絵も物語もプロ仕様でしたね。

      あの紙芝居で、人生の教訓を残した祖父を敬う心を涵養するつもりだったのでしょうか。

  5. 浜のおばば より:

    こんばんは。

    先週は妊娠、出産、育児にと怒涛の1週間でしたね。
    希ちゃんのつらい顔をみているとこちらもつらくなりました。
    展開が早いからついていくのに必死(?)になりますが、
    よくよく見ると現代の問題をつついているように感じます。

    ピンポイントで文さんの言葉。
    文さんがみな代弁しているようにみえました。
    田中裕子さんが演じているからいいのかな。

    匠くん、歩実ちゃん、徹志くんたち赤ちゃん可愛かったですが、
    それ以上に私には元治さんが可愛くツボでした。

    今週はまた一気に2015年。
    アンヌ隊員(ひし美さん)の名前をみてびっくり。
    弥太郎さんの再婚相手だったのですね。
    ウルトラセブン私も大好きでした。

    一徹くんがカッコよくなって素敵。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 私には元治さんが可愛くツボでした。

      希ちゃんが桶作家への移転を検討しはじめた時、台詞を一言も発せず表情も見えず、身体の動きだけで可愛らしさを表現してしまった元治こと田中さんの名人芸にはビックリしました。

      本当にジジ可愛い方です。

  6. えびすこ より:

    >最終回で北陸新幹線開業の予想。

    今月半ばまで長らく同じことを考えていました。
    金沢駅新幹線ホームか改札でロケをしたんでしょうか?
    今日の放送で北陸新幹線のポスターが一瞬映りましたね。

    さて先ほど、とと姉ちゃんのヒロインに高畑充希さんが決まったと、正式発表がありました。よく考えたら来年の朝ドラでも職業婦人を演じますね。職場の相棒役は誰になるんでしょうね?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『とと姉ちゃん』の正式発表、ずいぶんゆっくりでしたね。
      相手役と二人の妹が誰になるのか。非常に気になるところです。

  7. きみ より:

    こんにちは。

    ひし美ゆり子さんの登場は本当に感激でした~!!
    変わらず可愛くて美しいですね~。

    「まれ」観てて良かった~と思った一瞬でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      前々作、前作と続けて楽しませてもらった最終週サプライズ・キャスティングが『まれ』ではなさそうなので残念に思っていましたそれだけに、今回のサプライズは感激もひとしおでした。

  8. スピカ より:

    『プチソル』のイチゴのショーケーキ
    オープン時は値段をおさえて300円だったのが
    6年後は400円に。
    あれだけイチゴと生クリームのを使っているので妥当な値段になりましたね。
    コンビニスイーツ対決のときにも触れていましたが
    近年高級化しているので、
    田舎だからとはいえ、地元の人にも受け入れられるようになったのですね。

    ちなみに、北陸新幹線が開通しても、輪島に行くには
    電車は途中までだし、バスやレンタカーに乗っても二時間くらいはかかります。
    そういうことを考えると、ピンポイントで能登に行くようなら
    ドラマが始まった当初、文さんが話題にしていた能登空港のほうが
    輪島市や珠洲市の観光客集客には大きいと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > オープン時は値段をおさえて300円だったのが6年後は400円に。

      まんで気がつきませんでした。
      相変わらず、すごいリサーチ力です。

      > 近年高級化

      遠方からお客さんが来るくらいの人気店になれば、むしろ高いほうが価値が出ますからね。

      > 電車は途中までだし、バスやレンタカーに乗っても二時間くらいはかかります。

      輪島ってそんなに遠いんですか。地図を見る限り、能登空港のほうが利便性が高そうですね。金沢まで足を伸ばすのであれば新幹線はとっても便利になりましたが。

  9. かおりんご より:

    こんにちは。

    今日は弥太郎さんの再婚もびっくりしましたが、
    私が一番びっくりしたのは洋一郎君の外見の変化でした!
    坊主頭に刈り込みも入ってて、なんだかエグザイルのATSUSHIみたいになってましたね(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > エグザイルのATSUSHIみたいになってましたね(笑)

      言われてみれば、本当にそのまんまですね。ATSUSHIを意識したのかな?

  10. tonden より:

    再婚相手まさかのひし美ゆり子という展開にびっくりしましたw
    しかしキャストに特撮出身・経験者多いですねこの朝ドラ。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      実は僕は『ウルトラセブン』の熱狂的なファンなのでアンヌ隊員登場は感涙ものでした。

  11. Han より:

    2015年4月にワープした段階で、プチ・ソルシエールのケーキの所に『祝 北陸新幹線開通!!』と書いてありましたので、すでにこの朝ドラスタート時点に追いついたものと思われます。

    テレビをつけると『まれ』が放送されているかも知れませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > プチ・ソルシエールのケーキの所に『祝 北陸新幹線開通!!』

      全然気がつきませんでした。すごい観察力ですね。録画したものを改めてチェックしてみます。

      > テレビをつけると『まれ』が放送されているかも知れませんね。

      劇中の時間とドラマの放送タイミングが『カーネーション』みたいにシンクロすると面白いですね。

  12. ぽこ より:

    想像しいって・・・・
    騒々しいですね

  13. さらさ より:

    サブタイトル間違っています。
    正しくは『いっぱい失敗タルトタタン』です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      ノベライズ掲載のサブタイトル「失敗おっぱい失敗タルトタタン」
      NHKステラ掲載のサブタイトル「いっぱい失敗タルトタタン」

      どちらが正しいのか迷っていたのですが、NHKステラのほうが情報が新しいということで後者を掲載しました。ご指摘ありがとうございました。

  14. より:

    2008年8月生まれで2014年11月なら6才ですが小1じゃなく年少だと思います。
    細かくてスミマセン💦

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      僕もそのように思うのですが、とりあえず今は事前にキャッチした情報通りに計算しています。

  15. ゆっこ より:

    弥太郎さんが再婚って、どんなお相手でしょう。

    賑やかそうな桶作(津村・紺谷)一家ですが、
    これでは、哲也さんはますます帰省しにくくなりそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      弥太郎さんの再婚相手、弥太郎さんのことだからものすごく若い女性かも知れないですね。

      > 哲也さんはますます帰省しにくくなりそうです。

      そう言えば哲也さんはもう出番がなさそうですね。両親思いの方だったのでちょっこり気の毒です。

  16. ひー より:

    7年経って、一徹みのりには子供は1人なんですかね?結婚のときにはたくさん…がみのりの夢だったと思いますが。みのりのご両親のように悲しい思いをしたりしてなければいいなぁ…
    希圭太の同居の理由は、育児サポートということですかね?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      希ちゃんたちが桶作家に転居した理由を追記しました。弥太郎さんが再婚するのだそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ