まれ 134話 正反対の性格の匠と歩実

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年9月1日(火)放送
第23週 第134話「いっぱい失敗タルトタタン」

『まれ』第23週 第134話「いっぱい失敗タルトタタン」あらすじ

6歳になった歩実は大人になった時の夢をたくさん持つ子に育っていました。母親の職業のパティシエはじめ、歩実にはいくつもの夢がありました。しかし、歩実とは性格が正反対の匠には夢がありませんでした。両親が尋ねても匠は何も答えません。

将来の夢がない匠は漆職人になりたいとも思っていませんでした。圭太にはそれがショックでした。匠を案じる圭太は文に八つ当たりします。徹の失敗と挫折を物語にした紙芝居が匠に悪影響を与えているのではないかと。

その頃、藍子は日記をつけていました。徹が帰って来た時に、孫たちの成長記録を知らせるためでした。それを知った希は気づきました。一徹が「プチ・ソルシエール」のホームページに家族の近況を載せているのは徹に見せるためなのではないかと。

そんな中、希は「プチ・ソルシエール」のアルバイトの募集をはじめました。アルバイトへの応募者はすぐに来ました。常連客の沙耶が名乗りをあげたのです。しかし沙耶の望みは別のところにありました。沙耶の望みはパティシエ修行することでした。

<<前回133話 | 次回135話>>

『まれ』第23週 第134話「いっぱい失敗タルトタタン」
 事前発表あらすじのレビューと解説

夢を追う人生を選んだ両親のもとに生まれた匠には将来の夢がありませんでした。そして夢は人生そのものと言っても差し支えないような希と圭太にとって、自分の子供に夢がないということは大きな悩みでした。

まして双子の子供のもう一人には将来の夢がある。しかも夢をいくつも持っている。そのギャップが希と圭太の困惑をさらに深めます。それ以上に困惑しているのは夢を持たない匠本人なのかも知れません。

両親から夢を持つことを期待されているのも知っている。妹の歩実は両親の期待に応えていくつもの夢を持っている。それらのことが家族の中での疎外感、孤立感を深め、匠のトラウマになりはしないかと心配です。

匠が小さな胸を痛めているその一方で、匠が漆職人を継ぎたいと思っていないことを知った圭太はショックを受けます。夢のない匠のことが希も心配です。そんな両親の焦りが、小さな匠を追い詰めてしまう。今週は、ちょっこり辛い週になりそうです。

『まれ』第23週 第134話「いっぱい失敗タルトタタン」
 朝ドラ観賞後の感想

子供の悩みは大人のためにあるわけではない。気をつけてや

将来の夢。匠くんは、自分に夢がないことを悩んではいなかったかと。いつも歩実ちゃんを優先する自分の控えめな性格を気に病むことなどなかったかと。

そもそも夢がないことはそれほど気に病むほどのことでないかも知れません。夢追い人の父を持つ姉弟でありながら、子供の頃に夢を持っていた希ちゃんに対して一徹くんには夢らしきものがなかった。

第1週のちび希ちゃん時代。ちび一徹くんはデイトレーダーを夢見ているわけでもなく、塩田職人を志しているわけでもなかったにも関わらず、成長してデイトレーダーとして成功を収め、塩田職人として家族を養っている。

一徹くんのように大人になってからやりたいことが見つかる場合もある。むしろ、夢がないことを両親が心配するあまり、夢がないことは人格的な欠陥なのかと匠くんが変な劣等感を抱いてしまうことのほうが心配です。

本日の徹志くんの箴言「子供の悩みは大人のためにあるわけではない。気をつけてや」を応用させてもらうと「大人の悩みが子供の悩みを生み出す。気をつけてや」と言ったところでしょうか。

夢を持てないのは文さんのせい

漆職人になるつもりがない匠くんにショックを受けた圭太くんが言いました。

「夢を持てないのは文さんのせい」

この八つ当たり発言に応えた文さんの言葉が平易ながらさりげなく深い。

「職業じゃなくてもいい、楽しいことをやればいい」
「夢は必ず叶うとは限らないが取り扱いに注意」

夢を持てないのは文さんのせいではなく、文さんくらいにゆとりを持って構えていたほうが匠くんも夢を持ちやすくなるのではないかと思ったことでした。

<<前回133話 | 次回135話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. えびすこ より:

    徹志くんなかなか的を射た台詞を言いますね。
    (演技の上で見ても)あれだけの難解な表現を言えと言われても、すんなりとは言えないですね。

    昨日あさが来たのHPを始めて見ましたが、まだ予告動画はないようです。今作の主人公夫婦は同級生ですが、次回作の主人公夫婦は年の差がありますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      次回作『あさが来た』の実在モデル夫婦の年の差は5歳なので、これを踏襲すれば妥当な年齢差かなと思います。

  2. きみ より:

    こんばんは。

    歩実ちゃんのたくさんの夢の中にレースクイーンがあり、聞き違いかと思いました。

    匠くんは歩実ちゃんと顔が似てないのは二卵性双生児だからだとしても、両親、祖父母にも似ていないと思うんですが・・・歩実ちゃんにくすぐられて笑顔の匠くんが可愛かったので、気にしないことにします(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 歩実ちゃんのたくさんの夢の中にレースクイーン

      大人たちのイタズラでしょうか。ちょっとやり過ぎですね(笑)

  3. ちぃちぃ より:

    おはようございます。

    子供たちに睡眠教育…というよりは、洗脳を施そうとする圭太君が怖すぎです。
    匠君だけでなく、歩美ちゃんの夢の中にも漆職人が無かったのがそんなにショックだったのでしょうか?

    双子は、片方が優秀だったりすると、もう片方はコンプレックスの塊になったりしがちです。
    歩美ちゃんは随分活発な子のようなので、匠君がちょっと心配ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 双子は、片方が優秀だったりすると、もう片方はコンプレックスの塊になったりしがちです。
      > 歩美ちゃんは随分活発な子のようなので、匠君がちょっと心配ですね。

      匠くんは、歩実ちゃんと比較せず両親がありのままを受け入れてあげられれば、安心して育つかも知れませんね。

      心配しすぎることで、両親の心配が匠くんに伝染しやしないかと心配です。(矛盾に満ちた言い方ですが)